四畳半東雲蚊帳の内

<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

提督の決断・AL/MI作戦終了

タイトルに偽りありですが。E-3止まりやったやん、ウチの艦隊。
いや、いいのです。艦これイベントはリアル都合や艦隊状況にあわせ、各々自前の目標をたてるべきもの。
少なくとも私はそう思っております。
が、しかしそうは言っても、やっぱりねえ。





『ふははは! 赤城よ、Mi作戦ご苦労である! ご苦労様でした! ……てかほんとスミマセン提督が不甲斐ないばかりに前哨戦で終わってしまって心中お察しするに余りあるところでありましてえーと』

「ふぁたすのことよりょ、ひろーにあふぇぬかったこたが」
『口の中のもの飲み込んでから話して。つーか何食ってんだ』

ごっくん。


「餃子です」
『いやそっちじゃなくて』
「私のことより、飛龍に会えなかったことが残念ですね」
『まあそれだな。この海域ならと思ったのだが……』



「てーとく、イベントも終わったし、そろそろ都々逸にいきたいでち」
『そんな国はありません』
「ほっぽちゃん ああほっぽちゃん ほっぽちゃん」
「ど、どうしたのさ、日向」
「……最上、これぞ心の詩だ」
「司令官、青葉見ちゃいました! 今回の最大のウリは、二艦隊同時出撃です!」
『古い古い。いつ情報よ(お前第二艦隊で記者やってたじゃん』
「えっ……」ぽろり。
「ああっ! 泣かないで青葉。もうメンタル弱いんだからー」
「ふるたかぁ……」
「ところで、私のご飯はまだでしょうか」
「「「二人目の赤城!」」」


君は普通の女の子にもどりなさい。
……


こんなイベント総括(?
あらためて当艦隊、E-3、Mi方面1面を突破して今イベント終了です。
いろいろと時間がなかったので、クリア後一回だけE-3へ出かけたのみ。その際は削りきれずA勝利でした。
あれこれ物議もかもした今回の夏イベですが、私は楽しかったなあ。
難易度的に最初が「狭き門」だったのは、それが毎度にならない限りは、今回の特色として記憶に留まりそうだなあ、と。
「誰でも」クリアできるようなイベントは正直望みませんしね。
ただし編成しばりの上、Al、Mi、E-6と三作戦で艦艇が使いまわせない中、情報が出揃わないうちに吶喊して「人柱」になってくれた提督方には、別格の難易度であったものと、その苦労に感謝したいところです。たとえ同じ艦娘をどちらも高レベルにしているとか、数十人とケッコンしているとか、そういう余裕のある提督さんであったとしてもね。
連合艦隊は……面白かったけど、さらに爽快感があってもよかったかなあ。細かいところを修正して、そのうち通常海域でも登場しそうなシステムですよね。期待。
んでもって、今回もまた熱いレポ、参考になる攻略情報、愉快なネタ(何)でもって肩をならべて戦ってくださった友人提督方、ありがとうございます。





f0071389_02084753.jpg
新しいちゃぶ台だと!? イベントで手に入れた職人を早速消費するしかないじゃないか。
ちゃぶ台が、というよりメシが新しいだけですが。「提督」座布団が凛々しい。
んでもってちゃんと差し向かいで秘書艦席が設けられているっ。
由緒正しき古参鎮守府、「よこちん」を称える掛け軸を前に。
ところで陸奥さん。言いたいことがあるのでしょう。



「……出番、なかったんだけど」
うっ。
「消費が大きいからって、支援にも入れてくれなかったわね」
いやその、それは。
「帝国海軍伝統の温存策、ってやつかしらぁ?」
い、E-6がですね……。
「あら、行く気なんてあったの? 一ミリでも」
……(五体投地


ちょいと可哀想でした、今回の陸奥さん。
秋刀魚でも食おうぜ。今年は高いし。
どうでもいいですが、このちゃぶ台を置くとBGMが変わります。若干秋っぽい。


[PR]
by sarok | 2014-08-30 02:52 | 艦これ | Trackback | Comments(10)

