四畳半東雲蚊帳の内

<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

提督の決断・年度末改装

ホワイトデーボイスを堪能する間もなく、アプデが入りまして。
……というか間違いなく、提督方一番多く耳にしたボイスは明石さんの催促だったと思う。
それはそれとしてまた微妙に家具とか追加されましたな。






f0071389_09435786.jpg
「提督……見損なったよ」
「な、何の話だ」
「いいトシして、お医者さんゴッコはないでしょ」
「ちゃうねん、やっぱ悪の教授としてはさ、拷問台みたいなのは欲しいわけよ。もちろん現実にやりはしませんよ! しませんけど!」
「必死すぎる」
「もしくは改造手術台みたいなね! 怪奇バッタ男を作るつもりがうっかり脳改造を後回しにしたがために組織を滅ぼすヒーローを生み出しちゃうみたいなね!」
「ボクにはわかんないなー、平成生まれだし」
昭和9年進水もがみん……
「うん? なんか言った?」
「いやなんでもないぞよ」


今回実装されたこの診察台、脱衣所とこれは提督リクエストの家具らしいですが、誰だこんなもん要求した輩は!(笑
悪魔のショッカーをイメージしてうきうき購入してみたものの、なんか違うねこれ、当たり前だけど。野戦病院的な感じ?
初雪ちゃん涙目なのは、ちょうど彼女しか中破状態の子がいなかったからです。他意はない。あとはまあ、艤装の大きな子ではこの家具、ほとんど見えない。つーか艦娘を非表示にしないと基本的に見えないというのはどうなのよと。
脱衣所とどちらに職人を使うか悩みましたが、あちらはきっとカウンターバーと同じで脱衣するキャラがこれから増えそうなので、それからでもいいかなと思った次第。
……どうでもいいですが、「脱衣するキャラ」なんて書いてると知らない人は間違いなく誤解するよね、艦これってそういうゲームなんだと。いや違うともいえないけどさ(笑


アプデで一番驚いたのは明石さんのボイスかな。改修工廠、めっちゃ喋る! 改修マックスならちゃんと相応の台詞がありますし、失敗したらごめんなさいしてくれる模様。
そうでなくとも工作艦として、ほとんどの提督は日夜彼女のお世話になっているわけでして、ホンマ明石さんは仕事しすぎやで。オリョクル組も真っ青なレベル。
いや、アプデの目玉はもちろん鳥海さん改二ですよね承知しています……あとレベルが二つ三つ足らない。
大方の予想どおり熟練見張り員を持ってきてくれるようで、菱餅集められなかった私にも朗報でありんす。
基本的にへそ出しルックは苦手なんだけど、摩耶鳥海のあの感じはちょっとイイんだよなー。肌色多いし二人とも露出が大きいんだけど、なんかこう爽やかなんだよね。色のせいだろうか。







f0071389_09434194.jpg
さて、吹雪ですが順調に修行を終え、怒りと哀しみを超えた戦士になって帰って参りました。
うん、可愛いぞーこれ。眺めているとじわじわ良さが伝わる笑顔。
艤装の形状とくっつき方(?)がまたよろしい、と思う。しばふさんの、サービス初期からおそらく変化したであろう意識が反映されてますよね。
……またイチャモンみたいになるけど、アニメももっとメカニカルなディテール、凝って欲しかったよね。これ一度書いたけど。
煙突があるんだから煙が出てほしかった! これ強く思います。もくもく流れる必要はないけど、うっすらとね。艤装が起動すると排煙口のあたりのグラフィックが熱の出てくる表現としてゆらゆら滲むとか、そういうのがさー。
私の脳内設定では、艤装は、コネクタ的なもので繋がっているのではなくあくまで背負っているだけで、けれどそれが起動すると艦娘全体にエネルギーがいきわたるというオーバーテクノロジー。それでいて普通に人力でどくどく油を補給していたり、弾薬を装填していたり、表面的にはアナログ的に処理してね。そういう場面って案外重要だと思うんですよね。一回しか出ない出撃シーンとかに力を注ぐよりも、さ。

[PR]
by sarok | 2015-03-29 10:48 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・アニメお疲れ!

