四畳半東雲蚊帳の内

<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

提督の決断・艦隊の年越し

冬コミ二日目、当サークルにおいでくださった皆様、本当にありがとうございました。
体力的な問題から、私は根が生えたように椅子に沈んだまま、売り子どころかセルフ営業妨害のごとき有様でしたが、自分たちの創作を間近に手にとって反応いただけるというのは、とてもよい体験でありました。
マリみて時代の鎖六、という名前を覚えていてくださる方もいて、正直感動いたしました……が、艦これはあまりご存知ないようで、あの本、大丈夫だったのかしらん(汗
当日はあいにくの天気、入場には雨に降られて数十分待ちましたが、そういう疲れも忘れる瞬間、交歓というものは確かにありましたねえ。

サークルの面子はそれぞれ挨拶やら目的物の狩猟やらで入れ替わりつつ、今回の及第点と問題点を討議する流れに。
やはりコンセプトかカップリングがもうちょい明確な方がいいのではないか……的なことを話しているうち、今回のサークルカットが大北であったことが判明。
……大北要素が1ミリもねえ!(笑
さておき、とても愉快な時間でした。愉快なサークル面子ありがとう。それから黒胡椒さんにもお世話になりまして。たくさんお話ができてよかったです。






ということでもう年が替わりますねえ。あと二時間もない。
大晦日ぐらい艦隊も休ませてあげたいところですが、本日も遠征とか、それなりにこなしてもらっております。提督が割と通常営業だからねえ。
今年を振り返ると……艦これでしたね。
ええ、もう予想以上に艦これでした。他に言いようもない。
去年の年の瀬ももう提督やっていたけれど、まだ艦隊発足ひと月でしたしね。右も左も、というほどでなくても、よくわからないままアルペのイベントをやっていた覚えがあります。
そう、まだあの2-4をクリアしてもいなかった時期なんだなあ。
私個人としては、今までもっとも苦労したのはイベントではなく、やはり2-4突破なのです。ひと月くらい挑戦してたしね。攻略がうまくいかないときのペース配分もわかっていなかったし。
2-4をクリアしたあと、三川艦隊で突破してやるぜ、的なことを確か書いたはずですが、その目標はいまだにクリアしていません。けれどもわが愛しの第六戦隊は着実に成長しております。




f0071389_22442409.jpg
ある意味一年の、そして艦これを始めて以来の成長の証しともいえる勝利。
第六戦隊で2-5を突破する任務、終了です。

ま、むったんと加賀さんのおかげといえなくもないが(笑
先日書いていた第三十駆逐隊任務も無事成功、それぞれ家具職人を連れてきてくれました。
今月は実装以来はじめて3-5のゲージも削りきり、1-5、2-5とあわせて勲章をゲット。なかなかに満足できる戦果です。ドロップは、ともかく。


そういや前回、思わせぶりに大型艦建造がどーのと書いてますが、外れてますから! 榛名でしたから!
ちなみにそのときはZ3旗艦でのビスマルクレシピ。
しかしせっかくの年越し、あらためて溶鉱炉を開いてみることにしました。
今度はまた三日月ちゃんを旗艦にすえて、
4500 5500 7000 2500 20
の組み合わせで臨みます。
(この数字の羅列って、艦これやってなければ意味不明だなあ……)

4時間半ってなんだっけ?






f0071389_22443751.jpg
まあ、そうなるな。

wikiによれば、ボーキを3000以上にしなければ空母系をはじくことができる、とか。
飛龍を回避しつつ狙っていけるということかな?


おっともう23時。今年も残り一時間です。
よいお年を。ここをご覧の皆様の、新しい年の活躍と充実をば、自分勝手にそこはかとなく祈らせていただきます。
さて、今年は初詣をどうするか。






f0071389_22444618.jpg
ここでいいかもなあ(ゲス顔
一年のしめくくりがこの画像とは、中破の曙さんをのせた団長を批難する資格がありません。
つーかタイムリーに雪だるまが出現するんだもん(笑

ではまた、2015年にお会いしましょう。

[PR]
by sarok | 2014-12-31 23:10 | 艦これ | Trackback | Comments(0)

