四畳半東雲蚊帳の内

<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

提督の決断・大晦日

病さえなければなあ。冬の大祭、今回はちょっと覗いてみたかったんですけど、果たせませんでした。
断念した理由は病み上がりであることばかりでもありませんが、やはり健康第一ですやねえ。
艦隊運営の方もここ10日ばかりろくすっぽ進められず。かろうじて今日、残っていた1-5および2-5のゲージを削りきりました。
例年、クリスマスって何ソレ美味しいの? ってな生き方ではありますが、気がつくと過ぎ去っていたというのもこれはこれで寂しいものである。




f0071389_14191594.jpg
f0071389_14192974.jpg
今年も、大勢の艦娘さんたちがクリスマス衣装でめかしこんでくれたというのに。
とりあえず、レアな背中向けのこの姉妹をパシャリと。ライスコロッケディナー「テーブル」もなんとかゲット。
ぼちぼちと噴式任務……のための準備にもかかり、48時間遠征は一度行って帰ってきました。たぶんあと一度行かなきゃいかんのかな。
しかし、艦隊の任務はひとまずは仕舞い。今、遠征に出ている子たちを迎えたら、年越しは何もせずのんびり過ごしてもらいましょう。


年間の艦隊運営を振り返ると、直近の秋イベがまずまずの戦果だったゆえに印象は良いんですが、結果的に全海域クリアができなかったイベントも多かったなあと。それも、主に私のこだわり等々によって。
別の意味で記憶に新しいのは、やはりスパ子さんの夏イベですかねえ。あれは思い出してもいまだに悔しい。このトシになってそんな熱くなるものがあるってのはいいことかもしれませんが、なんか今でもウォースパイトのイラストとか見ると、生々しい感情が呼び起こされるときが(笑
けれど、装備やら編成やら考えて能動的に戦うことが身についたのもそのあたりになってからですかねえ。三年やってようやく遊び方が見えてきた感。秋イベとか、純粋に楽しかったですしね。
来年はどういう年になるのやら……。アニメ二期があるのか、とか、次の改二は誰なのかーとか。ボイスの追加も今年ほど頻繁にはやらないかもしれないけれど、新しく登場してくるであろう子たちのことも含め、楽しみですね。





f0071389_16174700.jpg

ひとまずは蕎麦をかこんで、お疲れ様でっち。
改になったばかりの浦波さんです。こちらのレベリングものんびりでしたね。



で、折り畳んでの今年最後の記事ですが、ある意味締めくくりにふさわしいもの。
風邪をひく前にちょっと思いついていたんですが、結局ここまでずれ込みました。
それはずばり「轟沈セリフランキング」。
ネタがネタですので、見たくない方はお引き帰しくださいますように……。






More
[PR]
by sarok | 2016-12-31 17:59 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・艦隊はクリスマス

24日が土曜、23日は祝日ですから、年末年始休みなんてねーよ! なモーレツ業界の方々以外、まずもってよいクリスマス休暇となったのではないでしょうか。
艦これも木曜にメンテがあり、さらに限定グラの子が追加されてクリスマス一色であります。
なのですが。





f0071389_04012431.jpg

「めりくり、めりくりだよ提督! じゃ、鈴谷にプレゼント、ちょうだ……あれ?」
「鈴谷、鈴谷(小声」
「な、何? 姉さん」
「実はかくかくしかじかこれこれウマウマ……」
「……え、そうなの提督?」
「……」

「あ、はは、じゃああれだ、お大事にね! 提督が元気になるのが一番のプレゼントだって、そういう感じで!」

「ほらー、鈴谷に気を使わせちゃったじゃないか」
「いやまったく面目ない」


週の半ばから熱を出して、寝込んで……いればよかったのですが無理くりに出勤したおかげで余計ひどいことに。
今日になってようやく落ち着いた感じです。いやあ脂汗って、滝のように出るもんなんですね。
おかげで今週はデイリーもウィークリーもガタガタである。鈴谷たちの新グラもちらっと確かめたのみでした。遠征もほぼ放棄、こういうときに48時間とか出しておけばいいんですがね(苦笑





f0071389_04011102.jpg

またしても高角砲殿がお亡くなりになられた瑞穂・クリスマスモード。
母港に戻るたびに揚げ物をすすめてくるので閉口します(笑)。いやこの子の作るライスコロッケなのだから、美味しいにきまってるんだけどね……。

