四畳半東雲蚊帳の内

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

提督の決断・飛べフロート付き

この何ヶ月か、延々と欧米の怪奇小説ばかり読んできまして、やはりちょっと思うのは、こういうの自分でも書いてみたいなあ、ということであります。そんな思いを抱えて日々ウロウロしつつ街やら人やら睥睨していますが、ならば今の時代に求められる怪奇とはなんなのか、そこんところがピンとこない。いわゆる都市伝説というものは脈々と水量を保って流れておりますけれど、なんだかこう、私が求めている感じはもっと手ごたえのある、都市に沿わない伝説みたいなものなのです。夜が駆逐され科学が幅をきかせる世の中で、のびやかに呼吸できる恐怖というものは、ありえるのか?
とかなんとか考えたところでしかし、今まで読んできた御大たちならばきっとそういうのは歯牙にもかけないであろうと思い直しました。受け入れられるか、なんて実際書いてもいないのにみすぼらしい発想です。そもそも、この創元シリーズの主たる作家たちが生きた19~20世紀初頭だってすでに科学万能主義であり、大作家のたまの手慰みならともかく、その手の話ばかり書いていたなら奇異の眼で見られたのは間違いないのです。
現代にラヴクラフトがタイムトラベルしてきたなら、時代の大きな変化に戸惑いつつも、さっそく旺盛にあらゆる方面に知の触腕を伸ばし、たくわえ、そして自らの暗黒神話を織り出す作業に嬉々として、早々に取り組むことでしょう。その過程でニャル子さんに出会うかどうかは、わかりませんが(笑









前回、日記をあげた後から、かなーり強引に改修に取り組み、ついに完成させました。



f0071389_09013025.jpg
二式水戦改!
……後半の改修で確実化を行ったため、現在ネジの在庫は一桁にまで落ち込んでおります(汗)。だって上位更新は21型使うしさー。やり直すストックはなかったのよね。
そういや前回、確実化を行うとボーキも二倍、とか書いちゃいましたが、二倍必要になるのはネジと開発資材だけですね。必要装備も別に倍必要になるわけではありません。
とはいえざっと3000のボーキ、えーっと10機? 強の水偵、および21型を二機、そしてネジを20ばかり呑み込んで得られたこの水戦。スペックは上の通り……。
ぶっちゃけ、大発を改造して砲台特攻のある戦車付きを開発する方が、春イベを睨んでも得策だったような……。内火艇まで持っていくのは無理だとしても、6-4での陸戦隊があげた赫々たる戦果はうわさに聞いてますしねえ。
まあ、好きなものに入れ込むのが一番だよね、ゲームは! 水戦こんなに格好いいし!
聞いたところでは、5-1のマンスリー水上打撃、あれの制空がラクになるとか。対空値は瑞雲の上位機種と同じでも落とされないのが大きいでしょうしね。


今月、その水上打撃は少々手間取ったもののなんとかクリア。EO海域は1、2、3-5は終了。6-3は一目盛り減らしたのみ。
そして先日は大型を久しぶりに、デイリー分4回。例によって収穫ナシでしたが、4,6,6,2の戦艦レシピで三度目に「24:00」と出たのにはちょっとビックリ。不知火ちゃん、そりゃキミの眼光は戦艦レベルかもしれないけどさ……。




f0071389_09015669.jpg
はっつんが改になりました。というより、もらったパネルをお見せするスナップであります。
秋月型がくんずほぐれつ(意味深)しているパネル。左下? 知らない照月ですね……。
やっぱり初月はいいなー。デザイン最高やで。背中の魚雷管とか格好よくて、雷装値が低いなんて信じられない。それに腰つきが、その……。

「……」
「いやなんでもないよはっつん」
「……提督よ、これから飯なのか?」
「え? ああ、そ……」
「……」
「……じゃなくって初月、これは君のために用意したんだよ、遠慮なくいただいてくれ給え」

「え!? ……い、いいのか?」
「うん(あんなに見つめられては食べさせないわけにもいかん」
「白飯だぞ、いいのか!」
「もちろんだとも」
「さ、魚までついてる。秋月姉にも分けてあげないと! 呼んでくるから!」
「あ、ちょっ……。行ってしまわれたか」

「別に、皆と同じものを食べてるんだけどね。どうもあの姉妹、窮乏時代の記憶が色濃く染み付いちゃってるみたいだね」
「もがみん、今から模様替えだ。『秋刀魚の食卓』に切り替えるぞ」
「秋刀魚、残ってたっけ……? まあ、二人分にしてあげないとかわいそうだもんね」