提督の決断・よいお年をっ

再度告知するよー的なことを言いながら結局直前になりましたが、明日の冬コミに参加するわけなのです。東Nー08b、です。
このスペース位置を暗記するくらいには、今回は渋をメインに告知をうち、宣伝的なものにも挑戦してみました。やはりオンリーとは規模が違うから、このままじゃ埋没するよね、という事前の認識のもと。
とはいえやはり埋没するでしょうが(笑)、試みとしてこの感じ、あわせて楽しむことができました。
新刊は、「怪獣」「マフラー」「甘ったれ」という三つのお題をおのおの消化して小説や漫画にするという、いわゆる三題噺の体裁となっております。既刊とともに、サークルメンバーの誰かがお出迎え!
……いや、私も行く予定ですがw 最初からは無理でしてどうも。
天気が悪そうで困ったものです。いるかどうかわかりませんが、ここを読んで初参加しようなんて方は、十分すぎるくらいに備えて行かれるとよろしいかと。ホンマ、コミケは体力自慢の若者のお祭りですからナー。




数日前にサイトを介してメールが届きましたが、全文文字化けして読めませんでした。なんかURLが見えたので、こうしてお知らせする意味はないかもしれませんが、もしもなんぞメッセージがあったならば、もう一度送るかコメント欄で連絡いただければ幸いです。


さてクリスマスもあっという間に終了。PC画面をケーキとチキンで囲んで「嫁との晩餐」をやろうかと思いましたが、なんか忙しくしているうちに過ぎてしまいました。
イブ? 「チキン」ラーメンは食ったぜ!
結局、ほっぽちゃんからのクリスマスプレゼントもなし。クリスマスボイスは楽しかったけれど、特にドロップもなし……。
と思っていたら、まさかの2-3で虹背景。

「ついに来たかっ!?」

と思ったら一航戦の誇りさん。いやあ吃驚した。
ホンネを言えば飛龍、2-3で引きたいんですよねー。たぶん確率は相当低いんだろうけど、こんだけ通っているから海域自体に妙なこだわりがあるw

正月……というか年末のボイスが入れ替わりに実装されましたね。新家具もほしいけど、第六戦隊が任務を成功させないと家具職人が来ない(笑
大型艦建造にもまた挑戦していますが、その結果ともども次の記事あたりで。年内になるかは微妙ですが……。
だがしかしこれだけは言わせてくれたまえ。


クソ提督でよかった……!
f0071389_16024991.jpg


[PR]
by sarok | 2014-12-28 16:04 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・きっと君は来ない

週末は忘年会に先立ち、弥生美術館にて高荷義之展を観賞。ミリタリー系のボックスアートで有名な方ですが、展示を見ていると存外に少年時代の己が視界に入っていたものが多くて親しみを覚えました。ザブングルとかそうやったんや……。
卓抜した才能はもちろんですけれど、憧れた絵師に学生時代から手紙を送り続けて弟子入り、そのままその道を歩み始めて今にいたるという生き様のひたむきさが鮮やかですね。
ひるがえって、適当に首を突っ込んではどれも形を成さず、道どころか点らしきものを徒に窪ませるだけのわが人生たるや。

「そもそも比べてはいけません」
「もがみん、せめて君とひたむきに仲良くすることを誓うよ」
「何年か前はここでも『蓉子さまはおれの嫁』とか言ってたじゃないか」
「その種のツッコミならば、ふふふ、オタなら皆覚悟しているものさ」
「へえ?」
「覚悟しているだけだがね! ごめんなさい!」

忘年会楽しかったです。皆様ありがとう。





先日のアプデで期間限定実装されたはずのクリスマスプレゼントですが、わたくし未だにひとっつも獲得できておりません。独りきりのクリスマスイブ、サイレントナイト~はいつものことながら、これは少々寂しいじゃありませんか。
しかし考えようによっては、おかげでウチの泊地の北方海域では、プレゼントを強奪されないほっぽちゃんが棲艦たちと楽しくパーティーできているのかもしれない。


  ∧∧
  ( ・ω・)
 _| ⊃/(___
/ ヽ_(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 <⌒/ヽ-、__
/<_/____/


