四畳半東雲蚊帳の内

提督の決断・大型七回

団長にお借りしている「戦闘機大百科 -第二次世界大戦編ー」は、ページを繰るごとに懐かしい気持ちにさせてくれます。幼少のころ、ウチにもこういった本がありました。といってもおそらく、子供向けの、タイトルだけは同じだったかもしれない「だいひゃっか」ですが、UFOの本、恐竜の本などと並んで愛読している一冊でした。
やはり昔の機体ですから、モノによっては写真がごくわずか、場合によっては一枚しかなかったりするわけです。なので、子供のころにその本で見たものとまったく同じ写真が収載されていたりするわけで、まずもってそれが懐かしい。
ウチにあった本には漫画も載っていました。緒戦の、96式艦戦がポリカルポフを圧倒する話から、真珠湾、ミッドウェー、太平洋戦争終盤の厳しい航空戦に至るまで、たぶん何本かに分けて載っていたはず。コックピット後方に上に向けて装備する「斜銃」もその本で知ったんだよなあ。
まあそんなことはともかくとして、大戦さ中の追い込まれた時期でも、人間のアイデアは四方八方に柔軟なのだなあとか、コンセプト・試作機を眺めていると感じますねえ。そりゃ本人たちは大真面目なんだろうけどサ。そうそう試作するわけにもいかない艦船と違って、飛行機は可能性をひたすら試されてますよねえ。
フォッケが2万機以上作られたってのも驚きだ。あんな高性能機をそんなに作って、負けたドイツにも驚くしかないのですが、まー戦争なんてそんなもんだわな。










f0071389_11471912.jpg

未確認生物みたいですが、イルカです。
前回話題にした鹿児島の水族館での写真ですが、これは館内でも屋外プールでもなく、水族館のある島を区切る堀というか水路。一応ネットで区切っていますが、フェリーの走り回る港とつながった海です。
一日に一度か二度、そこにイルカを出して、何か解説のようなものを流しつつ見てもらうという趣向が行われていました。もちろん外なのでタダ。ちょっと面白いですが、油とか流れてそうな場所ではあるよなあと個人的には思っていました。中に戻すときに洗ったりするのかも?
桜島のある錦江湾にはフツーにイルカがおります。ついでに、たまに海自の潜水艦が「背びれ」を見せてくれたりもします。近頃地震が多いのがちょっと気がかりですが、あの海と火山はやはり、鹿児島たる風景ですね。









f0071389_11480771.jpg

さて、帰省中にも遠征回して貯めた資源で、一発ガチャだ!
デイリー分四回、上のレシピ、旗艦ポーラで回します。

 榛名
 山城
 陸奥
 金剛

うわーい戦艦だらけや。
つづいて、6000/5000/7000/2000/20で3回。旗艦は変えませんが、これだとたぶんザラはほとんど出ませんよねえ。武蔵狙いです。彼女もレイテ組だしね。

 榛名
 日向
 霧島

金剛組のDNA強すぎぃ! と、若干品のない言い方をしてしまいましたが、此度もまた空振りであります。
この程度で20万切ることもありませんが、17日までまたガンバッテ貯めるしかありませんのう。



満潮さん改ニに伴う任務は無事に終了。5-4はちょっと手こずりましたが、決戦支援だけ送って無事にクリア。
朝潮ちゃんがドラム缶ガン積みなのに、道中の姫だのなんだの、涼しい顔してパスするんだから、この子たちも強くなったよなあ。
秋イベ目前なわけですが、できればサラを改ニまでもっていきたいところ……でも今81だからなあ。集中しないと無理だけど、備蓄優先だしな。
三回目の改造ってぇと、この子は達成したんですけども。


f0071389_11475632.jpg

ルイー……じゃなくってUIT-25ちゃん。どう呼んでいいのやら。
見た目としてはこの段階が一番好きだけど、「ごーちゃん」の白スク水が最終段階だからのう。




f0071389_11473519.jpg
一番さんの限定グラもここでアップしておこう。口元さえ見なければとってもお姉さんしてるね。

どうやらもがみんにも決戦仕様グラが実装されるようで、キリリといつもの笑顔は封印したようですが、これは否応なしに気が引き締まりますねえ。西村艦隊、大舞台がくるなあ。
なにしろわが秘書艦にスポットがあたる戦いですから、甲クリアを目指したいところだけれど、どういう難易度になってくるかな。うーむ。

「ということで、拙者とらの〇なに行ってくるよ」
「なんでそうなるのさ」
「ゲン担ぎに、君が主役の薄い本を探しにいくのさ」
「そんなゲン担ぎは聞いたことないよ」
「全然ないんだぞ! 最上の本って!」
「不条理なキレ方だなあ」



最上さん主役って、成人向けの方がまだ多い気がするんだよな(小声
ひとまずは、来週までにマンスリーとか。大方終わらせておかねばなりませんね。

[PR]
by sarok | 2017-11-09 12:53 | 艦これ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sarok.exblog.jp/tb/28535039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まさやん at 2017-11-12 00:19 x
おお、久々の大型艦!
まあなかなか出ませんよね・・・粘り強くやるしかないのがこのゲーム。
大型艦ではないですが、うちも衣笠さんや酒匂出るまでどれだけグルグル出撃したことか。

いよいよ秋イベ間近、もがみんの決戦グラや7隻編成などいろんな要素が告知されてきましたねえ。
決戦前夜という感じで微妙に緊張感が漂っているこの時期の感じが好きです。
はじまっちゃうとひたすら「あー、また大破撤退か」とか「また新艦ドロップしない~」とか、頭の中が煮詰まっちゃうんで。
是非、秘書艦殿の薄い本を探し出し、決戦前に読んで気合いを入れてください!(笑)

Commented by 鎖六 at 2017-11-14 10:18 x
>団長

やはり、ザラは夏に取り損ねたのが痛いですね。海域モチーフ的に、次の秋ではドロップ実装されないでしょうし。欧州方面でのイベントの方が珍しいんだから、最後にもう少し食らいつくべきでした……。
武蔵はビス子など含め、副次的に狙った回数は多いはずですが、ちゃんと本命で狙わないことには靡いてくれないようですね。

第一期最終イベ(秋ー冬)のせいか、妙に盛り上げてきますね今回。ついにわが秘書艦から笑顔が消えました。
薄い本には恵まれなくとも、妙に限定グラの多い子ではありますね。その辺、団長の秘書艦殿と対照的というか……。羽黒ちゃんにもぜひ、お正月晴れ着とか来て欲しいところですねえ。