そして、アニメ終了を前にして唐突に吹雪の特訓をはじめる私提督である。





f0071389_14303295.jpg
貝……もとい、改二になれ、吹雪!
一晩で60→67まで上げました。

アニメ終了を記念しての個人的イベントなのです。お疲れ様、と何かひとつご褒美をあげるなら、吹雪が望むのは「もっと頑張る」ことだと思ったワケで。
……まあ、世の提督方がしばしば改二新実装時にみせる集中的育成というやつ、アレがどんな感じなのか試してみたかったというのがもうひとつの動機ではありますが。演習旗艦からはじめて、後はひたすらに1-5ぶん回し。駆逐をもう一人と、山城は扶桑、千代田は龍鳳あたりと入れ替えながら出撃を繰り返しました。
おかげで珍しく週末を迎えずしてあ号が終わりそうですが……意外とめんどいね、これ。どうしてもながら作業になるから、戦闘後の被害確認だけは意識して気を引き締めないといけません。うっかり大破を見逃したりしないように。
しかし、潜水艦を倒しまくって挙句に防空駆逐艦になるというのはこれ如何に。鎮守府正面海域に出張中のカ級だかヨ級だかの皆さん、お世話になります。





さてそのアニメ最終話ですが……いや、もう第一期最終回というべきなのか?
予告というか告知の瞬間が一番驚かされたわ(笑)。いろんな意味で。
続編あるのねえ……ふーむ。

12話、オールスター状態でしたねえ。「俺もいるぞ!」的によくもまあぞろぞろと集ったものでして。ウンメイがーとかなんとか言ってますけど、あれじゃオーバーキルですわな(笑
どういうタイミングで続編が決まったのかわからないけど、終始なんというか、ちょっと落ち着かない最終回でしたね。続編あるならこうしなくてもとか、逆にこうした方がとか、そんな風に感じるところが多かったですね。
そしてもがみんの貴重な格好いいシーン。

「あれ、おかしいな。ボクは瑞雲、積めないはずなんだけど」

そ、そうだね(汗
まあ長門さんのビックセブンパンチとか、大井っちのドロップキックからの華麗なる連携とか、ああいうのは個人的にはOK、大いに好き勝手やればよかったと思ふ。
首をかしげるのは、前回までにそれなりに張った伏線を、お膳立てを、なんできっちり回収しないのかなーというところ。大井っちは最後にキャラを入れ替えて格好いいところを見せればそれまでの「今週の大北」が確実に生きたのに。んでもって一話以来重要な幹であったはずの吹雪・赤城ラインもなんか埋没させちゃってるし。勿体無い。


ずっと指摘されているけれど、ゲーム内台詞をねじこむ際の「センス」に、シリーズの輪郭が反映されちゃってるなあと思います。
ゲームの台詞は当然、プレイヤーにしかなじみがありません。未プレイ組を意識しているといいながらそれらを挿入するなら、当然その台詞の「顧客」は提督組ということになるはず。つまり提督方が耳にしてニヤリとする入れ方しかありえず、必要もありません。だって提督でなければ、聞いたってわからないんだから。
どういう言わせ方なら、喜んでもらえるだろう?
その想像力がもそっと欲しかった。それこそが作品全体をきめる「センス」の表れだったように思えるのです。
でも放映以来のこの三ヶ月、なんだかんだで楽しくはありましたけどね! 前にも書いたけどアニみて時代を思い出しました。あちらはしっかり原作があるけれど、思い入れのある場面、ひとつひとつの台詞がどういう風に演じられるのか、毎週ドキドキワクワクしながら待っていたものです。放映後にブログに感想をつづる楽しみも、ラヴ茶の面々とあれこれ好き勝手言い合う時間も……。
ゲームが基本の艦これは、アニメもまた一つの世界でしかないと思います。でもやっぱりああして放送されれば多くの人の関心を集め、心が動くわけだから。続編があるのなら、もうちょっとだけどーにか、上手い具合になってほしいですねえ。

[PR]
by sarok | 2015-03-26 15:47 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・ほのかな百合のかほり

なんとなくラクガキすずやん。





f0071389_08450879.jpg
鈴谷って最上に、姉妹の中で一番なついていそう。
といっても普段は熊野とか、他の艦娘たちに絡むばかりでほとんど姉に接しようとはしないんですよ。でも失敗とか、凹むようなことがあったりすると、もがみんが――アニメみたいに駆逐艦の子たちの相手をしている食堂とかにやってきて、端っこの方にこんな感じで座っていたりして。
人間観察ってたのしいよねー的な。
ここのコーヒー案外いけるじゃん的な。
そんなつもりでずっと居て、別に姉の方を見ているわけでもなく、最上も気づいている様子もなくって。本人としてもどうしてそこにいるのか、ことに意識はせずにのんびりしているわけですが。
ふと気がつくと姉の姿が消えていて、あれっ? って思った頭をくしゃりと撫でられて、