提督の決断・大洋はるか

重い、重いぜ連合艦隊!
毎度選択するたびの赤城さんの台詞も重ければ、燃料ボーキの消費も重い、ついでにPCにかかる負担も重い。
一回のログインで基本、一度しか出してないですからねえ。……おかげでバケツは減りませんが、いまだE-3のさ中におります。

やはり、イベントということで全力を出し切るべきだと、手持ちの烈風隊をすべて(7スロ)投入することにし、千代田航の持っていた烈風を紫電改と交換。本当は紫電改を使いたいんですが、言われているとおり対空値1の差がけっこうある感じなんですよねえ。
その後、ある程度安定してS勝利がとれるようになった感じ。ボーキの消費も上ルートなら700~で、下なら600~ぐらいまで減りました。
ただし出撃後、補充前の数字を調べると、彗星一二甲がごっそり、スロによっては1、2機まで減っていたりします。艦攻の方が被害が大きいという通説ですが、ウチはなぜか圧倒的に艦爆に被撃墜が集中している感じ。まあ一度調べただけだから正確ともいえませんが、妖精さんの間では棺桶扱いされているに違いない。



といったところで、ひとまずこちらを御覧にいれたい。





f0071389_17512899.jpg
まさかの捕鯨成功。たぶんゲージを、5回か6回削ったところで。
ちゃぶ台にハンガーラックがこんなに似合う艦娘は他にはおるめえ。さすがは鳳翔さんのライバル(何の
甘ったるい喋りなんですねえ。はちみつかジャムを耳から突っ込まれているかのようだw

ドロップするとは聞いてましたが……。いわゆるレア掘りではなく攻略中に出てくれたのはありがたいところですね。
ありがたい話なんですがしかし、こんなに収穫の多いイベントになるとは思っていなかった。直前に母港拡張したのに、なんかまた手狭になってきたじゃないの。
育成も大変だなあこりゃ。


その育成ですが、イベント終了ののちはちょっと捻ろうかと。
新入り以外はおおむね50を超えてきたということで、そろそろ変化をつけたい。
今考えているのは、週の頭にでも一隻、ランダムに選抜し、一週間は何をするにもその娘を旗艦にして育成する、というもの。
ま、日替わりでもいいですが、実際ためしてみて考えようかと。どうやってサイコロを振るのかも考えてないしね。



話はもどってE-3ですが。
ここまで一番のレアドロはホロ背景。ミッドウェーですから予想がつくと思われますが、そう、赤城さんです。
ドロップは都市伝説じゃなかったんだなあ……という感じ。
直近の攻略でも赤城さんは大活躍。金剛型の二人が攻撃を外しまくる中、ボス昼戦にて一人で2隻きっちり沈めておりました。戦艦の攻撃が空振りしがちなのは、なんか仕様のような気もしますけれども。




f0071389_17514360.jpg
そこでこの方も来てくれました。

要は、常日頃のノンビリ艦隊運営にて獲り損ねていた艦娘たちを、イベント恩赦(?)のおこぼれにてあずかっているだけなのでしょうが。
人見知りの提督、新顔ラッシュに日々緊張して秘書艦の背中に隠れる毎日であります。


「提督、挨拶ぐらい自分でしなよ」
「そ、そんな殺生な。ついていてくれよもがみん」
「ボクだって忙しいの。他所の提督さんのところに嫌がらせでドロップする仕事でね」
「妙なヘイトを稼ぐんじゃありません」



[PR]
by sarok | 2014-08-25 18:37 | 艦これ | Trackback | Comments(8)