「おれはそういうことに幸せを感じるんだ」

いやまあ、実際あんまりにも出ないからその存在を忘れていたくらいだからねえ。クリスマスボイスを聞くと思い出します。それにしても、クリスマスっぽい卵焼きってなんなのよ瑞鳳ちゃん。




クリスマスプレゼントならぬ、海域での未ドロップ艦もかなり少なくなってきました。艦隊の充実の証しではありますが、「出るかも?」というトキメキは出撃のモチベを保つ意味で、彼女らはいないことで役割を果たしているともいえます。
そうは言っても欲しいものは欲しい。本日も提督の飽くなき物欲の傍らに、まだ見ぬ姉妹や友人を水平線の彼方に思い浮かべる娘たちがおります。ご紹介しましょう。


f0071389_08385169.jpg
「別に、寂しくなんてないんだから!」
「また衝突するかもって警戒されてるのかなあ……」
「もう。いつまで私を待たせる気なのかしら」
「あの、どうして私なのでしょう……」
「……ああ、そうだな。いずれ会いたいものだ」
「もー。これじゃ私、先に改二になっちゃうよ?」

答えあわせ(笑)をすると、

天津風……姉妹艦でもいいんですがなんとなく島風。3-5ボスドロでしたっけねえ。
三隈……くまりんこはなかなか強敵のようです。4-3か5-2。
鈴谷……たのむぜすずやん。いい加減きてくれ……2-5、5-3および5-4。
初風……イベントでとらない限り、3-4ボスという鬼畜設定は変わらず。妙高さんをここで置くのは逆効果な気もしないでもないw
酒匂……まあ彼女は当分ね。確か6-2のはずだし。姉妹は今のところ誰もいないので、縁の深い長門さん。ある意味姉妹以上の関係ですし。
飛龍……言わずと知れたわが艦隊の至上目的の一人。南雲機動部隊、いつになっても結成できません。


ちょっと確かめてみると、初風は5-5でも出るってさ! これで確率がグンと上がるよ!(血涙
せっかく艦隊を結成したので記念にこの6人で出撃することにしましたが、当然ながら全員がドロップするような海域など存在しません。協議の結果、今回は沖ノ島沖に出ることに。
「寄せ集め艦隊最高!」(長波談)の割には健闘したものの、ボス手前にてヲ級改に追い返されました。

「また頑張ろうね!」

握手して別れる面々。なんつーか、真剣婚活パーティーみたいだな、と感じたことは提督の胸にしまっておくべきであろう。



だいたい5-5だの6-2だの言ったところで、ようやくにして5-2のゲージを削り始めたところですからねえ。イベントやらマンスリーのEO海域攻略に手こずっていると、結局後回しになってしまいます。
そんな中、すっかり放置していた出撃系の任務にも着手。ことに面倒そうなのが残っていました。



f0071389_08390381.jpg
いわゆるひとつの第三十駆逐隊任務。
この4人で1-5を突破せねばなりません。
駆逐4人だとルート固定できないんだよなぁ……。
このタービンは睦月ちゃんが一年近く装備しているもの。なんかもう固定。

とりあえず挑戦したものの、ボスで判定敗北。
残り一週間あまりの年内に突破できるかどーか。
上の未所持艦リストが減るかどうかも含め、注目であります(他人事みたいに

[PR]
by sarok | 2014-12-23 09:43 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・M計画

自分、告知するであります。
サークル「慢心創痍」、冬コミに出るのであります。
着弾地点は東地区Nブロック08b、であります。
おっとこっちが先か、12月29日であります。
新刊も既刊もあるんだよ、であります。


ま、その内容とかはまた追々。
一年で三冊もの薄い本作成に関わらせていただくことになろうとは。
そういう意味ではまこと充実した一年であったと思いますねぇ。原稿の期間はつねにイベントと重なり、毎度何かを試されているような気分になりましたが、友人提督方の存在あってここまで来れたと確信する所存です。一人じゃたぶん、何も成しておりますまい。
つーか最初の本が6月だったから、実質半年強で三冊か。いやあよくやったね。
己にまだそんな情熱があったとは、であります。まー振り返ってもここぞと情熱をたぎらせ何かを達成した若き日など思い当たりませんので、むしろ今がピークなのやもしれませんが。