「鈴谷、何かあったのかい?」

なんて声がかかってね。



ーーーーー妄想終了ーーーーー

「……頼むから、声に出して妄想しないでくれないかなあ」
「うーん。鈴谷はこれでいいけど君はちと違うな。これじゃイケメンすぎる」
「ねえ提督。それって何かの訓練なの? 人生の役に立つの?」
「我が人生は誰の役にも立たず、私の役にも立たない。ささやかな自慢な」
「駄目な人だなあ」
「うむ」
「鈴谷は、いい子だよ」
「うん」


すずやん頑張ってます。筑摩と違って低いレベルで航巡になるので、伸び代が大きいね。
航巡も増えたので、らしさの発揮できるマップを模索してますが、2-5北とかだろうか。それともやはり5-4か。なんにせよドラム缶の影がチラチラしますがw
それ以前に5-3のゲージ、無傷だけどね!




アニメ最新話……。
うむ。多くは語るまい。静かに次回を待とう。
如月ちゃん、ついにお参りされてしまったねえ。彼女のお墓というより共同の慰霊碑っぽい感じだったけど?
しかし艦娘のお墓って、例外なく何も埋まってないんだよな、と考えるとしんみりします。
飛行場姫さんが出てきましたね。彼女はたしか13秋イベのボス、ちょうど私が着任したときにやっていたのがそのイベントです。
今思えば、着任当時の出撃画面、右下にイベント海域のマークが出てたよなあと。当然、関係ないもんだと思っていましたが。
そして大和砲は火を噴くのか。あの出撃シーンは笑ったけど、艤装装着までやって欲しかったなー。
ながむつは最後まで出撃しないんだろうか。来週、鎮守府にも敵が押し寄せて二面作戦! という具合になったら熱いんですが。
提督? サイコガン構えて戻ってきてくれるさ!








f0071389_09242295.jpg
レベリングがてらの5-2にてボスドロ。
……こういうのは困るね(笑)。ホント、一人出ると二人目は容易なんだよなあ。
牧場が一瞬よぎりましたがやりません。飛龍はまだレベル30台だしね。

来週末には鳥海、そして来月は特型の誰かが改二……。うーん、駆逐艦は誰だろう?
どうも叢雲説が有力っぽいですね。あと初雪とか。
こういう、対象をぼかした告知は嫌がる人もいるみたいですが、私は面白いと思う。バクチみたいに誰か一人にしぼって育成してみるとか、楽しいじゃないですか。

「これはいよいよ漣一人にご主人さまが入れ込んで泊地が傾く状況ktkr!」

あーそうか特型ね……。初期艦殿、そんなに猛特訓したいの? 神通さんつけるよ?

「……と思ったけれど漣、田んぼの水位を見てこなきゃです! オサラバ!」

まあ候補の子たちはおおむね60に到達しているし、初春や綾波を優先したいから、集中育成はあんまり考えておりませぬ。
しかし予想……。うん、ここは朧ちゃんを推そう!
絆創膏が包帯になったりして(重傷じゃねーか







ーーーーーーーーーーーーーー
以前、志音さまから譲っていただいた書籍の中に『文章讀本』なる本が二冊ありまして、同じものかと思ったら、谷崎潤一郎と三島由紀夫、著者が違うのであります。
しばし迷ってからひとまず谷崎の方を読みましたが、非常に面白かった。
「文章に、実用と藝術の違いはない」
と、御大が述べているのは興味深いですね。谷崎が言ってこそ、という感じ。まあ私、谷崎作品ってほとんど読んだことがないんですけれども。
むずかしい言葉を使うな、あまりはっきり細かく書くな、などなど一々頷けるわけですが、何が一番すごいって、この内容をここまで読みやすく書けるものなんだなあということでして、はじめから終わりまですらすら読める。逆らわず頭に入る。解説にて「書かれて40年経っているけど基本的に内容に異論がない」と吉行淳之介が述べている、それからさらに40年ばかり経っている現代の読者もやはり異論は少ないんじゃないでしょうかねえ。
それはさておき、あんまりはっきりどこがどーだ誰がアレだと明瞭に書くべきでない代表的なジャンルって、「百合」ですよね(唐突
先日、もずる兄にお借りした「ユリイカ」にて今野センセイがマリみてを振り返り「百合、百合といわれたけどいまだにピンとこない」的なことを述べていたと思いますが、ピンぼけでなきゃいけないのが(ソフト)百合なのではあるまいか。
現代のサブカル方面に浸透する百合は、カレールーみたいに手軽でわかりやすいものが求められているように映りますが、本質的なものを志向するなら、余情を生み出す表現という教えは箴言であろうとも思えるです。
納得です谷崎先生(風評被害