提督の決断・聯合艦隊

ゴメンねほっぽちゃん。




f0071389_09534618.jpg
と、いうことで作戦Al、完遂いたしました。
支援を二つ送りはじめてから撤退が続くと厳しいな、と危ぶんでいましたが、挑戦二度目にしてクリア。北方ちゃん最終形態は一度で倒しきることができました。
わかってはいたが少しもの悲しいぜ。
深海の者たちが怨念の実体化したものなら、それは人間が引き受けるべきものだよなあ、とか。
窓からじっと海を見てしまうのです。





けれども、これでやっとMiの門がひらかれたわけであります!
もはや残り日数もなく、艦隊の練度や提督のリアルを鑑みるとMi作戦全体の完遂も厳しいでしょうから、このE-3はもう最初から情報を集めてのぞみます。

ふむふむ。空母主体といえど、意外と編成に自由度はあるのね。正規空母三隻、そういうのもあるのか。
主流は高速戦艦二隻……低速でもルートが偏るがいける、みたいな?
よし、それじゃこの大和型戦艦をください。
「すみませんお客さん、それ大型艦建造からなんですよ」
がーんだな……船首をくじかれた。
店主をアームロックしている場合ではありません。いろいろ考えた末、以下の編成で挑むことに。


 〇第一艦隊
  赤城改62(最大スロ烈風、彩雲)
  加賀改61(同)
  蒼龍改57(同)
  瑞鶴改62(烈風改、烈風、艦爆)
  金剛改57(46、15.5副、電探)
  榛名改58(41、副、電探、零偵)

正規空母がそもそも4隻しかいないし、E-6は無理、出し惜しみしていても仕方がないので全員投入。
烈風改はAlで龍驤さんが使役し大いに戦果をあげてくれたもの。

「これ、返すわ。あとは頼むで」
「う、うん」
「どうかしたん?」
「先輩が使った方がいいって言ってるんだけど……」
「ああ、加賀な。アカンて。ありゃ頑固者や」
「でも……」
「瑞鶴。五航戦の誇りを見せたれや。加賀もきっと、そう望んどるんや」

そんなやりとりがあったような。



 〇第二艦隊
  球磨改49(主2、零観)
  吹雪改49(酸素魚雷2、電探)
  漣改49(主2、電探)
  青葉改50(主、副、電探、零観)
  利根改52(主2、零観)
  千代田甲53(瑞雲、甲標的)

第一、第二とも攻略中の現在のレベルです。
タッグを組むのはこういうメンツ。やはり利根さんは外せません。存分にカタパルトを酷使してもらいましょう。
艦隊最古参、初期艦漣が精神的支柱。主人公さんにも頑張ってもらおう。
従軍記者青葉に、残り一隻の自由枠には満を持して水上機母艦!
先制雷撃は雷巡だけの十八番じゃねえ、目にもの見せてやれ千代田! すっごく回避が不安だけどな!


そんなわけで一回目出撃。
突破!
ドロップは巻雲。

……っていうほどアッサリでもないんですが、まあ戦闘時の「引き」がよかった感。
しかし話には聞いてましたが、ボーキの消費たるや。
下4ケタが、

 7644→6514 

差し引き1130!? 団長や鴨提督のレポでもそこまでではなかった気が……。
調べてみると、推奨艦載のバランスでは「烈風8」スロットとあります。上記のウチの編成ではわずか5スロ。そりゃ被害も出るわ。
軽空母から烈風を借用、瑞鶴にのせて(烈風改、烈風2、艦爆)という構成に。
ためしに第二回出撃……。





f0071389_09541345.jpg
そのときのボス戦。
早々に利根さんがやられたせいか、夜戦でも削りきれずA勝利。
ボーキの消費はというと、6899→5989で差し引き910。ちょっと改善。
まあ烈風(改)6スロですからね……。さらに軽空母の格納庫をまさぐればあと一部隊はあると思うけれど、どうしたものか。