さて。
ルーチン化するかどうかはともかく、ひとまずは記念の大型艦建造に臨むわが泊地なのです。
名づけて「M計画」。武蔵(大和型)建造を目的とするためですが、Mはもうひとつ、彼女の頭文字でもあります。



f0071389_10413430.jpg
この建造計画の秘書艦は、三日月ちゃん、君が固定だ!
理由のほどは、今回の新刊を読んでね(露骨

「どこ触ってるんですか、もう!」

選択していきなりそう言われる。ひょっとすると私、(ロリコンだと)狙われてる?
これじゃ満足に提督業ができない!(明石




f0071389_10415165.jpg
レシピは……今回は、なんか手元のメモにあったこの配分で。
大和型の報告が多かった気がする。豪快な消費ですが、まあ大和レシピなんてこれから鋼材だの弾薬だのを1000増やすか減らすか、ですから大差なし。
要は覚悟だけです。ヒャッハー!






f0071389_10420638.jpg
ヒャッハー!

そうそう一度で出てくれるワケはない。気長にいきましょう。
二度目はまた、資材が回復してから。



そういえば新春からアニメがスタートするわけですが、何曜日なのかはともかく、ウチMXが映らない(汗
昔は映ってた気がするんだがなあ……。
録画環境もないから、放送曜日によってはどっちにしても無理なんですが。
んーむ。吹雪ちゃんの活躍は円盤待ちとなろうか……。

[PR]
by sarok | 2014-12-18 11:09 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・七面鳥は禁句

ようやっと原稿の方はひと段落。
いずれまたその辺はここにも載せますが。




f0071389_21590772.jpg
「なんつーかこの内装だと、『入渠』のボタンがちょうど風呂の中に表示されるのな」
「まあ、ここで湯治としゃれ込む艦娘もいないだろうけどね」
「もがみん、遠慮はいらんで?」
「ボク、最近出撃できてないんだけど。……って、提督! マックスが着任してるよ!」
「うぉ、マジか! 何時の間に!」

「……ふーん……」


わざとらしい(笑
そんなわけで、レーベ君の数ヶ月にわたる努力と根性がようやく実を結びました。
いやあ長かった。レア駆逐建造はデイリー一回ずつと決めていたから、そこまで試行したわけでもないけれど、にしてももうちょい早く出ると思っていたからなあ。
24分と表示されてやった! と思ってると「しれぇ!」ちゃんだったりね。
オイゲンを加えてドイツっ子も3人。もう寂しくないね。
「ガタッ」
8っちゃんは座ってなさい。

そういえばシュトーレンがスーパーにも売ってたなあ。クロワッサンくらいの大きさで賞味期限が一ヶ月、千カロリー(笑
まあちょっとずつ食べるものなんでしょうけど。どういう層がスーパーでこれ、買うのかね。





f0071389_22245044.jpg
やはり貼っておかねばなりません。
初期艦殿、ご乱心である。

「湯船に浸かって、お盆にのせたホールケーキに齧り付くご主人様の新たな趣向キタコレ!」

やめろっ妙なもの風呂に浮かべるなッ。
クリスマスボイスの大量追加には笑った。そしてすぐさま古鷹を突っつきにいった私に隙はなかった。
第七駆逐全員、ことに朧ちゃんにもちゃんとあったのはよかったですねえ。
そして七面鳥を焼いて怒られる(っぽい)秋月がかわいい。瑞鶴許してあげて!

しかし帝国海軍の軍艦たちがクリスマス……。
台詞を聞いていると、クリスマス? なにそれ美味しいの派と、クリスマス? 知ってるよ当たり前じゃん楽しいよねー派と、すっぱり二分しておりますな。
露骨にプレゼントをねだる子も。かわいいぞ深雪。
うん、知らない子は知ってる子に教わって楽しむがよいぞ。
提督に聞かれても、クリスマスに思い出も思い入れもさほど……ゲフンゲフン。
けれどもこの時勢には抗えず、提督はまた模様替えを決意するのです。



f0071389_22524430.jpg
主に部屋がうるさい。
一番、ケバケバしい調度で統一してみました。これはキツイ。

「オーウ、紅茶とシャンパンを両方出されたら、どっちを飲むべきか困りマース」

金剛さん気にすべきはそこやない。





f0071389_22590510.jpg
改造可能のレベル25どころか、30に届こうとしていたあきつさんを改に。
秋イベ駆逐たちの改修がある程度進んだため、ようやく彼女にも手がまわったわけであります。