新たに、補強増設に機銃とバルジが乗るようになったというのが、今回のメンテの大きな更新点でありましょうか。
青葉とか、すでに使った分を除いて7つ8つあったような。有用性では摩耶様が最優先らしいのですが、機銃もバルジもその子を守るものである以上、選択に悩みますね。特定のユニットに肩入れして……というのは昔から好きですけれど、艦これの場合は心をもつ艦娘さんですから、リアルに考えると難しい点もあるなあと。
ケッコンシステムが典型ですけれど、ウチはすでに二人に指輪を渡しています。けれどもちろん、全員に渡すつもりも余裕もないわけで、そうなるとどういう説明が必要になるのかなと。
別に提督に気に入られたいということではなく、もっと強くなりたい・活躍したい等々考えているであろう艦娘さんたちを納得させうるのは、いわゆる単婚派、ガチでこの子だけ! という提督および、99になった子にはどんどん指輪を渡していく提督、この両者だけだと思うんですよね。中途半端だと一番説明に困ると思うんだよなあ。
なるほど、クリスマスに白粥をしみじみ啜る羽目になっているのは、提督のこの業の深さゆえか……。


「ふ、モテる男は辛いぜ……」
「提督? 瑞穂、ライスコロッケを作ってみたんですけれど……」
「あ、いやすみません思いあがりでした勘弁してください」


さて、年内にもう一回くらい更新したいところですが。

[PR]
by sarok | 2016-12-25 04:53 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・減点パパ

イベントあけの週末は、提督方と艦これ劇場版を見てそのままラヴ茶忘年会へ。まことにヲタとして充実しているといえなくもない、一年の締めくくりであります(笑
劇場版の話はひとまず置くとして、忘年会は総勢11名? 盛況でしたねえ。テーブルの一方からガン〇ムの話が聞こえてくる中、私は真子さんとサメ映画の話をしていました。
真子さんは先日の12周年オフで再会してからの常連、出会いと別れなんて大仰なものではないけれど、またさまざまのめぐり合わせもあるものだとしみじみ実感いたしますねえ。










さて、メンテあけの艦隊は、イベントによる損耗を取り戻すべく遠征や任務消化に精を出します。
基本的には地味な作業ですが、皆意識を持って、気持ちよく年が越せるように黙々と頑張って……




f0071389_10093723.jpg
いないのもいるな。
三越ポーラ、ちゃんと中破絵もありましたねえ。さすがに袋を破いたりはしていませんし、高そうなコートも脱げただけ。脇はもともと開いてるし。
この腋の描きこみになんかもう執念を感じてしまうのです。その陰影のつけ方、さすがじじさんだ!
ていうか君は何をしに海に出てますねん。


メンテにて追加された主眼として噴式……つまりはジェット艦載機導入の任務がありますが、私がwikiを見た段階ではまだよく情報が整理されておらず、何をどうすればいいのか、斜め読みでは把握できませんでした。設計図については潜水艦の長時間遠征で獲得するようだけど、結局ネ式エンジンってどうするんだべ。
まあ再度調べますけどネ。それ以前に、48時間遠征とか、備蓄回復中に行かせるのはちょっと躊躇われる。一艦隊がかかりきりになりますしね。改修と同時に資源を消費する任務とかも追加されていて、今回のアプデはまたいきなりこちらのフトコロを削ってくるなあという印象。やりくりするのは楽しいですけれど。