メシネタの特殊な姉妹ですけれど、駆逐艦の中では飛びぬけて発育もよいと言う(笑
牛丼なんて持たせたらどんな顔するのか……。
でも、バーカウンターに並ぶメニューの中では、秋月たちのおにぎりと牛缶とか、ああいうのに一番惹かれる私提督なのであります。

[PR]
by sarok | 2016-03-27 10:16 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・社会のネジ

さて問題です。
次の画像は、誰が担当しているときの改修工廠でしょう?




f0071389_10285899.jpg
ええまあ、水上機ですから、今回牛丼をささげ持ったあの子ですが。
ついに水偵が改修可能となるとはなあ! なんとも胸がアツい。

零観は改修による能力向上ですが、零偵については、「二式水戦改」へ更新できると聞いて小躍り、さっそくデイリー分など無視してひと息に獲得してやろうと欲する私提督でしたが、こちら改修するたびに、

「改修必要装備があります」

と、要求されるじゃありませんか。
必要になるのは同じ零偵なので、ストック分が尽きたとはいえ、まーそのうちなんとかなるかと思うのですが、ついでにボーキが毎度300要求されるのが地味にでかい。改修確実化すれば600じゃありませんか。備蓄は十分にあるものの貯め難い資源、そうまでして水戦を作る必要は果たして?
下の零観については今度はネジ3つ、改修後半は同装備が必要ときたものだ。改修に回せるストック分なんてないぞぉ。
このあたり、このゲームにおけるエンドコンテンツには相違なく、中堅以下提督がやすやすと手を出していいものでないのは承知していますけれど、必要性に疑問符がつく要素に力を入れたくなる性分なんですよねえ。もちろん、大好きな水上機に手をかけてやれる喜びはありますけども。



f0071389_10282589.jpg
最近、最低値開発でポンポン出るようになったこの装備とかも、ね。

wikiによればこの機銃、前々からデータは存在していたらしいですが、なぜか最近になって実装。改修更新で連装→三連装と上がっていきます。が、もちろんそれらの装備がふんだんにある以上は別に頑張って改修していかなくてもいいシロモノ。
でもねえ、これかっこいいんですよ! 見てください、いかにも機銃というこのたたずまい。妖精さんも必死にアピールだ!
むしろ連装にせずに、改修MAXにして誰ぞ装備させたろうとか、また悪い癖が出てきつつあります。もちろん上の水上機のように要求資材が高いわけではありませんが、毎度ネジを要求されることには変わりない。
うぐぐ、ネジか……ネジ……。

「メーテル、僕は999に乗るよ!」
「ボクはメーテルじゃないし、提督は鉄郎じゃないし、そもそも銀河鉄道999はそんな『ガンダム乗るよ』みたいな滑り出しじゃなかったと思うけれど、一応どういうことなのか聞いてあげるよ」
「いやもがみん、999ってのは機械の体を授けると約束しておいて、なぜかネジに改造されそうになるという、パンフレットは嘘ばかりの日帰りバスツアーみたいなものだから、ここは提督みずからネジになるしかないのではと」
「……。疲れてるんだね。布団、しいてあげるよ」
「優しさが痛い……」



誤解を招くといけませんが、999は好きでしたとも、ええ。
しかし運営のアナウンスによれば、今度は大発が改修可能になるというじゃありませんか。陸戦隊が乗る? 戦車? ガルパンはいいぞ?
……なんにしても、今後イベント等でのクリア報酬のネジがますます輝いてみえることは間違いありませんなあ。






f0071389_10283804.jpg
さて、限定グラ回収となれば忘れちゃいけない深海枠。
こちら今のところほっぽちゃんの独壇場。6-4には集積地姫が出てるんでしたっけ? でもさすがに彼女は牛丼は持ってないんじゃないかなあ。
思えばほっぽちゃん、戦闘が激化しすぎないために設けられた外交特使みたいな存在なのかもしれぬ。そのわりには自ら厳しい攻撃を行ってきますけれども(笑
嗚呼守りたいその笑顔。さいわいこのときは、小破が出たくらいですんなり通してくれて、ゲージ削りもつつがなく進みました。
艦これの2016年の春は、ひきつづき醤油の煮える甘い匂いに包まれております(笑

[PR]
by sarok | 2016-03-19 14:23 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断:ホワイトデイライト

震災から5年かぁ。早い……と感じるのは、直接の被害にあった者でないから、でしょうかね。
いまだ千葉より東にいったことがないもので、一度は東北の方にも足を運んでみたいものですね。







メンテがありました。
ごっそりと100隻あまり、ホワイトデーボイスの追加です。



f0071389_06062376.jpg
……。
ホワイトデーボイスって、まあ要するにバレンタインチョコに対するこちらのお返しに、喜んだり感激したりツンしたりデレしたりする系、なのですが。