[PR]
by sarok | 2015-03-21 10:02 | Trackback | Comments(4)

提督の決断・艦娘改変期

今さらですが、餅は無理でしたとご報告。
7つまでいきましたが時間切れ。やはり、10日ばかり出ない期間があったのが痛すぎましたね。
宣言どおり、メンテ後すみやかにその7つを消費。6つは資材と交換、ひとつは螺子と交換。資材分は燃料3600、ボーキ1200に転じました。
その足ですみやかに工廠へ。大型艦建造です。
……武蔵の建造確率UPなんていわれたらねえ。そりゃ回しちゃいますよ。
弾薬と鋼材はただマイナスになるだけですが、まあ余裕はあるしね。
レシピは4000 6000 6000 2000で20。

「そんなこと言いながら、どうして秘書がZ1なのさ」
「我ながら捻くれ者だとは思うよ」

最上さんに呆れられつつボタンを一押し。
安心、安定の4時間でありました。







f0071389_14112441.jpg
対潜装備で、主に1-5引率に精を出していたキソーが、キャプテンになりました。

「これでちったあ、姉さんたちに楽させてやれるかなあ」

しかし大北がそろって出撃するときはそっとしておくんだぞ木曾。
まあそんな機会、あんまりないけどね。
それはともかくカッコイイな! もちろんこうなるのは知ってたけど、なんというイケメンっぷり。


そういや今日はアニメの日か。
先日のてーとく会議にせよ、このブログにせよ、アニメについては好きなこと放言してきましたが。残りの話でも、それはやると思いますが。
でも、いよいよ大詰めのMi作戦。キャラに違和感をおぼえようがなんだろうが、あの子たちも艦娘、我が艦隊の子らの分身みたいなもん。全力で応援してやりたい気分が、ここ数日でにわかに強まっております。
……この前買ったED曲「吹雪」、これ聴いてるとそういう気分になるねん(笑)。静かなやさしい海がかの時代、どれだけ遠かったかと思うとね。
というかなあ。応援してはげまして送り出すってのはほとんど唯一の提督の仕事だというのに、あそこの提督は何を行方不明になっているのかと。
――がんばれ。当ててこい。お前らならやれる。無理すんな。無事に帰れ。
イベントや難海域に挑むとき、我々プレイヤーは脳内で――もちろん口に出す場合もありましょう――そういった声を、画面の前からかけているはずです。スタイルややり方はさまざまでしょうがね。
よくいわれるお祈りゲー……そう、祈るしかないわけで。祈れよアニメ提督! 死んだふりしてる場合か! と。そんなこともやらずにケッコンしたいとは片腹痛いのですよ。

「そうだね。じゃあ提督も、スクリーンの裏から出てこようね」
「ちょ、待ってください最上さん、心の準備が」

……いやしかし、結局あの白いドレスの吹雪はなんだったんだろう(笑
まあ、残り2話? なんとかかんとかいい感じになって欲しいナア。








当艦隊はまさに改変期。
ひな壇に芸人をならべて、割とどうでもいい内輪ネタを披露させる「スペシャル」番組が組まれる時期であります。

f0071389_14114101.jpg
「そうそう……この前はここもダブルひな壇やったしな。って何の話やねん」

キソーにつづいて龍驤ちゃんも改二に到達。
すっごく可愛い! やたらとお胸が強調(ある意味)される彼女ですけど、特筆すべきはこのダボっとした服装と、脚線の対比だと思うのよねえ。
彼女は、当艦隊のはじめての空母でした。龍驤ちゃんのあとも軽空母はなかなか出ず、航空戦力のやりくりにしばらく苦心した覚えがあります。そういう意味でも感無量。