f0071389_10100470.jpg

そして忘れちゃいけないのが新規着任勢のレベリング。当艦隊では、現状それは山風ちゃんをメインにしてまわっております。
いやこの子、中破のボイスが痛々しいというのは書きましたが、演習でも悲痛な叫びが聞こえてくるもので、駆逐勢恒例の「負けてもいいや」的に戦艦や空母勢相手に胸を借りる組み合わせというのはどうも……気が進まない。
「いや大丈夫、大丈夫だからね?」
とかなんとか、リアルに慰めてしまう始末。
なので、こういったバシーのような比較的敵の弱い海域で、航空戦や先制雷撃であらかた蹴散らし、なるべーく彼女に反撃がこないような戦い方をさせる過保護? レベリングに、提督目下頭を絞っているのであります。
(提督的)世間では山風、なかなかの人気のようで、庇護欲をかきたてるイラストや動画もどんどん増えて、
「パパ提督製造機」
とかなんとか呼ばれてるらしいですが、そんな浮世の流行に乗っかるもんかよ! などと思ったかどうかはともかくにして、今の私はこの有様である。
E2攻略中一発目で出てくれたから、「あの引っ込み思案な子が自分から飛び込んできてくれたぜヒャッホー!」的な特別な印象がくっついてしまっておるのです。我ながら業が深いぜ駆逐艦愛はよぉ……。




f0071389_10091486.jpg

「そんなわけで、駆逐艦は最高だなあぼのたん!」
「そんな流れで紹介しないでよこのクソ提督!」


……曙改のグラが新しくなったでござ候。これで7駆の改は――厳密には、潮は改二からですが――すべて新しいグラをもらったことになります。
やっぱこの絵師さんの独特のクセは好きだなあ。4人とも全体的に成長した感じで、そういうのもいい。パパ提督目頭が熱くなっちゃう(アホ


折り畳んで映画の、劇場版についてちょっとだけ。


映画艦これ
[PR]
by sarok | 2016-12-15 11:46 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・三法が斬る! その6

イベントお疲れ様でした!
ちなみにまだ、メンテ明けにinしておりません。あの子とかあの子とか、新グラが楽しみやで……。







いよいよイベントは最終海域。



f0071389_01104713.jpg
ギミック解除後のスクショしか撮ってなかった。難易度は乙。
最初はこれ、右端からのスタートですね。

この海域攻略をはじめたのが、延長前のイベント最終日直前。結果として、二日延長でしっかりチャンスをもらったことになります。
ところでイベントのたびやっているマイルール、つまりボス到達までは情報を見ないというヤツ。言うまでも無く、はじめこのマップを見たときにそれが障害となるであろうことはわかっていました。
だってどう考えても、右端のスタート地点からボスまでなんて、まともに進軍できるはずがない! 長すぎる!
明らかにギミック有りですが、それを解除しないとボスに届きそうもなく、届かないと縛りゆえに情報がわからない。
しかし時間はない。うーむ。

何度かためしに出て行き、右上のAポイントがあからさまに怪しいことが判明しました。悪賀野ちゃん待ち受けてるし。おそらくはこの地点でのS勝利、それに例によって空襲を制空権ありで無傷にやり過ごす、このあたりが条件と推測しました。
結果としてその予想は当たっていたわけですが、乙の場合はS勝利2回というのはわからなかったなー。
一度Sをとっても変化がないので、これはもう支援マシマシに基地航空隊も投入で無理やりにボスを目指してみようという作戦に。事前に見かけた断片的情報「クロスロード組」は遠慮なく採用し、長門・プリンツ・酒匂をいれた編成です。
提督方は承知のとおり、長門入りの編成だと道中がさらに長くなります。なんかもう、息も絶え絶えでたどりついたPポイントで二人大破。無念の撤退です。
……が、今回はもうそこで情報を解禁することにしました。ボス前だから、もうその先はまず逸れまいということで到達とみなすことに。へたれたわけですネ。
条件を確認したのちにAマスにとってかえして悪賀野ちゃんを倒し、空襲からも守りきったためにスタート位置が変更。いよいよ本格攻略です。
しかしこれ、仮に丙だったとしても、右端スタートでクリアした提督はいるのかな……?
さすがに無理なような気がするんだが。洋上補給すればいけるか?