「これ、ウチに!? ありがとう!」

みたいな内容の龍驤ちゃんボイス、ぜったいそのあとに「って、これ牛丼やないかい!」ってノリツッコミがくる未来しか想像できない。
というか、前回メンテから続く、すき家コラボの影響がありまして、ホワイトデーといいながら、牛肉を煮込んだ匂いがほのかに混じる、まことシュールな風情となっておりますw 時雨あたりもかなり笑える。





f0071389_06053635.jpg
この人はもう反則すぎるわ! こんなん絶対笑ってしまうやん。
「公式コラ」担当、とかいわれて恥ずかしくないんですか!
というかですね、これまで三方に牛丼を載せた人って、リアルを探しても存在しないんじゃなかろうか。各牛丼屋チェーン年初の仕事始めとかでは神主呼んでお供え、やってたりするかもしれませんがねw
つーかウチの瑞穂、海域で拾ったときはチョコ持ってたし、高角砲を装備していた時期がほんのちょっとしかないんですけれど……。






f0071389_06241346.jpg
今月のレの字。

明石さんには申し訳ないですけれども、そりゃ牛丼もってニコニコしてりゃ、中破したらどうなるか気になっちゃいますわよね。




f0071389_06063913.jpg
お怒りの模様。
HP残り1まできっちり削られました。ごめんよう怖い思いさせて。

「牛丼、ひっくり返っちゃいましたよ!」

怒ってるのはそっちかい。後ろにいっぱいあるやん。



ええまあ、すき家、行ってきましたよ。カードはあまり惹かれないので、ひとまずどんぶり応募のためレシートを確保すべく、コラボ店でもなんでもない近所の店に。
店の外には別段変化はなかったものの、店内にはしっかりポスターが貼ってあって少し動揺。いかん、視線の動きを悟られるな、憲兵を呼ばれるぞ!
そして牛丼ならぬカレーのセットを頼んで食していると、入ってきた女性客二人がすぐ後ろでメニューを見ながら、
「あら、カレーもあるのね」
「カレーは〇〇〇の方がいいわよ(断言」
……そんなこと言うなよぉ。
なお、〇〇〇に入るのは「ひえい」ではありません(何



f0071389_06054985.jpg
龍驤ちゃんの画像で出ちゃってますが、新しい掛け軸をばゲット。白露さん、まさか直筆? 達筆やのう。
これはメンテと同時に実装された、第二十七駆逐隊任務の報酬ですね。オリョールでしたが一発クリア。布団をしいてあるのは、一番下に差し込んである桜? の枝を隠さないため。断じてやましい意図ではありません。
なお同じく実装された6-4ですが、いつになったら到達できるやら、です。6-3のゲージが一向に減ってくれないんだなあ。難易度を設定できない分、イベントよりも厳しい戦いになりそうですね。






f0071389_06052427.jpg

毎回、カウンターバーの更新に命かけすぎだよね、運営さんは。
梅の枝みたいなのが挿してあってお洒落。
そしてもがみんはもともとウィスキー派ですが、カレーでいけちゃうらしい。いやカレーかな? ひょっとしたらこれも牛皿かもしれないけれど。
香りのつよいカレーなら、同じく香りの豪奢なウィスキーは案外と合うのかもしれない。下戸に近い人間なのでそのへん、よくわかりませんが。
コラボのせいで今回、カウンターに牛丼が給仕される子が多いですけれど、がっつりビールと並べるのやら、明石さんみたいに日本酒でいっちゃう娘やら。夕張さんの赤ワインは個人的によさそうだと思いましたまる。


「……」
「どうしたの提督、酔った? 真っ赤だよ」


ええまあ、カウンターのものを見せるために最上さんの画像を出したわけではない。
なんと彼女、ホワイトデーボイスが二つあるのです。いっときの不遇が嘘のようですが、その台詞がね! なんかもうやられた!
時報からなにから、おっちょこちょい可愛い系、ドジっ子もがみんで推してくるのかと思いきや、ここにきて無印重巡の「寂しがりや」ボイスに回帰して、するりと入り込んでくる長姉の貫禄じゃないの……。
嬉しい、うれしいけどなんだか悔しいぞ! 自分でもわけがわからないが!