艦娘をゲットした順番、しばらくはメモに残していたんですが、攻略情報が増えたのとゲーム内にソート機能があることに気づいて、まあいいかと消去してしまってました。
ひとまず、ウチの「はじめての〇〇」を列記すると、こんな感じ。

初戦艦 金剛
初航戦 山城
初正空 瑞鶴
初軽空 龍驤
初重巡 最上
初軽巡 那珂
初駆逐 漣
初潜  伊58

空母レシピ一発! のずいずい以外はことさら珍しい感じではありませんね。瑞鶴は、赤城さんより1ページ前にいるのには驚き。当時は有り難味、わからなかったけれど、結局それ以来ドロップとかしていないわけですしね。
軽巡初は神通さんかと思っていたけど那珂ちゃんだったんだなあ。ゴーヤちゃんが来てくれたときの喜びはいまだ覚えてますね。潜水艦、遠かったんだよなー。

[PR]
by sarok | 2015-03-18 15:13 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・春冷え

震災から4年かあ。早いような、そうでもないような。
去年のこの時期はもう少し暖かだった気がしますが、今年はまだ寒さが残っていますね。震災の年もそうだった気がします。節電しようと暖房を消して、厚着をして布団にくるまってそれでも寒かった思い出が。
私の震災体験など、加えてスーパーの食材がなくなって困ったことくらいですが、これが手書きの日記だとしても、なんだか毎年こうやって言及しておきたい気がします。あの揺れはなかなかに忘れられるものではありますまいが。





ところで今年は花粉がつらい。いきなりつらい。
去年は症状が軽く、街中に出るときにマスクをするくらいで済んだのですが、今年は家にいてもずっとマスクマンです。なんだろう、同じ花粉でも肉食系と草食系でもあるのかしらん。
春は出会いと別れの季節だけでいいじゃないのもう。

しかし菱餅とは出会えないというね(笑
あまりに3-3へ行き過ぎて、ついに長門さんの二人目も出ちゃいまして。
そして、続いてのボスドロはなんと彼女です。


f0071389_12133069.jpg
どうすんだ二人目。
とりあえずジュースどうぞ。

前の記事から、餅はほっぽちゃんから一つ、3-3で一つ。
計6つになりました。とはいえ明日までに残り4つは絶望的です。
一応最後まであがきますが……メンテ終えたらどうするかこの餅。何のアナウンスもなければ、全部資材に変えて大型艦建造でも回すか!
と思ったけど、燃料600ボーキ200ですしねえ。大型艦を回すにはバランスが悪いし、足りていない。
装備開発を少し豪勢にやろうかな。螺子にも代えておきたいところ。



餅探しに関連して、Lyths提督にコメントいただいた5-3潜水艦周回。これ、なかなかイイです。癖になりそう。
なにより気軽に出せる。一戦目で敗北する(ことが多い)のがネックですが、ボス前までは大きな被害もなく到達できるし、場合によっては輸送艦任務も捗ります。
まあ、ボスマスにはほぼ行きませんが……どちらにせよ、401のいないウチの場合、潜水艦6隻とはいえまるゆと、改にもなっていないゆーちゃんは戦力にはなりませんしね。
なによりレベリングになるところがいいですね。近頃、長時間遠征は香取さんの枠にとられているので、潜水艦は主に演習で勝ちを狙うしか仕事がなかったのです。あわよくばゲージも削れればというところですが。





昨日というか今日というかの、アニメ艦これ最新話。我が海域では少し画像が荒れておりました。初雪か綾波あたりがチラっと出たという声も聞きましたが、ちょっとわかんなかったなあ。
なんかこう、シリアス系統の話になると流れがぎこちなくなる印象が拭えないんですが……ひとまず如月ちゃんの名前が出て、妙に安心。正直このまま一切振り返られずに終わるのかと危ぶんでいたもので。
だってずっと名前すら出ないんだもん。如月は如月なのです。「ウ島攻略作戦の失敗」とかいう名前ではない。
睦月ちゃんがまた泣いてしまいましたが……。4話(以降)の艦隊での如月沈没の扱われ方と、轟沈の定義がよくわからないせいもあって、仲間の喪失は艦娘にとってうまく理解できないことであり、艦娘はそういう存在なのかもしれないと、少なくともアニメにおいてはそうなのかなーとも考えていたところだったので、なんか少しホッとした半面、逆に睦月が浮いて見えましたね。周囲のドライさがむしろ当然なのかもしれない。
しかし相変わらず妙なタイミングでゲーム内台詞を言わせるなあ(笑
前半の流れを引き継ぐなら、特訓する吹雪をあえて睦月は、内心の葛藤を押さえ込んで最初っから応援した方が流れとしては熱かったじゃなかろうか。
そして生死不明の謎提督は、ケッコンしたいがために吹雪を選んだ可能性が(笑)。最後に画面の前にいる「オレら」が映って終わったりするんじゃあるまいな、この展開。
さりげに第三水雷戦隊が復活していたのはよかった。もっとも次回はMiだから、これが見納めかのう。