f0071389_01103321.jpg
編成一例。
長門さんも何度か出ていますが、彼女の位置に千歳を投入した艦載機マシマシのこの感じの方が安定してましたねえ。すまない長門さん。
そこで思い出しましたが、


f0071389_01352156.jpg


ギミック解除前および、長門入り編成においてはひたすら潜水艦を黙らせてくれた朝潮ちゃん。
E5投入してすぐに85になったので改造、改修が間に合っていませんが三式セットで頑張ってくれました。改造したのが職場で夜中だったのでスクショもなし。ごめんよう。





f0071389_01102095.jpg

スタート位置が真ん中になれば、ボスに届くのはそう難しいことじゃあありません。
しかし、こんなおどろおどろしいシルエットなのに胸元に目が吸い寄せられるとは、天晴れなデザインだなあ(何)。戦闘時は黙ってるし、なんかのほほんとした姫さま。
ボスふたつ前のOが連合だったから、ボスはあるいは……と期待してみたけれどこちらもやっぱり連合。ええいねじ伏せるしかないか!
このあたりの攻略をやっていたのが木曜日ですね。





f0071389_01110381.jpg
団長、出ましたか……?(小声
あれだけ待望だった酒匂ちゃんがA勝利でも出るなんて、複雑ぅ。

が、ともかくクロスロード特効はすごいの一言。
長門さんはダイソンを一撃で黙らせるし、酒匂も昼からとんでもないダメージを出します。プリンツが夜戦で姫にたたき出した最大ダメージは1100! 当たりさえすれば、無傷からでも倒しきります。
そう、勘違いしていたのですが、この特効はボスの海月姫だけに有効なのではなく、ボスマスの敵全部が対象のようなのです。
「これはいける!」
と、思ったがゆえに木曜、睡眠時間が確保できたのです(笑)。でなければ三十分の仮眠で副業とかあったかもしれぬ。

特効の有効性に気づき、第二艦隊の旗艦にいた酒匂を下に移動させ、わが艦隊必殺の青葉ちゃんをつれてきました。
ぼちぼちラスダンかなあと出撃すると道中敵の編成に変化が。ボスマスの駆逐とかが赤くなっております。夏には突破できず悔しい思いをしたイベント最終海域ゲージラスト、いよいよ勝負のときです!




……と、気構えたらそのままクリアできちゃいました。




f0071389_01100065.jpg
甲乙乙乙乙。

ラストはやっぱり、プリンツのカットインスナイプ。1000ぐらい与えてました。一応二択で狙い撃ってくれたから、値千金には違いない。
当たりさえすればという感触はつかんでいたから、E4あたりより全然気は楽でしたねえ。時間さえあれば甲でもなんとかなったかもしれぬ。ギミックを解除できるかどうかはともかくとして。
上の編成画像は突破時の撮影なのですな。ラスダンかどうかわからなかったんですが、これで撤退なら長門さん入りで挑戦する腹積もりでした。







f0071389_01113029.jpg

サラちゃん確保。
伊藤静さんらしいですが、確定かな。耳快い、しっとり染み入るような喋りをしてくれます。
わが艦隊では初のアメリ艦。ずんぐりむっくりのアメリカ艦載機も増えて提督うれしい。

クリアした直後はとにかくホッとしましたね。嬉しいというより安堵に近い。ここのところのイベント、最終海域をクリアできないことばかりでしたからね。
そのおかげもあってか、個人的には楽しいイベントでした。ギミック等面倒なところはあったけれど、硬軟ちょうどいい手応えだったかなと。ウチの艦隊も、ようやく己のペースでイベントを戦えるレベルになってきたのかもしれません。
でも、ドゥーリットル空襲からはじまって追いかけてクロスロードって、えらくまた行動範囲の広い作戦だったんだなあ。


クリア後、出先でコソコソ、電車内でチョコチョコとE2に出ていました。
そのままE5で朝風や能代を狙うか、E3のヲ改マスで沖波を狙うか、E2で春風を狙うか。
選択としてはそのあたりでしたが、沖波は甲限定という噂もあり、ならば実装順かなあとE2にしましたが、ここはまたボスSが取りにくい。
10回ほど出撃したものの、S勝利は2,3回でしょうか。一応ボスの二つくらい前でもドロップ設定はされていましたが、結局春風には会えず。
でも、それこそ10時半くらいの最後の出撃にて、ボスSで天津風がドロップ、新型の缶をプレゼントしてくれました。これは、とても嬉しいクリスマスプレゼントだにゃしい。
まるゆちゃんも一人増えたし、401も着任、なにより山風に会えたし。ドロップ面でもいい感じでしたね。