火力を高めるべく、金剛に91式徹甲弾を。防空の意味はないかもしれませんが、利根の魚雷を外して三式弾を積んでみます。

三度目の出撃。
初の下ルート(ここまで上)でしたが、またもA勝利。
……しかもボスのHP、残り1(笑
うーむうーむ。
ボスに到達できている分、Alよりマシではありますが。Sがとれたのが烈風5スロの最初だけというのが悩ましい。
ボーキを犠牲にしても攻撃力をとるべきか、むしろ烈風を増やした方が結果的に艦攻と艦爆が結果を出せるのか。
提督煩悶中……。







f0071389_09545100.jpg
「執務室って、ずいぶん自由な場所なんですね」

い、いや大淀さん、これはその、深くも浅くもないわけがありやなしやと。
……西瓜、食べます?

眼鏡っ子属性は薄いワタクシですが、大淀さんイイゾー。
ひょっとして明石さんとこちら、この服が好きなのか?(笑
なんでも大淀さん、改造前と後で放置台詞が違うようで。忘れず聞いておかねばなりませんね。  

[PR]
by sarok | 2014-08-23 11:01 | 艦これ | Trackback | Comments(6)

提督の決断・センサーは優秀

Al作戦第二幕であります。イベント期間もあと一週間ほどですが、あきらめずいってみまショー。




f0071389_14520291.jpg
また、wikiのそのまんま。


団長はじめ先行の提督方のレポ、またまとめサイトなどからある程度情報は仕入れておりましたが、ひとまずはAl1のメンツそのまま出撃。AのはずれマスからBに到達、ヲ級ちゃんのタコ焼き艦載機に追い返されます。
あらためて、東ルートでの作戦を練り直し。駆逐2、重航巡2、軽空母2という固定編成はもうわかっているのです。問題は誰を出すか、そしてそれ以上に重要なのはどうやって索敵値を高めるか。

一度ためしに組んだ編成を送りましたが、Eマスを突破後Fにそれる。電探や偵察機を複数積まない中で考えた装備だったので、これはなりふり構ってはいられないな、と判断。
(先達の見つけた計算式があるからそれを試せ、というのはもっとも。√記号を見ただけで頭が痛くなる私のアホさ加減がいけないのです)
そして概ねメンバーも決定。筑摩さんや龍驤ちゃんは続投。あとあとのことを思えばAlマークのついた娘にはできるだけ頑張ってもらうしかないのです。
でもって、先にクリアした方々の艦隊で摩耶姉が先導的役割を果たしたとの報に、これはウチも、いっちょ尖ったところに率いてもらうのがよかんべえ、と抜擢したのが霞さん。

「このクズ!」

おっと。早速いいパンチくれるじゃないの(脳震盪

攻略メンバーは以下のとおり(現在のレベル)となりました。

  霞改50(高角、噴進砲、13号電探)
  島風改49(主砲2、22号)
  熊野改51(主2、三式、瑞雲)
  筑摩改55(主、副、三式、零観)
  龍驤改60(烈風改、彩雲2)
  飛鷹改57(彩雲)

毎度おかしな編成で挑むのは単に楽しんでいるからで、縛りではないのです……という意味もあり、もう一隻の駆逐は現状ウチで一番強いぜかましちゃん。
そしてここで熊野を投入。そこまで索敵装備ガン積みでない以上、少しでも基本数値の高い航巡に期待するわけです。瑞雲と零観は索敵値では同じなので、一応そのまま。

かくして出撃! ですが、この編成でボスに行ける、と確認できるまでには少し時間がかかりました。
大破、大破のオンパレード。
ことに最初のCマスが酷い。開幕航空攻撃で二隻、支援艦隊がさらに二隻沈めても、残りのル級とフラ軽空母がいっこうに沈まず、こちらの駆逐や軽空母がやられてしまう有様。
ことに軽空母がひどい。なんだあの硬さ。

「おのれ……敵の軽空母は化け物か!」
「大佐、邪魔です!」
「もがみん、シャアがララァにそれ言われるのって、かなり後半の話ですぜ」
「少しは伏せようよ」
「君だってアレンジもなくそのまんまだったじゃないか」
「提督、いつも邪魔です!」
「……ちょっと心にくるわー」