最上さんは第六駆逐の保護者と化してましたが。アレ、台詞があれば面白かったんだけどねえ。声優さんが同じで5人の掛け合い。そりゃイケメンにもなるってものか。






ねんがんの(ry

f0071389_13141127.jpg
筑摩さんにわずかに遅れて鈴谷も改になりました。これにて航巡3隻!
熊野と、装備面で違いを出していきたいけれど難しいな。水上爆撃機を載せないなら普通に重巡になってしまうし……それでもいいけどね。実際、伊勢は瑞雲をおろして偵察機と徹甲弾で低速戦艦をやっているし。
日向師匠から瑞雲を取り上げる? そんなおそろしいことはできません。ガンダム中盤のアムロ・レイみたいに戦闘拒否するならまだしも、Z最終回のカミーユのごとき精神状態になってしまうかも……。

「提督。君は、二次創作に毒されすぎだ」

でも特別な瑞雲をくれるじゃないですかヤダー!

「そういえば、そろそろホワイトデーだな」

無茶いわんでください。

[PR]
by sarok | 2015-03-12 13:22 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・念願の二人目

菱餅集めに、旗艦にして出撃させまくっておりましたらば。
彼女の「改造」ボタンがついに点灯。






f0071389_07231356.jpg
ついに、2隻目の航空巡洋艦が誕生です。

「航巡になると、ああいうきわどいスカートになるのかな……。ボク、ちょっと今ならなくっていいかもって」
「いやいや最上さん、あんたの妹は違うでしょーよ」

鈴谷の方が先かと思っていたんですが、予想以上に菱餅マラソンが酷だったようで……。
三式を積んでほっぽちゃんを沈めるのが彼女の役割でしたが、ひとまずは別の重巡にそのバトンを渡そうと思います。
つーか、そのスリットはともかくとして美しいなあ。ブーツっぽい足元もカッコイイ。
なお、利根姉さんはまだLV62。筑摩はもちろん姉さんを先にと望んだわけですが、かつて終戦まで生き延びた利根は、妹にまずは花を持たせたいと譲った……と。ウチの泊地的にはそうなっとります。

「重巡のままでも、我輩は筑摩のやつには負けん」

そういうの嫌いじゃないぜ。




筑摩さんをはじめとして皆精一杯頑張っておりますが、餅は無理だなコリャ。
提督は諦めモードです。前記事からもひとつも出ていない。つまり三月に入ってこの一週間、北方へ繁く出動したものの収穫はゼロだったわけで。
ログインのたびほぼ毎回出向いているにも関わらず、3-5のゲージが半分残っている段階で、到達率と撤退率はお察しではありますがネ。
なまじ、ドロップのみが完遂の条件なために、ある意味イベントより面倒だなあ。
でもおかげで先週は、着任以来はじめて北方海域任務(ウィークリー)をクリアできましたけどねw




f0071389_07584641.jpg
入渠ドックの最後の一つを開放。4つになりました。
駆逐艦でも三時間とか、フツーに入浴するようになりましたしね。それにしばらくは母港の拡張も必要ないだろうしなあ。
瑞鶴と一緒に加賀さんが入っていないのは私の落ち度であります。大井っちも何か言いたげですが。






ところで。
この前、飛鷹を沈めかけた件にて、隼鷹におどさ……お詫びの意味でカウンターバーを設置したわけですが。



f0071389_08033884.jpg
もがみん、キミいける口やったんや!
これは意外、意外。

「ふふ、まあ、ボクだって重巡だしね。それほどでもあるよ」
「スケベスカートはいてくれる?」
「なんでそうなるのさ!」

セットでそろえるコインはなかった。
でもこれ面白いですね。一人前のレディーの後ろにそっと差し入れられるジュースとか。回線の影響かワンテンポ遅れるので、まるでコントのようであるw

[PR]
by sarok | 2015-03-08 08:20 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・爆撃系

べべべ別にアニメで最上にちょっと長い出番があったからってこんな朝早くから更新してるわけじゃないんだからね!