「最近、この艦隊の色に染まっているようで……反省」
『ふははは! あきつ丸よ、貴様もついに悪の心に目覚めたというわけだな!』

まあ手袋に五芒星を描いて東京を滅ぼしそうな見た目ではありますが。
今のところ、艦隊でどう使うか模索中。んでもってイベントで「烈風拳」をやってもらうためにも、烈風のさらなる増産が必要です。三部隊いる紫電改が全部現役バリバリであることからも、わが艦隊にまだまだ烈風が足りていないのは分かっていただけるかと。

[PR]
by sarok | 2014-12-15 23:18 | 艦これ | Trackback | Comments(0)

提督の決断・冷静と情熱の間で

俺、今の原稿が上がったら大型艦建造で大和レシピを回すんだ……。
ダメなフラグを立てたところでフォームメールにレス。


或忍さん
月刊ユリイカの12月号(百合特集)を買ったのだけど

なにゆえその話題を拙僧に……と思ったけれど百合だからか。百合だからか。
お久しぶりです。
ユリイカって、ずいぶん前にウィルス特集のときに買ったなあ。概念としてのウィルスって考えてみると面白いんだけど、研究者さんの対談のところとかまったくチンプンカンプンでしたわw
サブカル方面まで広くテーマにして考えのたたき台みたいなのをつくってくれるから、なんか書店で見かけるたびに惹かれます。なかなか購入はしませんが。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

さて冒頭のフラグはともかく。大型艦建造大和レシピは、備蓄を睨みつつ、ぼちぼち狙っていこうかなと思っている所存。
理由として、

・大和型が海域ドロップ落ちする可能性があんまり考えられない
・ウチの育成スピードからして、後回しにしすぎると活躍させられずに終わってしまいかねないから
・長門がゲットできたから
・今回書いたSSが武蔵さんの話だったから(?

最後はともかくとして、列挙するとこうなります。ことに二つ目と三つ目の理由が大きいですかね。艦これがいつまで続くかはともかく、温存策で出番なしでは史実通りでなんか申し訳ないのです。
長門、それから翔鶴を海域で拾えたのも大きな理由です。できれば飛龍、それから鈴谷、三隈あたりも出てからにしたいところですがね……。大型の「はずれ」で出してしまうのは、ちょっと気が進まないので。ただしこの辺はいつになるやらわからない。
まあそうはいっても狙ったから当たるわけでなし、またレシピを回すのもほんの時々、話題作り程度にということですから、実際ウチに大和型がくるのがいつになるやら、といったところですが。
日ごろの建造任務もねえ。飛龍が出ていればホントは空母レシピを混ぜたい。改修で対空を上げていくという目的のために。



原稿というか、裏表紙の絵をやってる最中なのですが、なんかブログを更新したくなるから困ったものだ(笑)。ウチのスペックだと絵をやる間は他に何もできなくなるから逃避しているのと、先月はイベントあわせで三日に一度のペースで更新していたから、その名残りですかねえ。
そして話題のためとクリスマスの飾りつけを求めて、私提督は家具屋に赴いたわけであります。





f0071389_10535808.jpg
どうしてこうなった。

「て、提督……。ツリーが来る、って駆逐艦の子たちが楽しみにしていたのに」
ギクギクッ!
「い、いやその。風呂と雪原の組み合わせを試してみたかったのさ。ツリーはほら、去年のがあるから……」
「雪原というより氷原だよねえ、この感じ」
「う、うむ」
「あの、ヨーロッパのどこかの風習をやるんでしょ、提督が。お風呂に入って温まったら、雪の中にダイブするやつ」
「いやあれはサウナだし。この床はどうせ見た目だけ……冷たっ!?」
「やるんでしょ、提督」
「い、いやその。心臓の準備が」
「提督」
「……もがみん怒ってる?」
「ボクも、新しいツリー楽しみだったのにさ!」


スノーローリングとかいうらしい。お国はフィンランドらしい。
そのまま右にツリーを置くと寒々しいので暖炉にしましたが、これはこれでシュール。
雪原は砂浜同様、変化ギミックつきの床でして、兎のほかにかまくらが出現したりします。でももうちょいふかふかな感じにして欲しかったナア。
ま、しかしここがブルネイであることを思えば、雪なんてむしろ貴重かも。それとも高地があるのかな?

