四畳半東雲蚊帳の内

<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

提督の決断・秋の刀魚

帰京してから気づきましたが、鹿児島にいる間に食べた昼食のメニューがですね、

着いた日:市内の店であなこ天そば(熱いやつ
二日目:リンガー〇ットでちゃんぽんと餃子
三日目:空港内の店で黒豚うどん

と、みごとなほどに麺類に集約されておりましたぞなもし。なんだったんだ。
そばにしてもうどんにしても、つゆが甘めの西の味ですね。ちゃんぽんはいつも通りとしても。
黒豚うどんは、ひときわ甘めのつゆの上にゆでた黒豚と白ねぎがのり、柚子胡椒をとかして食すもの。チェーンのお店ですがなかなかウマイ。ですが関東に長く住み、ラヴ茶ソバ連にご一緒させてもらっている身として、ソバはやはりジッと辛めのつゆの方がウマイと感じますね。
しかしあちらの出汁醤油というか、これまた甘めでコクのある醤油がありますが、赤身白身のさっぱりした刺身にはとてもよく合います。長年食ってきてるんですが、今回あらためてその相性のよさを実感したわけであります。
秋刀魚? 脂の乗った秋刀魚には普通の醤油がよさそうな。焼き魚については私、大根おろしに一たらしする派ですが――。




f0071389_14580804.jpg
ということで、どうなんだい磯風。うまい具合に焼けているのかい。
秋刀魚漁にあたり追加・再実装されたボイスの中で、この子のボイスが抜群に可愛いと思うわけです。「いや、秋刀魚はな……」と若干裏返り気味で言い訳する調子が愛おしくてかなわん。大丈夫、とれたての秋刀魚なんだからどう焼いたって大概ウマイさ!

しかしまあボイスに新グラ、そして何よりもアレンジの入ったBGMが熱い! と思ったらボスマスは艦娘音頭だし。先日のリアルイベといい、この運営は何に命をかけているんだろう。
でもまとめサイトでそのイベントのざっとした流れを見た中で、担当声優さんが実際秋刀魚を焼き、抽選で選ばれた猛者提督が4人、代表してそれを食うって、それいったい何プレイなんだと大笑いしました。普通に秋刀魚料理も振舞われたみたいだけど、これまたどっち方向に全力イベントなのかよくわかんねえw


さて漁の進捗ですが……。
とにもかくにも光り物(探照灯)とソナー、見張り員の三種の神器です。いくつかの海域で秋刀魚は確認されておりますが、まず6-5はまだ行けないから却下。ウチの主たる漁場は北方および1-5ということになりましょうか。1-5はソナーを積んだメンツが前提ですから、北方用には一人二人選び、その三つの装備を一人で持っていってもらおうということに。




f0071389_15111200.jpg

つまりこんな感じ。

「また大雑把な作戦だねえ」
「そうは言うがなもがみん、ソナーが積めればこれ、君にやらせようかと思っていたんだぜ」
「……重巡改二の予告がされたらしいね」
「唐突だなあオイ」

青葉有力とか言われてますがね。
さて、多摩を選んだのは単にレベルが低めだったからですが、さてこれで旗艦にすえて……と母港に戻ると、


f0071389_15141570.jpg

こんなのだったから驚いた。限定絵きてたんだ!
なんだろ、普段ズボンやショーパンの子がスカート穿いたときのこの破壊力って。
なんと名づけたものであろうか。

「……そんな目で見ないでよ」


睦月っぽい色合いですねえ。脚がまた綺麗なんだよな。
ボイスはないみたいですが、猫じゃないだけあって気合十分です。





f0071389_15191214.jpg

中破するとこれまた十分です。何がとは言いませんが。
いやあ大漁、大漁(殴
さて漁果ですが、今現在11……いや12尾かな。去年は旗をとれなかったので今年こそと意気込んでおります。
昨日あたりはさっぱり獲れずに歯噛みしていましたが、団長の記事を読み、そうか3-2もアリなのかと出撃してみると上手いことゲット。その後の1-5、3-3、3-4あたりでもけっこう網にかかってくれて、任務の50パーセントまで達成したところです。
なんとか期間内に24尾、いけるかしらん。
去年みたいな限定ドロップはないみたいだけど、やっぱりこのイベントは性にあってるなあ。わりと楽しい。





f0071389_15233425.jpg

でもキミはちょっと気合入りすぎだ。

[PR]
by sarok | 2016-10-25 15:27 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・提督の帰還