「提督のツンデレ、誰得」
「フフ……最上よ。先ほどのアニメで君が出てきたところで、私の真っ先に考えたことを当ててみたまえ」
「うん? なんだろ。飛行甲板がいい感じ、とか?」
「『衝突して、睦月や吹雪に迷惑かけるんじゃないぞ……』だ」
「ひっどーい! なにそれ!?」
「そうは言ってもだな。それぞれの艦娘の持ちネタを、二次かそうでないかに関わらず大げさに拾うのがアニメの方針だ。危惧するのもやむなしでっしゃろ」
「まあ、それはそうだけど」
「で、先日のヲ級ちゃんがさっそくオーラを放って戻ってきたわけだが」
「強そうだったね」
「正直、そこで観念した。『さらば最上……』と」
「何だよ、もう!」
「いやてっきり吹雪たちが襲われるかと思ったからさー。そうなると、一番沈みそうなのってあの三人だと君しかいないじゃん」
「……ぶっちゃけ、ボクもそう思った」
「だよね」


にしてもあの最上はなんだかイケメンすぎると思うんだな。もうちょいとろんとした印象なんだがなー。



タイトルどおり、夕立の改二がきましたね。
「仲間を傷つけられたことによる激しい怒り」とか「絶体絶命の危機に蘇る諦めない心」とか、なんかそういう原動力でぐいと物語を動かしつつ、という展開にならなかったのは、ひとつは吹雪と夕立の距離感によるものでしょーか。
そういうのは今後、吹雪のためにとっておくのかな。彼女の改造が控えているっぽいし。
話の流れはわかりやすかったけれどもしかし、せめて夕立の実戦をいれて欲しかったなー。吹雪にもそこで何か掴んでほしかったっぽい。


友人提督方におかれては、最上さんの出番により私提督勝利! と思われる向きもありましょうが、私に言わせれば今回もまた200%鴨提督回だと思う。川内よりも、瑞加賀よりも、はるかに鴨提督歓喜の要素がバリバリ盛り込まれていたじゃありませんか。
そう、執務室爆撃です。
「椅子が残っているだと……? フ、あの程度の爆撃で生死不明とは、アニメ提督もまだまだじゃのう」
今宵も廃墟の執務室で、そうやって不敵に笑っておられたであろう。包帯まみれで。
つーか、あれで仕舞いかアニメ提督(笑)。生きてるんだろうけど、ああいう展開にするなら、やっぱ顔出しキャラ固定しておくべきだったんじゃないかな。
んでもって深海棲艦の攻撃は、普通に町を(鎮守府ですが)ああして破壊しうるものとして描かれましたね。陸上施設を狙ってもくるんだなあ。
いつの間にか川内姉妹は泊地まで来てましたが、鎮守府には朝潮型・白露たち・鳳翔さんあたりは残っていたんじゃないかと推測しますが、まあヲ級改だし、しんどいですわな。
スピンオフ的に彼女らや間宮さんが、鎮守府を守ろうと奮戦する話とか見たいなあ。






f0071389_06430334.jpg

出ねーよ菱餅!
ということでダブルひな壇を設置し、機運を高める方向に。
およそ執務室を紹介するにふさわしくない方が秘書ですが、まあそこはそれ。

しかし、宇宙戦艦で親しんだ彼女を「大和ちゃん」呼ばわりする日がくるとは……。
長生きはするもんだ(何
すくすく育っております。菱餅集めの戦線でも活躍。3-5上ルートだと、手元のメモじゃ戦艦は「高速」と限定されているんですが、ながむつや彼女でも問題ないっぽい。
ただしほっぽちゃんにたどり着こうが3-3のボスに勝利しようが、餅は餅屋にいけとばかりに出てくれません。三月に入ってから一つも落ちないとは。なまじ4つ手元にあるから、諦めきれないんですよねえ……。


[PR]
by sarok | 2015-03-05 06:51 | 艦これ | Trackback | Comments(6)