[PR]
by sarok | 2014-12-11 11:13 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・もうひとつの

なんだか、あっという間の年末という感じですね。一年もあっという間だけど、この11、12月は特に時間の進むのが早いような。
はやぶさ2打ち上げとか北斗星廃止とか、気になるニュースは目の端で瞬いておるのですが。






f0071389_17223992.jpg
銀髪の艦隊!

などとやってるバヤイでもない。原稿ががが。
なんとなくそろえてみたけどしかし、駆逐率高いな。
他にも何人か銀っぽい子がいますけど、重巡以上の大型艦娘にはあんまり、突飛な髪色の子はいないような気も。
しかし今後のイベントで、「赤系の髪の子二隻でルート固定」とかよもやあるまいな。さすがの解析班も苦労すると思うぞ(笑


この画像で野分のレベルが20になっていますが、これはほぼすべて3-3、アルフォンシーノで上げたものです。
つまりは、舞風探し。演習とかにもほとんど出していないので、彼女はただその目的のためだけでここまで向上してきたことになります。
まあイベント以降、集中的にプレイすることはなく、ほとんどが最低限のデイリーと遠征の出し直し、「あ号」任務達成など夢のまた夢(笑)という状態でしたから、3-3への出撃も周回といえる回数ではありません。でも旗艦経験値は高いから、それでもホイホイ上がってきたわけです。
記憶にあるかぎり野分の大破で撤退はなし。旗艦ガードがあるとはいえ、これは立派なものです。この頑張りに応えてやってほしい……と、いかにも寒そうな海域を眺めておりました私提督。


ええ、正直、そんなにプレイすんのかという問題はさておき、野分がレベル99になるまで、3-3をはじめとした舞風をドロップする海域に送り込み続ける覚悟に曇りはなかったのであります。
ありますが。





f0071389_17411743.jpg
物欲……あったんだけどなァ。
3-3-1でドロップ。なんか、表示されるときにすんごく予感がしたw
これ来たんじゃね? 的な。

うん、よかったよかった。よくやった野分。
むしろ舞風のために拾いたかったような。ドロップ後にケッコン台詞、ちょっと見ちゃったんですが、何これせつない。それ以前から史実は読んでいたから、なかなか壮絶な過去のある子だとは知ってたけどさ。
これにて野分の挑戦は終了。あとはまあ、陽炎お姉ちゃんたちにたっぷり可愛がられつつ、「普通に」やっていこうぜ、という感じ。
次の目標があるとしたら、3-4に蒼龍を派遣しての相方探しかなあ……。3-3以上にメンドクサイ海域だから、やるとしてもたまに、でしょうがネ。


この舞風の着任で、私の秋イベが完全に終了したような実感があります。もう一度、もうひとつのイベントクリアということで、どうかひとつ。

[PR]
by sarok | 2014-12-06 17:54 | Trackback | Comments(2)

提督の決断・古鷹

アプデがありまして。「渾作戦」終了したわけでありまして。




f0071389_19194468.jpg
ニンジャ!

「うー……」
『ふははは! どうしたセンダイ=サン、夜なのに不機嫌とは珍しいじゃないか』
「……」
『い、いや、イベントでその力を発揮させてやれなかったのは悪かったと思ってるぞ?』
「……そうじゃない」
『あ、いい加減なインテリアがお気に召しませんか? いや、まだ職人をどう使うか決めてないからね、とりあえずね』
「……じゃなくて! 提督!」
『な、なんでしょうか!』
「どーして、同じ改二昇格なのに、こんなに扱いが違うのよ! 古鷹と!」



ええ、まあ今回の記事のメインは後半、古鷹改二についてですので……。
時期が被ってすまんのう川内。
一応、川内改二はイベント中に間に合ってはいたのです。攻略後の「思い出出撃」に一度だけ第二艦隊旗艦として出ました。まあ、改修も進んでないし本格的に戦力に加わるのはこれからでしょう。今回のイベントで、じわり存在感を発揮し始めましたからね、改二勢。時雨、夕立、五十鈴……ハイパーズは言わずもがな。