鹿児島の実家へ帰省してみたりしておりました。



f0071389_04555899.jpg
そしてこの画像を貼るとまるで船旅だったかのようですが、これは多分種子島・屋久島あたりに向かうジェットフォイル。鹿児島ってのは、情けないことに最近私も知ったのですけれど、すこぶる離島の数が多いのです。なのでこれの他にもさまざなな航路が存在するはず。
艦これはじめて以来、なんか船の写真を撮ってしまうね。
そも今回、帰省の手段として船も検討したのです。しかし東京からの直行便は少し前に廃止された由。たぶん大阪とかその辺からならあるのかもしれませんが、いろいろ煩雑なので今回はパス。久しぶりに、行き帰りとも飛行機でした。





f0071389_04561785.jpg

去年もこの港越しに撮った気がする。ついでに天気も同じく曇りだったような。
お隣の阿蘇がどかんといきましたが、こちら桜島はしばらく落ち着いているようで、山頂までクリアに見えます。
来月あたりには冠雪するのかな。





f0071389_04562669.jpg

島津齊彬公を祀る照国神社、境内にある「斉鶴」。
鶴を模したということで、私の頭に浮かんだ艦娘の名前を述べなさい(20点
普通に撮影したはずで何の効果もかけていないのですが、なぜか全体ソフトフォーカスがかかったようになっています。さすが神域。
繁華街の近くにあり、帰省した折はしばしば近くまで来ているんですが、参拝したのは久しぶりでした。さすがにはじめてではないと思うけどなー。



祖父母の暮らした家も、帰省するたびになんだかんだと車を走らせ見に行っています。誰も暮らさなくなって久しく、土地の神様は引っ越され、納屋の屋根瓦が崩れかけておりますが、不動産屋が草を刈ったあとで前庭は明るく、すっきりしておりました。あちこちに、都会では見られない巨大な蜘蛛たちがバトミントンのネットみたいな巣を展開していますが、暗い感じではなく、むしろ妙にほのぼのとしてしまいました。
羽田空港の滑走路脇から、この鹿児島の田舎まで、ひとまず秋を告げているのはセイタカアワダチソウの黄色い帯、帯です。外来種の代表だし生命力の強さはあきれるほどですが、黄色い花が叢を彩っている姿はけっして悪くないなあと思います。









f0071389_04560835.jpg
そしてこの写真を貼ると、まるでプロペラ機で帰ったかのような誤解をw
鹿児島空港にはこういったレシプロ機がたくさん集っていました。プロペラのぶうんと回るあの音、あの感じはいいですね。大昔YS11に乗った記憶があるけれど、あれはどこへ行ったときだったかなあ。
帰京した日はけっこうな雨降りでしたが、もし帰路が鉄道だったら、鳥取の地震のおかげでどこかで足止めされたかもしれません。
一時間半で帰ってきて、京急だのモノレールだのに乗ったときの妙な感覚だけは慣れないというか、常にありますね。つまり日本列島の半分ばかりの距離を移動してきた実感が伴わず、ここが普段暮らしている東京なのか、肌が納得しない感じ。まあ山の手に乗って人いきれに押し包まれるころには、すっかり馴染んでおりますが。








f0071389_04564036.jpg

帰省中は朝晩に遠征の出し直しをする程度でしたが、いよいよ秋刀魚漁。
今のところちゃんと調べていませんが、ひとまず3-3へ出て一尾ゲットしてきました。
音楽がアレンジされて格好いい。実家での晩飯に秋刀魚も出たことだし、去年以上の漁果を目指して頑張りたいところです。

[PR]
by sarok | 2016-10-22 05:43 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・スーパードライ

