四畳半東雲蚊帳の内

<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

提督の決断・夏風邪提督

「……提督、頭ががんがんします」
「あれ、どうしたの二日酔い?」
「ポーラじゃないってばよ」
「あはは、そうだね。近頃あの子と一緒することが多いからさ」
「この前、寝言で『モガミ姉様……』とか言ってたゾ」
「(最上型の)姉には違いないんだけど。やっぱザラがいないと寂しいのかな」
「そのあとに『秘蔵のダルマを空にしてごめんなさい』と続いたがな」
「なっ!? あれは見つからないと思ってたのに!」



モガミンはウイスキー党。
軽く夏風邪気味の提督であります。急に涼しくなったからねえ。
いつにも増して睡眠が不規則なのも一因か。昨日も寝入りばなに友人の電話で起こされたし。
「ポケモンGOが動かない」ってそりゃひとつの哀しみかもしれないけどサ。



f0071389_17300142.jpg
そのポーラはの~んびりとレベリング、ようやく改に到達しました。
無印と見た目で違いはあるのかしらん。あるんだろうけども。
雷装ゼロからスタートするので、近頃はなんだかすごく強くなったような気がするぞ。

前イベ以降、備蓄の回復につとめつつ、主にこのポーラ、グラ子にビス子といったあたりを主軸にして、オリョールやバシー、カレー等でデイリーをこなしつつ、余力があればEOに出て行く運営をば続けてきました。戦艦抜き、正規空母抜きは当たり前、軽巡や水母で脇を固める布陣。おかげで、一日二回程度のログインでも、そこそこ資源は増えてきております。
もう次のイベントが発表されたし、それまでにカンストってのは無理だとしても、じっくり貯めておきたいですね。バケツは自然とカンストしそうですけれど。



f0071389_17294265.jpg
のんびりといえば、こちらもようやく達成ですね。任務ページにずっと残っていた、天山村田隊獲得任務。
相変わらず未消化の任務もたんまりとあります。4式ソナーのもらえる任務とか、早々にこなしたいところなんですけどね。
そういや先日のアプデで話題というか、物議をかもしたという新型魚雷の開発任務。五連装マックスを使うとか? まだ出てきてもおりません。
万年中の下提督ですねえ。自分のペースでプレイするのがゲームの至上の楽しみと思う性質なので、艦これは実際性にあっています。





ところで、購入後十日ばかり過ぎたスマホの話題。


f0071389_17284601.jpg

f0071389_17285608.jpg

この前、夜の散歩のついでにカメラを使ってみましたが、時代の進歩といいますか、数年前に買ったペンタックスのデジカメならば絶対手ブレするところ、適当に構えて適当に撮っても無難な感じに収まってくれました。
性能的にミドルレンジの機種ですが、カメラの解像度はその中でも低めなんですよね。それでも、これだけ撮れれば御の字。どうせブログとかに上げるときは解像度落とすわけだしね。
友人の連絡先を登録してみたりとか、せいぜいその程度しか使っていませんが、ためしに動画を再生してみたり、こわごわ手を広げてます。
PCで見ていたサイトなど一巡りして気になるのは、画像よりやはりテキスト、ある程度まとまった文章の見え方ですね。渋にあげてるSSとか、もちろん問題なく読める。読めるんだけど、ちょっとした見え方の違いはやはり生じるわけで、印象が違うなあと。
マリみてであれこれやってた頃にも既に、「webで読みやすい」文章、書き方、構成といったものは存在し、また時に議論になってきましたが、私としてはなるべく、このブログにしても、紙に書くような意識を優先してやってきました。縦と横というだけでも大違いではありますがね。
読む側としては、ある程度の文章のカタマリをグビリと喉を鳴らして飲み込む、というのが私は好きなので、自分で書く場合も――適度な改行ですっきり見せる工夫が要るにせよ――なんかこうイイ感じのカタマリを形成したい、のです。でもそのカタマリの大きさが、スマホで見るときとPCで見るときに少し違う印象。結局は慣れの話でしょうし、「見え方」も自分でいろいろ設定して変えていけるのでしょうけどね。








f0071389_17360664.jpg

どうでもいいけれど、最近の演習光景。こういうの多すぎじゃん?
かろうじてろーちゃんがビンゴを阻止していますけれど、旗艦:朝潮で育成してます! てな提督さんが多いこと。
無理もないけどね。朝潮ちゃん可愛いし!
丁までもっていくと先制雷撃の優秀な候補になるし、そこを目指しているのかな。単にケッコンしたいだけかもしれませんが。
無理もないけどね、可愛いし!
しかし実際、先制雷撃ができる駆逐艦の子も次のイベントまでに用意すべきかもしれんなあ。……特定の子を除くとケッコンするのが早道なんだけども(笑

