四畳半東雲蚊帳の内

提督の決断・艦隊、西より帰る

秋刀魚祭りはテキトーにやります(挨拶




イベント終了を間近に控えた月曜午前、例によって内堀通りあたりをうろついて皇居ランナーの邪魔になりつつ、私は思案しておりました。
思案しつつもE5第二ゲージへ出撃はしていました。しかし仏棲姫のお胸……装甲は厚く、度重なるアタックははじき返されています。
このまま出撃を続け、仮にメンテ前日に突破できたとして、複数のギミックを解除し第三ゲージを破壊する時間が残されているものかどーか。
すると皇居のお堀の前で艦隊がなかなかの成果を見せます。仏っちゃんを二桁まで削り、あと一撃というところまで追い込みました。二択で回ったプリンツが外してしまったのですが、それまでなかなかいい形を見せてくれなかっただけに、気分が明るくなりました。
ひとまず月曜がんばって、それで突破できなければ最終日は転針、E2か4あたりで掘りでもして終わりとしよう。
作戦決定であります。





f0071389_19144122.jpg

ちなみにそんなところを歩いていたのはコレを見に行ったためだったり。
神保町のド真ん中じゃねーか。スケート祭りのときなどとは違い、えらくまた一般の目に付くところでのコラボなんですねえ。
興味をひいたのは、ここからでは見えませんが入り口にうず高く積まれた食材と思しき箱の山。到底居酒屋の仕込みって感じじゃありません。戦場にとどいた物資という風情。
提督の宴はあとひと月ばかりは続くんですもんねえ。いやはや大変だな。






イベント締めくくり
[PR]
# by sarok | 2018-10-10 21:00 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・ロスタイムの激闘

今回の期間延長はまさにロスタイムという印象、主に災害によるアクシデントを勘案してですからねえ。
もっとも台風による風水害や、それによる停電なぞに遭わなかった身としては、ちょっとばかりズルをしているような気にならないでもありません(苦笑
現在はE-5の第二ゲージを攻略中……で、その三日目くらいになります。
つまり再度の延長がなければ第一ゲージで終わっていたわけで、そりゃもう戦えるだけでめっけものと思わなければなりませんね。





f0071389_10462553.jpg

比較的最新のマップ状況。とっくの昔にゲージはすっからかんです。
ここまで持ってくるのには水上打撃を用いました。潜水幼女さんのマスに基地航空を飛ばし、残りはボス集中でとにかく削る。
道中撤退は意外に多くはなく、けれど一度もボスを撃破できない恒例のパターンです。
ラスダン状態になってさらに数度挑みましたがことごとく跳ね返されました。これはどーもうまくないと、団長の攻略記事を思い出し、機動への変更に踏み切ります。

最初の出撃は逸れてダイソンのマスに。しっかり記事を読めって話ですが、補給艦を入れてなかったワケですな。
現状の艦隊は次のようなカンジ。

第一艦隊:神威改母、瑞鶴改ニ、Graf Zeppein改、加賀改、千代田航改ニ、Bismarck drei
第二艦隊:Commandant Teste改、由良改ニ、朝潮改ニ丁、Z3zwei、Richelieu改、Prinz Eugen改

欧州艦ばかりだと書き写すだけで時間かかるな! 画像貼れってハナシですが!
道中撤退を抜きにして、こんな感じの艦隊で十数回戦ったところかな? 洋上補給がそこまで減ってないから、もっと少ないかもしれない。けっこう撤退してるのも確か。
ただし、ボス戦での手応えは悪くない感じ。仏っちゃんとこーわんちゃん、それに飛行場姫さんのお三方が最終的に残ってくるわけですが、機動の場合、艦爆が枯れないかぎりは空母勢が陸上型の二人を無視するので、結果として仏っちゃんの削り量が大きくなるわけですな。
実際、ここでボスを狙えば! という場面はありました。しかし当然のようにタゲはぶれるし、その前に大破させられるパターン。






f0071389_10461487.jpg

その仏っちゃん(とか言うな
もちろん今はずっとお怒りモードです。「シツコイ」人になっているので、たぶん彼女には大いに嫌われていることでしょう。
しかし好きの反対は無関心と申します。嫌われてこそ関係のきっかけがつかめるわけで、ドラマみたいにころっとなびくタイミングがきっと訪れるに違いありません(ス〇ーカー予備軍