イベントのない時期はほぼ週一の日記と化しておりますな。むしろ、イベント時における、些細なことでも書き散らしたくなる感は異常である、かも。
公式では細かなニュースが進行しております。5500t級軽巡改二はどうやら鬼怒ちゃんで確定ぽい。そして秋刀魚漁は21日からということで。
今年も秋刀魚は缶詰にしたりできるみたいですが、このところ海外艦も増えてきたわけで、イタリアンやドイツ料理にも調理できるようにしたらいいのに。

「そう思って検索してみたが、パスタをはじめ秋刀魚を使ったイタリアンはかなりヒットするものの、ドイツ料理で秋刀魚ってのはかなり難しそうであった」
「魚料理自体はあるみたいだけどね。内陸では川魚も食されてるみたいだし」

秋刀魚、回遊してこないだろうしなあ。それを言うなら地中海にも来ないでしょうが、アチラはそもそもからしてお魚をたくさん食べる国ですしねえ。
23日にはリアル秋刀魚祭りなるイベントも開催されるようで……覗いてみたいけれどちょいと無理だなあ。盛り上がればよいけれど。

そういえば劇場版のCM、流れてますねえ。
シリアス路線なのかなーうーん。ひとまず睦月が泣くらしいことはわかった。
映画の面白さなんてCMの内容じゃわからないけれど、今までの経験からすれば、何を見せられるかわからない少々の不気味さ、みたいなものがあった方が結果的に「アタリ」だったことが多い気はしますが、さてどんなもんでしょうね。





前述のごとく秋刀魚漁に備えてマンスリーを優先せねばならないにもかかわらず、今週主に取り組んでいたのは浦波掘りでした。
4-1、2-4に出向いた成果として、
雪風ドロップ!
島風ドロップ!
とまあ連続しまして、虹背景はありがたいもののビミョーな気持ちに。そして今日は、これは浦波掘りではありませんが、


f0071389_12265585.jpg
この子が2-5で出てきました。実装以来初か?
そういえば浴衣組でしたねまろーん。久しぶりに改の立ち絵も見たかったところですが。
雪風、島風と違って彼女の場合は育てることで夕立砲の獲得、つまり牧場の意義もありますが、30まであげるか微妙なところではあります。




f0071389_12272470.jpg
そしてコラボぼのたんをペタリ。
瑞穂同様、中破絵がたいへんけしからんはずですが、そうそう見せてはいただけぬようで。
あいかわらずこの絵師さんの服装へのこだわりは繊細でよろしゅうございますな。
どうでもいいけれど前回のせた瑞穂の中破絵、スマホからだと折り畳んだ意味はなくそのまま表示されるんですねえ。いやそんなヤバいもんじゃないからいいんだけどサ。


んでもって今週、彼女がやっと改造段階に達しました。





f0071389_12271571.jpg

ついにきました、魚雷の撃てる戦艦娘!
戦艦ですから育成に苦労はしなかったですけれど、重要な戦力の一翼がこれでそろったわけで感慨ひとしおであります。この立ち絵も格好いいね! 執務室の視界半分が奪われるけれどw
攻略中の高難度海域、それからこの先のイベントでの活躍に期待です。獲り損ねている戦艦たちを狙っていけるか、彼女が大きな鍵となることは間違いないでしょう。
……ウォースパイトを逃して以来、提督としての私は理由のわからない「リベンジ」モードに頭の中が染め上げられています(笑)。自分の判断で失敗したというのにねえ。次のイベントにウォーさんがドロップ実装されるとは思えないのですが、「取り返してやるぜ」てな思いがくすぶっているのは事実。三年もやってるのにこのモチベなのは我ながら愉快ですが、三年たってようやく艦隊のレベル平均が80くらいになってきたわけで、本格的に戦えるのはこれからといえなくもないわけですよね。
そう考えると尺の長いゲームだ。私のプレイが牛歩なだけですけれど。

[PR]
by sarok | 2016-10-15 14:28 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・秋のてーとく