[PR]
by sarok | 2016-07-23 19:23 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・提督の夜明け

f0071389_17263608.jpg



Lyths提督のところとトップが丸かぶりですが、昨日のアプデで実装された水着モードの五十鈴さん。
七夕飾りは一週間遅れですけれど、今年はうっかり飾り忘れたからね。
夏家具、内装等はどれもいい感じです。この朝顔もなかなかよろしい。
それはともかく五十鈴さん、薄々……どころかもともと誰が見ても明らかなセンセーショナルなボディの持ち主でしたけれど、こうなるともはや見てあげないと失礼ってくらい立派ですなあ。水着の色味も綺麗ねえ。
しかし艤装も背負わず、パフェ持って海辺のマーメイド状態ですが、これで突っつくと、

「何? 気が散るんだけど。何がしたいの?」

とかぬかしおる。気が散るのはこっちの方じゃあ!
提督怒髪天、しかし隠しきれない笑み。





f0071389_17262326.jpg

「もがみん、やっとレインコート脱いだんだなあ」
「いやいや、これボクだけどボクじゃないっていうか」


今週はこまごま用事があって艦隊運営の進捗もいまひとつですが、コレもまたその一因であります。記念すべき、初スマホで撮った一枚。つまりは、ケータイ無携帯の数パーセントの人類から、ようやく抜け出したのです。
週半ばに届いたスマホは奔馬のごとく(大げさ)手を煩わせましたが、数日すぎてようやく乗りこなせてきたかもしれない感。文明人かも!
提督の夜明けぜよ、というところですが、いざ持ったら持ったで何に使っていいのかわからないというのが正直なところ。まあ連絡用ですから、それでいいのかもしれません。
でも、機種を選ぶ際に泥版艦これが動くかが基準になったのはここだけのヒミツだ。というかそんな基準でも設けないことにはねえ。スペックはチンプンカンプンだし、具体的に多くの用途を求めていたわけでないしね。パソコンもそうだけれど、あるゲームが(ある程度快適に)動くのか、ってのはいい判断材料ですよね、実際。







艦隊・夏モードに戻りまして、続いてのエントリー。




f0071389_17270618.jpg
間宮・伊良湖姉妹。
足ながーい。スタイルいいー。

今回実装された水着スタイルは、あとは扶桑姉妹を除けば風雲・沖波あたりかな? 七駆もマイナーチェンジしてた気がするけれど。
風雲ら二人はウチにはいないのでどうしようもありません。と思ったら風雲が3-4,5のドロップに追加されたとか。あまつんが出て解放された3-5の掘り、またも復活ということか。がんばるしかないね。
なお、貴重な間宮アイスに伊良湖最中です。もちろんグラを確認するために引っ張り出しただけでして、疲労もしていない艦娘に食べさせるわけもなく、このまま「いいえ」を選んでお預けということになるのです、が。
ちなみに、隠れて見えない旗艦はこのお方。


f0071389_17265487.jpg

「…………」

そんな目で見るなよ赤城さん。
提督用の朝ごはんでよければ、おひつが空になるまで食べてもいいからさ。

[PR]
by sarok | 2016-07-16 18:14 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・有能かも!

先日のイベントでゲットしたくまりんこ、何人目かはわからないまるゆちゃんと一緒にのんびり育てていましたが、改装ボタンがついに点灯いたしまして。





f0071389_10452476.jpg

航巡になって、三隈砲を持参してくれました。
さてそこからは提督の仕事です。
……ペケポン!
ロックを解除するという作業はやっぱり抵抗があります。といいますか、あまりやったことがないからわからないけれど、こんなSEが鳴りましたっけ? 事故防止にどこかで実装されたのかな。
改修強化のための要員配置となったことで、いってみれば「普通の女の子」に戻ったわけですが、その後もぐずぐずと改修に使えず、まだ艦隊にいたりするんだな。今のところ、任務消化や艦隊整理のためでなく、能力向上のための改修を必要とする子があまりいないので、せっかく対空も上がることだしと、ちょっと温存しておるのです。
どうせなら、誰か第二次改装を迎えたタイミングで能力アップに貢献してもらおうかなーとか。