「さて、今回のイベントにおけるMVP的な存在なのだが……。摩耶様、なんぞ意見はあるかい?」
「そうだなあ。遠征組のちびっ子も頑張ったし、基地航空隊だっけ? あいつらの活躍もすげえけど、そういうことだったらやっぱりさ、最後キメてくれたプリンツ……」

「いや、今回は摩耶デース」
「摩耶にゃしい」
「摩耶っぽーい」
「摩耶かも!」
「摩耶さん、かもです!」
「摩耶クマ」
「摩耶にゃ?」
「ねー、大井っち」

「北上さんがそう言うなら……」
「まあ、ここは摩耶やろやっぱ」
「頑張ってくれましたものね、ね?」
「C'est bon」
「飲むしかないです~」
「摩耶でいいでち!」
「ダンケ♪ダンケ♪」

「摩耶だと気分が高揚します」
「よしよし♪」
「あらあら」
「今日は摩耶の日!」
「摩耶がいっちばーん!」
「くるしゅうないぞ」
「あは、ボクも摩耶でいいと思うよ?」
「自分も賛成であります」
「まあ、そうなるな」


「……なんだ、なんなんだおまえら、寄ってたかって、あたしを……。ふざけやがって、ばかやろー!」


「行っちゃった」
「……摩耶様の赤面いただきました」
「ボクいつも思うけど、ウチの艦隊って、へんなところだけは団結してるよね」



摩耶、それと秋月型ね(笑)。
ヲ級! ヲ級! そしてヲ級改! 
今回のイベントって全般こんな感じでしたから、なんかもう、どれだけ摩耶と秋月姉妹に護ってもらったかわからない。撃墜数は表示されないし、対空カットインでMVPはとれないしで、その働きははっきり目に見えるかたちで提示されないけれど、間違いなく八面六臂の活躍だったと思うのですよ。
「金剛姉妹の出番がない」なんて意見も見ましたけれど、高速縛りの多い海域だらけだったし、アイオワのいないわが艦隊ではしっかり頑張ってくれました。
ケッコンしたばかりののわっちもレベルが一気に5か6、上がっています。史実要員で出張っていたのと、後半はひたすらキラつけで支援の旗艦でしたからね。
それと忘れちゃいけない基地航空隊。今回もまた出撃するマスにあわせ、艦戦の護衛なしの長距離出撃とか、厳しい条件で奮闘してくれました。ブラックですまんなあ。妖精さんはみな無事に帰ってきていると信じたい。

ざっくりした日記にするつもりが長くなりました。艦隊作戦第三法、これにて終了であります。そして気がつけば今年ももう残り20日とな!?

[PR]
by sarok | 2016-12-10 03:10 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・三法が斬る! その5

疲労抜きの合間に日記だって書けちゃう(挨拶

E4は二段構えのマップ、はじめは輸送ゲージですけれど、こちら終了いたしました!
……なんというか、「すでに煮込んだものがこちらに」と出てくる料理番組のようであるなあ。





f0071389_12001756.jpg


マップの紹介もすっ飛ばしてボスのスクショ。夏モードもよかったけれど、やっぱ重巡姫はこの感じがいいね。



f0071389_12000259.jpg


しかし、この輸送マップについてはなかなか楽しかった。
ここはその後に控える撃破ゲージもそうですが、いろいろと情報が錯綜しておりまして、編成の最適解をこれと絞り込める感じではない。よく言えば自由度が高いわけですが、結局この前半戦については、はじめ適当に組んで出た編成とさほど変わらないままに輸送を完了してしまいました。
輸送用装備は当初、もがみんに積んだドラム缶ひとつだけ。後に少し増やしましたが、朝風を狙うついでに回数で稼ぐ目算でした。実のところ、この時点ではイベント延長の報はなく、残り時間を鑑みこのE4で終了だなあと割り切っていたところはあります。
で、何が楽しいって江風。彼女の夜戦カットインが猛威を振るい、重巡姫に300近いダメを叩き出したりするのが愉快痛快。姫には何度かトラウマを植え付けられているから、それを飄々と一撃で粉砕したりする姿に、正直惚れそうでした。改二駆逐って強いんだなあと改めて実感した次第です。
S勝利は二度ほど取りましたが朝風は出会えず。引き続き撃破ゲージですが……。