パレードというと、筋少の「パレードの日、影男を密かに消せ!」の退廃と混沌、暗がりの舞踏みたいなイメージしかない私ですが、先日のメダリストパレードの映像を眺めていて、本来はこういうもんだよなあと思った次第。群集の中に一人ふたり、かならず影男はいたことでしょうがね……。しかし80万てなすげーな。一イベントで夏冬の大祭を上回るとは、たいしたもんだなあ(比べるなよ
同時間帯、山の手に乗ったり渋谷を経由したりして帰途についていましたが、心なしかやっぱり、銀座日本橋に人が吸われているような印象でしたもん。スクランブル交差点も上から見ると少しボリュームダウンして感じられました。
その日の夕刻が久々のてーとく会議。団長の持参した「白書改」は辞典のごときボリューム。しかし解像度の高い艦娘さんたちのイラストが収められているため、なかなか悪くない逸品と思いました。限定立ち絵も最近のものまで入っているしね。
涼しい風の吹く夜、なぜかもずる兄は半袖でしたがお風邪は召されなかったのだろふか。てーとく会議はラヴ茶に比べてより軽快・率直にヲタ話が通じるので、互いのネタが高速で行き交い、なんだかたっぷり情報交換したようでたいして時間が過ぎていないという顛末がままあります。それにしても、団長の病院ネタにはかなり驚愕しましたですわ。




f0071389_09175798.jpg
てーとく会議でも話題が出たけれど、キミの主砲が移設されたとかで、ちょっと見に行きたいお年頃なのです。

「あらあら」

しかし美しいお召し物やなあ。鎖の模様が入って細かいですのう。灰色がかった青、たぶん和色として名前があるだろうけど、この色もいいな。
一応、この限定絵がきてから一度は出撃させたものの、中破はしていただけませんでした。さすがビックセブンである。





なか卯コラボの限定絵も続々ですが、たぶん全員貼る前に秋刀魚漁がきてうやむやになることであろう(笑
とりあえず、大好きな瑞穂の新規絵は大好きだ。日本語がおかしい。


f0071389_09164922.jpg

「瑞穂、何かお作りしますね。何にしよう……」
とかなんとか牛丼をささげもって仰る。それ以外の選択肢があるんですかい。
中破絵がまたかわいいんだけど、肌色率が高いのでゴニョゴニョ。
瑞穂さんは……なんというか、私の中ではとってもエロい艦娘さんなのです。

「実もフタも無い。本人に言っちゃダメだよ」
「もがみん。ビクトリアルガイドの表紙だっけ? とても素敵ですよ」
「ボク模型作ってそうなイメージ、あるのかな」
「運営ツイッターのアイコンを見て、『ケッコンしたい!』って思った。してたけど」
「してたね」

ある女優さんが、グラビアイドルが、えろーい。なんて言われ方は、モチロンご本人がそっち方面に奔放でいらっしゃるという意味ではなく、観測しているヤローの精神に基づくものです。しかしてこれはしばしば混同され、魔女だとかサキュバスだとかの観念に結びつけられ、男を惑わす云々と決め付けられるわけですが、もちろん実のところをエロいと考えてる私がえろい。

「つまり私こそがセクシー……」
「さっきから何言ってるかわかんないんだけど、提督」

せやな。
ま、深海担当の絵師さんが手がけた子なんで、妖しさも魅力ですやね。水母棲姫のお人形提げてたりするし。






f0071389_09163016.jpg

ところで、ようやくにして6-3を突破です。6-4出撃の切符を手にしました。
ラストはA勝利だったけれど、中破神通さんが無傷のわるさめちゃんを打ち砕いてゲージ破壊。やっぱすげぇわ彼女は。
これからも能代掘りにたまに来たいですね……って、基地航空隊を設営するための任務とかでまた来なくちゃいけないっぽい? うーん。
そこらへんの手順はまた確認ですけれど、一つ先行して設営できるなら、そうしてから6-4挑戦ですかね。
そして浦波掘りは空振り続き。2-4も4-1もけっこうボスに行ってくれるんですけどね。


折り畳み先は久しぶりの定点観測。
ただしアンドロ版をやるようになり、レベルアップ時のメモもいい加減になりつつあります。PCのメモでちょいちょい書いてるだけですので。抜けも多いかと思います。


艦娘の現レベルっぽい
[PR]
by sarok | 2016-10-09 10:24 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・作戦K

なか〇! な〇卯ってなんだ!?
諦めないことさ!