まーいろいろとまだ改善の余地はあります。仏っちゃんなんでリシュで決めようとしているんですが、第二の戦艦はビス子の方がいいのは間違いない。
由良さんの役目は若干宙ぶらりんだし、探照灯を積んでいるとはいえ朝潮ちゃんに対潜やってもらう余裕があるのか? という点もずっと気になっています。ただ、最初のマスはなんだか潜水幼女ちゃんより大破率が高いのよねえ……。
ひとまず先ほどは、このE5攻略のためにE3に出てました。駆逐4人で出ての、基地航空隊の熟練度付け直しであります。砲台小鬼のカットインが炸裂すると全滅するっぽいのよね。




ところで、この終盤を戦いながら、これからイベントを戦う上でのマイルールを決めることとしました。
ゲームをする上での己のモチベの保ち方ってのを最優先に考えたのです。なので縛りというのとは少し違う。
シンプルな決まりごとでして、

1.イベント中最低1海域は難易度「甲」クリアする
2.イベント中、難易度「丙」もしくは「丁」を選択できるのは一回限りとする

という、特別でもなんでもないルールです。
これまでもだいたいこの通りの感じでやってきているので今更ですが、なんかこう決めた方が面白そうな気がした。スパ子さんを狙ったときのように、どうしても欲しい子のいるときはそこを丙にするとか、どこで甲を入れ込むかとか。あれこれ作戦を練るのが楽しそう。主に私が。
今回についていえばE4ですでに丙選択なので、このE5は乙から下げられないことになります。まー上述のとおりロスタイムであることだし、ダメ元で期間ギリギリまで粘ってみることにしませう。



ゴトさんはドロップしませんが、福江ちゃんの二人目がきました。海防艦を用いた改修もどんどん進めないと、母港的にキツいですねえ。
もういっちょキツいのは、イベ後でそのまま秋刀魚祭りが始まることか(笑)。たぶん資源がえらいことになってるはず! 備蓄する暇もなしかねえ。
そういや、リアル秋刀魚祭りも開催中ですね。「へえ、どんなんやろ」と思ったときには告知が出て予約がいっぱいという、毎度の有様。提督は情報力に加え、フットワークの軽さ決断の早さも重要ってことですな。
そのリアル祭りの初日は大変だったと聞き及んでいますが。神田の店じゃ朝までかかって提供したらしいですが、なんだかすごい話ですねえ。そっちはそっちで滞りなく回って欲しいものであります。

[PR]
# by sarok | 2018-10-07 12:08 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・台風一過

最終海域が見えてまいりました。今回わりとエコ編成で挑んでいるせいか、4資源のうち鋼材の減りはかなり少なめ、いまだ29万後半を維持しています。泥版も駆使して遠征をガン回ししているのもありますが、備蓄は余裕がありますね。
26万弱でスタートしたボーキの減りは気になりますが……私提督、ゲームにおける節約というヤツに徹底的にセンスがありません。戦略シミュにおいて、内政で充実させた兵糧などはあくまでも「ここぞというとき」に使って次の戦局を優位にするためにあり、節約というならそこを見据えて出兵や人事にやりくりするものですが、私の場合ただ貯めたものを目減りさせたくなくて逐一ケチに走り、「ここぞ」を逃しまくるプレイに終始するのです。
まあ三国志にしても信長の野望にしても、一国の主になったらもうそれで満足して、領地を広げようとかあまり思わないタイプですからね。

「下っぱプレイのできる三国志10は至高だった」
「マリみてプレイとか懐かしいね」
「もがみん、いつからここにおるねん」
「シュタインズ・ゲートの……」
「うろ覚えでそんな単語出すのはやめたまえ」

今なら艦娘をそろって武将化していることであろう。そういう準備段階は好き。



話はそれましたがイベント、土曜あたりはE1をじっくり攻めていました。よしんば「ろ号」をクリアできないかなーというところでしたが、道中の補給艦マスは基本警戒陣で抜けるため、撃沈できても一隻とかで、回数をこなしても数は稼げませんでしたね。
相変わらずS勝利は安定しないながら、黙々とどのくらい回り続けたものか。







f0071389_04463432.jpg


ドロップ画面は残ってませんが、ついにキタ……!
こちらも何年越しの宿願だろう、やっとヒトミちゃんに会えました!!