「思い出出撃」として最後、E-1~4まで一度ずつ出ていったわけですが、E-3以外はA勝利、4にいたっては空母姫に追い返されて水鬼ちゃんに会えず。ドロップも特筆すべきものはなし。
けれども、やはり一度はやるべきかと、彼女を送り込んでみました。



f0071389_19380247.jpg
はるちゃんわるちゃんの戦い。
駆逐棲姫ちゃん、お疲れさまでした。いずれまたタノシイウミで会おう。


「提督はさ、深海の連中のことが好きだよね」
「ウム。まあ悪の教授だからな。本来向こう側にいてもおかしくない」
「深海提督かあ」
「最上よ。お前がいなければ、私はあちらにつくことを選んでいただろう……」
「入れ歯が浮くよ」
「まだ入れとらんわ! ……いや実はね、提督になるにあたり、向こうとこっち、両方に履歴書を送ったのよ」
「ええ!? それでどうなったのさ」
「こちらの提督には無事内定。一方深海側では、職歴の空白期間が問題にされてな……」
「あー……」
「資格の欄に『教授』と書いたのもマズかった」
「馬鹿だなあ」
「つまりは深海提督の方が狭き門なわけよ」
「……それ、なんだか複雑だなあ」



いやコントはどうでもいいんですが。改めまして、イベントお疲れデース。
楽しかったな~。クリアできたからというのもありますが、なんか全般肌にあう感じだったなあ。
どこかの書き込みで見ましたが、この難易度で二週、そして週末を三回入れるというバランスもよかったのでは、という意見、同意です。
さてここで、イベントにて出会った娘たちを思い出しつつ、一言ずつ感想を述べてみたいと思います。


秋月…かわいいしスタイルもいいのにやたら気になるのは連装砲ちゃん。でも、彼女とその装備が今回のイベントの方向性を決めてますよね。
あきつ丸…「敵艦が見えるのであります」と戦闘でいわれるたびに、頭の中で「みえ~る~」とキカイダー01の主題歌が流れるのは私だけではあるまい。
清霜…妹系かわいいぞ、と。さりげなくお姉様呼びなのもポイント。
時津風…団長のところでドロップ率をみて背筋が冷えました。よく引いたもんだ。マイペース可愛い。無理な作戦はアカン。
オイゲン公…なんかえらく強いです。最初そばかす娘かと思った。ドイツっ子というよりテンガロンハットで馬に跨ってそうなイメージなんだよなあ。
翔鶴…あなたの随伴艦になりたい。とかなんとか遠まわしなプロポーズをしても絶対通じないタイプだと思う。
朝雲…この子を突っついてると、放課後に教卓にまとわりついてくる人懐こい生徒の相手をしている先生みたいな気分になる。教師になったことないけど。
谷風…最初声にビックリ。次に中破絵にビックリ。しかし立ち絵で背中の艤装を観察させてくれる子でもあります。
野分…のわき、って名前大好き。野を分ける風とはニホンジン風流デスネー。改以降の時報ではかなり舞風とからむ様子、がんばって探してきてもらおう。


どこが一言やねん。


重巡ネ級…ネコっぽくてかわいいけど太ももセクシー。今後手強い相手になりそう。
駆逐棲姫…わるさめちゃん。帽子をとりあげて「何やってんだ帰るぞ」とイケメン声できめてみたい系棲艦No.1。
戦艦棲姫…別に今回がはじめてではないですが、私ははじめてでした。E-3彼女よりもルートに苦労した印象。
空母棲姫…別に今回が(ry 今回最強の壁だったなあ。長門でも一発大破させてくる火力は脅威でした。たぶんまた会うんでしょうな。
空母水鬼…進みたいのです。足の艤装ダイスキ。他の誰より姫っぽいのに鬼とはこれいかに。



つまりは秋イベ、堪能したということなのです。

というわけでここで折り畳んで、本日のアプデの目玉、我らが古鷹ちゃんの雄姿にニヤニヤしようと思います。同好の士はお付き合いください。


大天使
[PR]
by sarok | 2014-12-01 21:23 | Trackback | Comments(6)