少しもギャバンに似ていないのにこのネタ合わせは無理があり過ぎるわけですが、いつの間にやらコラボが始まったということで、この前ちょっと足を伸ばしてKO線沿いのなか卯へ行ってみたわけでありますが……。
混んでる! 撤収!
判断に要した時間はわずか数秒であった(汗
探せば席はあったかもしれませんが、満員気味というだけで尻尾を巻いて逃げるヘタレなのです。カウンターにひとつだけ空いた席に躊躇なく座って、自分のペースで食って飲んで帰る、なんてのはなかなか出来ない性分なのであります。憧れるけどね。
しかしあれは提督方だったのだろーか。そもそもコラボをやってる店だったのかも不明ですけれども。
リアル秋刀魚祭りもやるらしいし、今年はいろいろ打ち出してきますねえ。




f0071389_10081914.jpg

近く実装される新海域ってのは6-5で決定なんだっけ?
そんなわけで、絶賛放置中だった中部海域の攻略はどこまで進んでるんだっけ……と6-3グアノ環礁沖海域、「K作戦」をば参照してみるとこの有様である。
ゲージ半分まで削って満足していたわけね……。放置している各種任務も大概ですが、海域攻略の怠慢ぶりも目を覆わんばかりです。
というわけで早速、出撃! ボスがきついので火力重視で、駆逐1軽巡3水母2の編成です。
ここは確か能代がドロップするはずだし、提督頑張っちゃいますから~!

「五月雨が青い顔で医務室に担ぎ込まれたんだけど」
「おかしいな、ちょっと物真似してみただけなんだが」
「人類に対する罪だよ」
「もがみん、そこまで……」

道中の鬼門はなんといってもFマスのネ級ちゃん。でもそこまで脅威ではなく、やはり問題はボスです。
一度はボス撃破でA勝利したものの、ゲージラストとなると、随伴でいたわるさめちゃんが旗艦となり、すこぶる倒しにくい状態に。フラタも二隻で、初到達時は「これ倒せるか……?」と思わず声に出ました。
そのときはわるさめちゃん以外は葬ったものの倒しきれず。
次の出撃はネ級ちゃんにやられて撤退。
ちょっと腰を据えてかかるしかなさそうですね。


f0071389_10090978.jpg
でも由良さんの中破が拝めたからいいかな!
このアングルじゃあきれいなおみ足が見えないんだけどね。しかし中破絵で正直喜んだゲスのくせして、この後修復して笑顔になるとまた喜んだりして、つくづく浅はかな男である。

しかし調べたところ、この後の6-4はかなりの高難易度っぽい。イベントに挑むようなつもりでかからないといけないっぽい。
ただ運営のアナウンスを再確認すると、「中部海域深部および新海域」に基地航空隊が出撃できるようになる、と読めますから、その実装を待った方が攻略が楽になる可能性もあるのかな。

そして浦波は相変わらず出ません。





f0071389_10084856.jpg
ぐっへっへ。
浦波も出ずに海域攻略も進まないから、限定グラの子を脱がして「中破絵これくしょん」をやっているように見えるかもしれませんが、おおむねその通りです。
そのうちまた第二回をやりたいですけどね。ああ、ローマの中破絵が見たいな、ウォースパイトの中破絵が見たいなあチラッチラッ。
後悔しているといえばザラ姉様もねえ、なかなか邂逅の機会がないですね。ポーラのためにもお迎えしたいところなんですが、新海域のドロップに設定……海外艦はないだろうなあ、まして中部海域だし。
それ以前に、6-4の次の海域ってんだからどういう難易度になるか、考えただけでもガクブルではあるのですけどね。

[PR]
by sarok | 2016-10-02 10:57 | 艦これ | Trackback | Comments(2)