なんてえろい子なんだ(第一印象
あくまでコメ等見るかぎりですが、26ちゃんに比べてかなり確率は低く設定されている模様。
ともかくこれで、実装されている潜水艦娘はコンプリート、ようやく追いつきました。イヨちゃんもだいぶ待たせましたね、嬉しい!
これにて一応E1ノルマは終了。まるゆさん掘りの他、デイリー進行には便利な海域ですゆえまた来るでしょうけどね。




さて日曜は台風。JRが早い段階で「20時以降止めるよー」とか言い出したので、こいつはいろいろヤバいかなと早めに家を出ました。
関東付近にやってくるころには時速数十キロ、ピークは日付のかわるころでえらい勢いで通過していきましたが、直撃ではなくとも雨風はすごかったですね。窓から見ていると東京が丸ごと洗われているかのようでした。
そして美しい朝焼けのあとで、都心では台風のあとしか見られないすっきりした青空。京王がトラブっていたおかげで別の駅から一時間ばかり歩きましたが、歩くのは日課なので無問題。暑いけれどいい気分でした。
川沿いの路を歩くとあちらこちらで木々の枝が折れ、どんぐりや葉っぱがどっさり落ちております。
公園の近くにさしかかるときらりと輝く翠色が目の前を横切りました。都心で会ったのははじめてですが、1メートルくらいのアオダイショウです。嵐のおかげで、ねぐらの変更を余儀なくされたんでしょうか。
昔、鹿児島でも出くわしたことがありますが、なぜか必ず「ちょっと通りますよ」ってな具合で横切られるんだよなあ。
猫と同じく蛇が横切るのも幸不幸両方で言われますけれど、私はいい方に考えることにしました。なにより、きらきらしたエメラルド色のウロコは本当に美しい。しかし何食って命をつないでるんだろうなあ。


E1がひと段落したので、日曜から月曜にかけてはE2に出張っていました。支援ナシで、東海入りの航空隊を潜水艦が混じるマスとボスマスに振ることで、E1よりも安定してS勝利することができます。
そして岸波とザラの両面待ちですが、20回くらい回って気配がない。大淀さん(今イベ二人目)が水着姿を見せ付けてきたり、筑摩さんが連続したりといろいろありますが……。
かくして月曜、家に戻り、まずはE5攻略を優先せねばと、その前の区切りとして泥版出撃。
するとですね。







f0071389_04464539.jpg


Zara姉様だーーーっ!



中破なのはワザとではありません。E5メンバーに入れている&低レベルなのでバケツを使うほどの時間ではないという理由からの当然の帰結です。ええもちろん。
いやしかし、これはガッツポーズでしたわ! ここでポーラを引くのが私かと密かに思ってましたけど、ピンポイントに狙い撃ち成功です。
16冬、つまり礼号作戦で取りこぼしてから、長かった……といっても今18年か。でも、ザラの場合イベントの中で一度は親善艦として合流してから獲得できない、という流れでしたから、ずっと心残りだったんですよねえ。
dueはレベル88なんで遠いですが、これで楽しみが増えました。「粘り強く」レベリングしていきたいですね。
岸波ちゃんはまだですが、ひとまずこれで最終海域へと気持ち的にもはっきり切り替えることができました。
毎度肝に銘ずることですが、ドロップ運が悪いとかもうぶーぶー言わない! なおこの決意はすぐに忘れ去られる模様……。


現在E-5の第一ゲージ攻略中。wikiに「機動部隊が基本」って書いてあるんだけど、水上打撃で行っちゃってます。けっこういけるんだけど、どうなんだろう?
ビス子にオイゲン、グラーフたちが今か今かとスタンバっております。活躍させてあげられればよいですなあ。

[PR]
# by sarok | 2018-10-02 11:01 | 艦これ | Trackback | Comments(2)