f0071389_12003167.jpg



まず、ここでイベント期間の延長のお知らせですよ。E5は無理だなあと4に注力する腹積もりが、もうひと分張りせねばならなくなりました。
で、電車の中やら夜中の職場やらでまめに出撃を繰り返し、編成とルートを探りましたが、まずもってたどり着けない。
ようやく一度ボスに届いたものの、さっぱり安定しません。最短でも航空戦二回、潜水艦一回、それにフラル編成マスが一回で、ずっと薄氷を踏んでいくがごとし。
戦艦・正空を厚くした遠回りルートなども試したものの、芳しい結果は出ずに出撃を繰り返しました。
団長の軽量編成をパクろうかと思いましたが、軽空2の場合ちとちよはすでに使い切っているから、龍驤ちゃんか祥瑞姉妹あたりに頼るしかありません。今回は速度縛りが厳しいイベントだなあ。
ずいぶんと入れ替えて試しました。E4札がついた艦娘は十数人に上るんじゃないかな。
そして最終的に、それでも最短編成をとることに決定。
資源もバケツも余裕ありますが、お祈り回数が増えるのはどうにもね、精神的によくないねん。





f0071389_12005051.jpg



だいたいこんな感じ。ビス子がたまに比叡に、島風のかわりに雪風が入ったりもしますが。
乙難易度とはいえこれで制空はどうにもなりませんが、いっそ捨てて攻めに出るべく翔鶴姉を投入。前半のイメージから江風はそのままフィニッシュ狙いで。
駆逐3ってどうなのかなーと思っていましたが、この編成にしてから安定します。道中事故ばかりはどうにもならないものの、ボスに届けば、こちらに倍する連合であるにもかかわらずねじ伏せます。
あ、ボスはこのお方。




f0071389_12010089.jpg


いつものおねえさん。
そう、連合なんですよね。いつもと逆。
最初に到達したときは「こんなんどうするんや……」と途方にくれたものの、よく見ればほとんどは駆逐や重軽巡、支援もあわせればなんとかなります。お姉さん一人にして夜戦、12隻沈めきってS勝利とか、かなーり気持ちがいい。
ただしラスダンになると、随伴のエリヌ二隻がフラヲに変わって手ごわいことに。道中の航空戦でもヲ級さんが顔を出すようになり、事故率が上がります。
最後だけ重めの編成に変えることも視野に入れつつ、ひとまずはそのまま出撃、また出撃。支援のキラつけ、こうした疲労抜きもはさんで、週頭だというのにもう「あ号」が終わりかけております。
で、つい今しがた突破できました! 最後はきちんとS勝利、雪風が決めてくれました。
やっぱり朝風は出なかったものの、E5への挑戦権が与えられたことにまず感謝です。
実質的にはもう一日二日しか使えませんが、やるだけやってみましょー。




ところで、E4編成の試行錯誤をやってる最中にですね。








f0071389_12011660.jpg



ひょっこり。
ドロップ時、聞きなれぬ声にふと目を上げたらそこにいました(笑
「!? や、やややったぜ? ……やったぜ。……ぃやったぜぇ!」
と、いうようなテンションの波に襲われた次第。
たぶんフラルのマスですよねえ。いや、一応ドロップにいるなあと確認はしていたんですけれど、出るもんなんだなあ。
撤退続きで先の見えないタイミングだったので、気分的にずいぶん助けられましたね。今回、このイベント自体もけっこう肌にあってる感じなんだけれど、山風といい、ドロップ的にも収穫があってうれしい。
こうなれば完走、したいですねえ。


[PR]
by sarok | 2016-12-06 12:15 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・三法が斬る! その4