「じゃ、いい機会だからボクを航巡にしてさ、記念にくまりんこ二号とごっつんこってのはどうかな? 三隈はボクの中で生き続けるんだ、って……」
「……」
「そんな深刻な顔しないでよ。ボクの言い方が悪かったって」
「実はそれ、ちょっと考えました」
「航巡大活躍のこの前のイベントですら改装に踏み切らなかったくせに!?」
「サービス終了……もとい戦争の終結まで君を改装しないつもりじゃないからね?」
「そうなの?」
「提督を甘やかしてくれる艦娘もだんだん増えてきたしな!」
「甘やかしてるつもりはないんだけど」
「うん、そうだね。なんというか、ズレた優しさってのが好きなんよ。たとえるなら、アイスが食いたいなーって思ってるところに、熱々の麻婆豆腐を持ってきてくれるような。もがみんの『寂しがりやだなあ』はそういうものだって、ろーちゃん思ってるって!」
「意味わかんないし艦隊に居もしない潜水艦の真似はやめるでち」



しかしぼちぼち改二きそうだな……最上型。まだ一人も来てないんだもんなあ。







ところで、まことにどうでもいい発見ですが、前回の日記について。
金魚鉢がちゃんと見える艤装の子、おりましたぜ。





f0071389_10454216.jpg

有能かも!
しかもなかなかに絶妙な構図。

秋津洲といえばかもかも口調ですが、先日ふと、郵便局夏の主力商品のアレについて考えているとき、彼女のことがもやもやと頭に浮かんできたわけです。
「かもめーる」って秋津洲じゃね?




f0071389_10460486.jpg

「届くかも!」
ってセリフを思いついたら笑いがとまらなくなってラクガキしました。かもじゃアカンやろ。
艦これとコラボして、あきっちゃんをCMに起用したらよかったんじゃないの、とか。
「君の気持ち、届くかも!」
だったら問題なかろうて。

秋津洲ってツインテみたいな髪型だと思ってたら、右側に垂れてるのは髪じゃなくてリボンなんですね。先にアンカーがついた、上のスクショでもそれが写ってますが、いわゆる秋津洲流戦闘航海術が元ネタの。
艦娘の例に漏れず、服装やアクセのこだわりの細かさには、こうやって自分で描いてみると驚かされますね。襟に入った水玉とか、この子もお洒落ですねえ。






読書備忘録。
ウチにあるラヴクラフトをあらかた読み尽くしたので、積み本の中にいつの間にか、どこから加わったか記憶にない恩田陸の『不安な童話』を読みおえ、谷崎センセイの『文章読本』を再読したのち、今度は三島由紀夫の『文章読本』にこわごわ手をつけたところです。
しかしラヴクラフトは面白かったなあ。ウチにあるシリーズの中だけでも、同じようなシチュで何度も書いているのがわかったのは新しい発見でした。
「アメリカのどっかの片田舎で、邪神の眷属や魅入られた人物が禁断の儀式を執り行おうとする」的な流れの話がたくさんある。また、「人間の活動領域をはずれた極地、砂漠などで過去に存在した超次元的存在、ないしはその痕跡と遭遇する」みたいな話もいくつも書かれています。
それだけ繰り返して類似したパーツのパズルを組んでは崩し、組んでは崩しと挑み続ける執念の源はいったい何なのか、想像するに余ります。どれだけの作家的精力が蒼い炎をあげ、燃焼されつくしたのか、それでも燃え尽きなかったのか。
なんか、ひたすらにすごいなあと思うのです。うらやましいし、こういう人間がいたということにワケも無く元気付けられる気もする。何でもかんでもコラージュ的な表現が尊ばれる現在、作風とかでなく生き方として、どこで耳目をふさいで内省するか、という見極めこそが大切なのかもしれません。

[PR]
by sarok | 2016-07-09 12:29 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・たいせつな約束

例外的に木曜がメンテということで、副業的な意味でメンテ明け直後にログインできなかったわけですが、想像以上に楽しみにしている自分にちょっと驚いておりました。
何を、って朝潮ちゃん改二ですよ!