「最上のくせになまいきだ! 覚えてらっしゃい!」
「……めんどうくさい人だなあ、まったく……」



……とりあえず、利根さんとか鬼怒ちゃんとかの台詞は笑えます。
そして龍田さんのお言葉には震えます。いやマジで。

[PR]
by sarok | 2016-03-13 07:18 | 艦これ | Trackback | Comments(0)

提督の決断・運のみにて生くるにあらず

中部海域の最奥(EX除く)が開放されるようだと聞き、慌てふためいて放置していた6-3の攻略に移る、まこと私は粗忽提督であります。一応13秋から参戦している提督とも思えぬ。まあ、いまだしれぇレベルが107ですから、正直かなりのライトユーザーではありますよね。



f0071389_09083371.jpg

実装当初にビギナーズ・ラックで一回削ったきり(笑
軽1水母1駆逐4で何度か出ましたが、たどり着きませんねえ。道中きつい。
ていうかここも3-5同様アブゥが最適解なんだけど、そうなのはわかっているんだけれども、なんか他の軽巡で挑戦してしまう。ていうか酒匂を使ってしまう。このところ酒匂熱が上がっているのは認めるところですが、前回のアプデで喋るようになった限定・春台詞がね、これまた切ないんですよね。
そうだよなあ、唯一面識のある姉妹の矢矧と、別れた季節だもんなあ。
まあ6-3については、ちとちよを使って挑みつつ、瑞穂の成長を待とうと思います。秋津洲? えーと、そうねえ……可愛いんだけどねえ……。






f0071389_09085389.jpg
春はまるゆさんの改造の季節。

ストックの5人目が20に届いたので、そして5人分枠を圧迫するのも大概つらいので、いよいよ運改修に踏み切ることに。
しかし、一度かけたロックをはずしていく作業は、なんというかちょっと嫌なものがありますね。すまぬ、すまぬ。


「……これで、まるゆちゃんの姿をした普通の女の子が日本に5人増えるわけだね」
「ぶっちゃけそういうことになるけれど、その説は信じてない」
「提督としてはその辺、どう考えてるのさ」
「ひとつの考えを『谷風』ってSSに書いた」
「露骨だなぁ」
「たとえば、私はもがみんを高校三年生くらいに想定してるけども」
「高校生とケッコンするのは、ちょっとどうかと思うよ」
「……」

「そ、そんな落ち込まないでよ、ね?」
「なんかゴメン、指輪渡して」
「そんなこと言ったら、駆逐艦提督はどうなるのさ」
「まあいいけど。艦娘もがみんが存在するなら、今現在どこかに、もがみんと同じ姿、同じ年頃の娘が普通に高校生をやっている想定」
「へえ」

「君が艦娘をやめたら、その子になる」
「二人が一人になるってこと? どうやって?」
「そこはオカルトですがな」
「姉妹とかはどうなるの?」
「考えてない」
「穴だらけだなあ」
「でもちょっと楽しかろ?」

「普通の高校生やってるボクかあ。うん、想像しちゃうね。勉強、あんまりできないかも。スポーツ楽しんでそう」
「たぶん人気者だよ」
「そうかな。でも、ケッコン艦が艦娘やめたらどうなるんだろうね」
「わたしゃ、その高校生とケッコンするしかないな」
「結局タイーホの流れじゃないか」


ずいぶんと話がそれました。
まるゆさんを使っての運改修ですけれど、かなーり長いこと悩んでいました。また再び5人集めるのは容易ではなかろう、そう考えるとある程度運が高い子をさらに補強する方がいいのではないか、いやそんなことは考えず面白そうなところに振ってみるべきではないか。パーフェクト重巡最上を目指すべきではないか……。

最上については、将来航巡に改造したとして、いわゆるカットイン仕様にするとも思えず、また重巡のまま運用するなら限定的にはしたくないということで見送り。で、運30くらいの子を強化する方針で落ち着いたのですが、そこでまた選定に悩む。
悩んだあげくに……。






f0071389_09093141.jpg
彼女を選びました。青葉ちゃん!
改修後は実際は38になります。今後もがんばって40は越えさせたいですね。
最終的には酒匂と迷った。でも、重巡のトドメ役をオイゲン以外に育てたかったし、なにより青葉にはことのほか思いいれがあります。この子の史実、全般惹かれるものがあるんですよね。
そのうち改二もきてくれるでしょう。次イベに向け、フィニッシュ要員としての装備充実をはかっていきたいところ。




そういや、とある情報からリベちゃんを旗艦に開発させていると、この機体ができました。



f0071389_09494888.jpg
イタリアン水偵。
本来はザラちゃんが持ってくるやつですね。哀しみの涙で前が見えねえ(笑


「ひとまず最上、君にあずけるから熟練度を上げてやってくらはい」
「いいけれど……なんでボク?」
「1でも火力が上がるんだから足しにはなるじゃろ」


改造により水上戦闘機になるらしいですね。ううむ、水戦かあ。
大艇ちゃんにも戦闘能力がついて欲しいかも! 爆装はキケンでしょうが(笑

[PR]
by sarok | 2016-03-10 09:56 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・サツキと牛丼