こんなことで、たとえほっぽちゃん(そんな愛称らしい)の前まで進んでも、ダメージが与えられるものか……と不安に思いつつ、せっせとキラ付け。
今回は、本隊にはキラ付けはやりません。支援に出るメンバーのみ、例によって春雨さんがついて、1-1をまわります。駆逐同士だとたまに春雨さんがMVPをとっちゃいますが、ご愛嬌。
しかし1-1に出してみると今度は、こいつらこんなに強くなったんだなあ……と妙な感慨が。
お父さんカンゲキ! さあ、ハグさせておくれ!

「どんな采配してんのよ! ほんと迷惑だわ!」

大井さんと違い、一切繕わない霞さんは清清しいですなあ。提督身投げを考えちゃいます。

そんなこんなで、何回目かのチャレンジでようやくボス、北方棲姫に拝謁。想像以上にロリでした。
もずるさんは絶対鹵獲してるね。執務室のロッカーか何かをあけると秘密の扉があったりするんでしょうね。


何度も中途撤退をはさみつつ、現在まで4回撃破。火力不足を考えましたが、案外イケます。筑摩か熊野、どっちか中破していることがほとんどなんですが、それでも倒せる。
最後に支援を入れれば、最終形態も削れるか、な?
ボスドロップですが、夕張ー熊野ー弥生ー弥生 と、弥生ちゃん祭り。
ん、まあ倒せるだけで満足じゃ。
(鈴谷! 天津風!)←ホンネ



欲望にまみれて再戦を繰り返しておりましたが……。







f0071389_14433348.jpg
やったぜ。



「え?」

あっけにとられました。彼女、Eマスでドロップしたのです。
大破が出てしまい、ボスをあきらめ夜戦で殲滅したのち。
なんにも期待していませんでした。また撤退か、と消沈して、ひととき油ぎった欲望を忘却した、まさにその瞬間でした。
物欲センサーというのはまことに優秀なものですねえ……。

とにかく、やっときてくれた。潜水艦4隻目、こんなにうれしいことはない……。

「ガンダムネタ多いねえ」

戦いはまだ続きますが、ある意味今回のイベントにおける、当艦隊最大の戦果であります。
よくきた19ちゃん! 内装も夏に戻しちゃったぜ!

[PR]
by sarok | 2014-08-20 16:14 | 艦これ | Trackback | Comments(6)

提督の決断・お前を信じる娘を信じろ

勇ましいタイトルですが、格別そこまでのドラマチックな展開をくぐったわけではなく、ひたすらに地味な挑戦が続くわけなのです。
一度削っては三度失敗……。また削っては大破撤退……。
終わらないぞAl1。
このあと待ち受ける2面はともかく、こっちはクリアがほぼ見えているだけに、進捗ままならない感じが歯がゆい。

がしかし、しかしなのですよ。



f0071389_05305200.jpg
四回目の削りでのドロップ、秋雲さん。持ってない子またキター!
まあ未所持の艦娘がたくさんいるから、ボスマスが潤うわけですけれど、なんかもう長波とこの子でイベント終了しても、そこまで落ち込まずに済みそう、ではある。