ええと、どこまで攻略しましたっけ(ボケ
E2は、この前の記事からほどなくして突破できました。結局最後は二航戦を投入、吹雪を加えて駆逐2の編成で行ったらわりとあっさり。
まあ、さる事情から、また戻ってくる羽目になるのですが……。




f0071389_01475823.jpg

続きましてE3。
見ての通り、ハズレマス以外はほぼ埋まっていたり(笑)。ゲージも減ってますし、ある程度出撃した段階でのスクショです。
ボス到達までは容易でした。しかして情報を確認するにギミックありとのこと。すでにE2の記事でそれは目に入っていたんですが、詳しく読まずに飛ばしていたんですよね。
難易度は引き続き乙。甲ではないし、どうやら真ん中の航空戦マスを通っていくルートなら安定して到達するようだから、このまま押し切るのも可能かと思ったのです。
しかし……。



f0071389_01543518.jpg

このおねーさんがわりと硬い。
すでに述べたとおり上のゲージは数度の出撃後です。道中撤退はありませんでしたから、そこそこ砲火を交えたあとなのですが、削り量は振るわず。
連合vs連合ははじめての体験で、見ていてそれなりに面白いわけですが、まだルールはよくわかっていません。敵前衛艦隊が全滅、もしくは残り一隻まで倒せば本隊を夜戦に引きずり出せるのかな? たまに撃ちもらしますが、問題はやはり夜戦にても水姫ちゃんを削りきれないところにあるかと。



f0071389_01473665.jpg
基本的なメンツはこんな感じ。順番を入れ替えたりはしますが。

やはりギミック解除しかあるめえと調べなおし、まずは低速艦の瑞穂をいれて上ルートへ進攻、該当マスでS勝利。さらに進んだJマスは、このマップで唯一持ってない子がドロップする地点でして、それは沖波なのですが、そうそう都合よく落ちてくれるはずもありません。
次いで、空母を減らして水上打撃にし、下ルートのマスでまたS勝利をもぎとります。ここまでは割とカンタン。しかしギミックが解除された様子はありません。
E2の空襲時におけるギミック解除条件について、普通に攻略しているうちに勝手に解けてしまうようなものだと私は思い込んでいたんですが、違ったんですね。被害が出なければいいというものではない。それ専用に編成した防空隊を上げないと不可能なレベルとのこと。甲ならばけっこうシビアなようですが乙ですし、雷電ちゃんたちの熟練度はそこそこ上がっているはずなので、なんとかなりそう。
そんなわけでE2へ逆戻りです。道中支援だけ出してより確実に。
二度ほど出撃しましたが、音を聞いていなかったので結局ギミック解除を確かめられずという体たらく。
E3に戻って出撃すると、姫の帽子が吹っ飛んでいました。セリフも変わって解除成功です。
あとは削りきるのみ!




f0071389_01484310.jpg
どうでもいいですが、イタリアの空母が日、独、米の艦載機を飛ばす光景ってのも圧巻ですねえ。
背後の編成にうっすらネタバレが映りこんでいますが気にしないでください(笑)。これは攻略後の出撃なのであります。
なお、しばらくはデヴァステイターを加えて出撃していました。ラスダンで詰まったので601流星に切り替えたという事情があります。第四スロットはイタリア艦戦でしたから、まったく国際色豊かだったわけです。
……しかし、フォッケは日の丸なのに、なんでドーントレスはアメリカの星マークなのだろう。フォッケはあくまで艦載機仕様という設定の「改」だからということなのか?







f0071389_01472536.jpg

ラスダンにはそこそこ手間取りましたが、最後は高雄さんがスナイプ連撃、姫を仕留めました。この子って、なんでゲージ削り段階から浄化セリフ喋ってるん……?
しかしギミック解除だのなんだのウダウダやってたおかげで数日経過しております。残り日数はいよいよ厳しくなってきましたねえ。







f0071389_01481574.jpg
コマちゃん着任せり。
瑞穂と同じ絵師さんかなあ。ペラペーラとフランス語なので小生ビビりました。
日本語がたどたどしい感じってはじめてかもしれぬ。むしろビス子とかどうして最初から流暢やねん。

なんにしても、ちょっとだけホッとしたところです。E3の突破およびコマンダン・テストの獲得は、今イベにて最低限果たしたい目標ラインでしたからねえ。
拡張作戦……特にE4甲は今回かなりの難関と噂がきこえてきますが、さてどうなりますか。





それはさておき、劇場版がけっこう好評みたいですね。これも一安心というか、なんか嬉しいぞ。かなーりシリアスみたいではあるけどね!

[PR]
by sarok | 2016-12-03 02:58 | 艦これ | Trackback | Comments(2)