かくして、礼号作戦は終了せり。





f0071389_19232724.jpg
今回もまた、厳しい戦いであった……。
結局、最終海域は突破できなかったわけで、当艦隊の戦果としてはB勝利というところでしょうかね。
そんな戦績を表現する中破はっつん(愛称)。やはり黒インナーは正義なりき。

「観艦式のとき、ちゃんとザラはついてきてたのにね……」
「もがみん、実は私、アレに気がつかなかった」
「直後の棲艦による奇襲があっての混乱、結局彼女はこちらへの合流はかなわず、本国に帰還したみたいだけれど」

「そういう設定で考えてます」
「でも、あのやかましい重巡姫が彼女だったという話も……」
「それを言われると心が痛む」


歴戦の提督方にとってはまあ、比較的ヌルいというか、楽なイベントだった模様。ウチも試行回数がもうちょい多ければと思わなくもないです。ラスダンに挑んだのはせいぜい20回くらいじゃなかろうか。削りに時間を使いすぎましたね。
重巡棲姫を残り50まで削ったのが、記憶にあるかぎり一番クリアに近づいた出撃でした。第二艦隊の並びや装備について、最後まであーでもないこーでもないと編成を繰り返したのも、ここに至ってはひとつの思い出。動画やら何やらの影響をうけて、勝利をつかむイメージがころころ変遷している証拠であります。
今回もまた未着任の子に多く出会えましたし、それをもってよしとしましょう。ザラに会えるのは相当先になりそうですが……そういや今回、ローマのドロップはなかったのだろうか。こちらもイタリアさん、ずいぶん待たせているなあ。



メンテがあけた艦隊は、なんか違ってましたね。



f0071389_19240713.jpg

f0071389_19234993.jpg


ブルネイに牛丼屋はあるのだろうか。

すき家コラボのやつかー。どんぶりはちょっと欲しいんだよな。主に、ウチで使ってるどんぶりが古びてきているという実質的理由によって。
大淀さんも明石さんも美味しそうでなにより。よく働く子たちですし。
チェーンの牛丼屋ってまあそこそこ行くけれど、牛丼は食わない私です。どうでもいいけれど近頃は女性客も増えたよね。基本的にオッサンしかいなかった場所なんだけどなあ。でも、明け方の牛丼屋で奥のカウンターに陣取り、牛丼かきこみながらぼそぼそ喋ってる大淀明石はすこぶる想像できる。できるけれど……似合ってもいるけれど若干ツラい光景ではあるな(笑)。シゴトの愚痴とか、提督のあれこれとか話してるに違いない。そういうときの牛丼は牛丼である必要もないのです。なんか腹に入ればいい。味なんて二の次、明日のためと思ってこなしている、食事とは別のデイリー任務みたいなもんだ。……なんか遠まわしに牛丼屋をディスってるみたいですが(笑)、そういう場所も必要だぜって話なのです。



皐月ちゃん改二きましたね! おまえの方がかわいいよ!
改二情報はイベント前からあったわけで、おそらく改造レベルは75だろうと私提督は予想しておりました。ビンゴですね。


「……予想してたんなら、なんで僕は74で止まってたのさ?」
「慢心でした」
「すぐ慢心するよね。でも、そういうところはかわいいよ?」
「おまかわ」



僕っ子が増えて口調で書き分けるの難しすぎぃ(笑
74の段階でイベント突入しちゃったからねえ。急ぐ必要もないけれど、カレーと演習でさっくり上げてしまいました。



f0071389_19230444.jpg
うん、可愛いぞ!
下はキュロットなのかな? 腰ではいてる、という話があって、着崩しのオシャレは彼女らしいと思いました。クラスに一人くらいいますよね、いわゆるワルでもなくだらしないわけでもなく、個性的な制服の着方をしてる子って。似合っていて格好いいんだけど、センセイからすれば校則違反にかわりなく、ちょっと揉めたりして。

対空が40? 50くらい上がってるようで、対潜値も高く、かなり破格の睦月型と相成りました。
持参の集中配備機銃でカットインもできるし、大発も積めるしでかなり万能。
「武功抜群」の短刀も懐に忍ばせているようです。文句なしの武勲艦だもんなあ。
しかし、睦月型もイイ感じで個性を発揮し始めましたね。

[PR]
by sarok | 2016-03-02 20:52 | 艦これ | Trackback | Comments(2)