f0071389_10075319.jpg
わあ綺麗。
思わず「美しい……」とかリアルに呟いてしまった私提督。
朝潮型改二は基本的にこの制服でいくようですが、制服以上にこの絵師さん、この子たちの腰つきに類似性を持たせるべく全力で取り組んでいる(褒めてます)ようにお見受けするわけで、イヤハヤ。
この改二絵もすばらしいですが、レベル85で改装できる改二丁のイラストがねえ、またいいんですよ。白のボレロ? っていうの、あれを上に着てちょっと笑顔。おしゃれなのですよ。一目で気に入ったので、たぶん改装レベルに届いたらそっちに固定するかなあ。


「性能的な話もしてあげなよ」
「もがみん、まだレインコート姿なんだな」
「ボクのことはいいから」


丁は対潜強化・耐久微上昇で大発が載り、改二は単純に火力雷装強化か。改二の夜戦火力は現状二位とかで、そのままでも十分一線級の力を発揮してくれますね。
しかし、盛り上がる関連掲示板の書き込みの中に「(幼い)祥子さま」と評したのがあってちょっとニヤリ。まあ確かに、外見はねえ。
朝潮は朝潮型の中で一番のお気に入り……だろうか(聞くな)。「(同型で)もっともお気に入りの艦娘の一人」とか、欧米チックな言い方になりそうですが、史実を読んで好きになった一人。最近セリフでよく触れるようになった、給炭艦野島とのつながりですけれど、野島との約束に力を尽くしたのち、沈む朝潮と命運をともにした艦長のエピソードが、私にはことのほか印象的でした。
wikiに集う有志にはおそるべき才能がいて、さらりと書かれた文章のうまさに心動かされる部分も大いにあるにせよ、艦娘としての朝潮からその史実に感情移入すると、はじめのうちは、なにしろこの生真面目さですから、
「自分と一緒に艦長が死んでしまったことを悔やんだろうなあ」
と思ったのですが、それがだんだんと、
「でも朝潮は、きっと嬉しくもあっただろうな」
と考えるようになりました。朝潮は奥底にそういう弱さがあって、姉妹たちは彼女に率いられながらそういったところをフォローしている、そんなイメージが私の、朝潮型の彼女たちに寄せる親しみの根底にあります。







さて、小規模なアプデのようで今回は意外なる隠し玉がありまして。
深海棲艦の潜水艦ツイッターが炎上したとかなんとか。



f0071389_10082727.jpg

なんとビックリの先制爆雷攻撃!
敵潜の先制雷撃よりさらに先に、こちらから攻撃できるのです。
1-5、最初のマスでの事故はこれにて過去のものとなりますネ。

固有の能力としては、唯一五十鈴のみが装備、対潜値に関わらず発動できる模様。
それ以外は対潜値が100になれば発動するようですが、この100という線引きがなかなか絶妙のようで、駆逐艦の場合は99レベルで装備ガン積みで超えたり超えなかったり? という塩梅で、ケッコンの意義アリということに。また100超え自体は可能でも五十鈴以外は装備が限定されるから、五十鈴の独自性も光るということで、今のところこの新システムは評判よさげですね。
ただしこの先、同じことをやってくる敵が出現する可能性も……?
にしても五十鈴はすごいな。初期改二勢のひとつの基準点みたいな存在ですね。



f0071389_10084242.jpg
なんか改修工廠にも追加要素きてるけど、こっちはよく調べてないなあ。
ひとまず旗艦が赤城さんだったときのスクショなり。艦載機改修ときたかあ。どうあがいてもネジが足りないなあ。
そも、先制爆雷の追加によって、対潜艦のスタンダート装備を三式以上に格上げしたいところですのに。
しかし、鳳翔さん旗艦で「96式艦戦」の改修が出てきたときには、イケナイときめきで心が躍りました。改修マックス96式とか作りたい! とか。なんでそういうこだわり方向に好みが振れているのかね、あたしゃ。







f0071389_10081311.jpg

親潮さんが改造レベルに。改になりました。
陽炎型に改二がくるのはいつのことであろふ……。
あたらしい床家具、半分畳敷きのこれはあつらえたようにちゃぶ台にピッタリだなあ。いや実際あつらえているでしょうが。
そして後ろは金魚鉢。任務消化で手に入る新家具ですけれど、これがちゃんと見える位置に立ってくれる子っているのかしらん?

[PR]
by sarok | 2016-07-02 11:09 | 艦これ | Trackback | Comments(4)