「……提督さん?」

はっ!? いえすみません由良さん。気の迷いでした。潜水艦、ぶちのめしてきてください。

気を取り直して出撃を繰り返し、ついに五回目のボスS勝利。
ドロップはですね……。






f0071389_05311064.jpg
正直ワロタ。この私に、長波牧場でもしろと申すか。
まあ彼女、こんな感じで男前なのです。

それでも4回目5回目の削りは割と順調でした。キラ付けの効果もうっすら感じ始めていたので、眠い目をこすりつつ、合間合間に1-1へ。
レベル1の艦娘を随伴艦として付けるというのが定番らしいのですが、気が進まないので、レベル10台まで上がってきた長波をくっつけて育成がてら送り込みます。面倒な「あ号」任務が片付くし、長波の修理はすぐ終わるから、案外悪くはない。ぞろぞろドロップする駆逐艦たちは長波と秋雲がおいしくいただきます。
適当にキラがついたところで、確実に勝てる演習に6隻送り込む。これである程度しっかり高揚状態になる、感じ。
支援を出して、さあ出撃! あと一回勝てばクリアなのです。(最初からですが)ひたすら祈るしかない。
が、しかしここで、団長や鴨提督をも苦しめたあの「残り1目盛りが削りきれない」現象が炸裂!
大破撤退の山!
モリアーティは のろわれてしまった!

「ぐう……おのれまたしてもシャーロックホームズ! 我輩滝に身を投げちゃうぞ!」
「一人で?」
「当然である! 迷惑がかかるだろう!」
「潔いんだか、悪いんだか……」

ここで5回くらいか? ひたすら足止め。
史実挑戦をしている金剛提督にくらべれば試練というほどでもありませんが、あと一回、はまったく毛根によろしくない。残り1ゲージを削れない失敗を延々繰り返す、という夢をみせる拷問などあったら、髪が真っ白になるんじゃないか。

おまけにPCはカクカク、昼間はすぐ発熱。出撃準備だけしてログアウトすることも。

「提督がくると、部屋が暑いんだよ」

なるほど。暑苦しいのは拙者のせいでしたか。

とにもかくにも出撃準備。由良さんが入渠したので大井っち復帰。でも頼みの先制雷撃も輪形陣だとイマイチなんですよね。
大井さんにつづいて阿武隈が再登板。メンツはこんな感じ。

 阿武隈改50
 筑摩改53
 古鷹改55
 比叡改58
 扶桑改59
 龍驤改59

しょっぱい経験値ながらも、皆けっこう上がってきました。それだけ試行しているということか。
支援につづけて送り出し、陣形を選び、提督あとは画面を閉じてじっと耳をすませるお仕事です。

(支援終了、ここで敵潜の雷撃……)
ボン!
(よし、この音はミスか掠りだな)

「ヒエー!」
(お、小破か。まだいけるな)

てな感じ。だんだん職人じみてまいりました。



結果からいえば、今朝方クリアできたのです。最後は残ったボスを、旗艦阿武隈が夜戦の一発目で粉砕。
ちょうど一週間ですね、イベント開始から。
ようやく一面突破だ!
最後のドロップはステルス状態の長良さんでした。






f0071389_05312378.jpg
正しき和の食卓に絞りたてのミルクを届けてくれる、春雨さんは空気の読める白露型です。

「提督牛乳飲めないんでしょ? ボクがもらうね」

湯気をたてているのがホットミルクにみえてくるから不思議だ。


さて、Al1。出撃回数はざっと……30回くらいかなあ。
他提督方のようにちゃんと記録をつけていないのです。でもまあ、そのくらい。
バケツや資材も遠征やデイリーをこなしながらなので正確な消費はわかりません。おそらくはバケツが5~60、燃料が2~3000、弾薬が4~5000といったところか。支援を出し続けたおかげで弾薬の減りが著しい。まだ13万あるとはいえ。
くたびれましたが、まだ序盤。Mi作戦にたどり着けるか、次のAl2にかかっています。
熱い夏ですなあ。

[PR]
by sarok | 2014-08-16 06:46 | 艦これ | Trackback | Comments(10)

提督の決断・田中さん大歓喜

Al1攻略中……。
全員キラ付けめんどくさっ! がしかし、ここは辛抱のしどころか。
とはいえ、あんまりきっちりやると気力が削がれるので、いわゆる三重付けにはこだわらないことに。演習の空きメンバーなどにも押し込んで、とにかく全員キラキラしている状態で出す、ということで、どうかひとつ。

「……あ、提督?」


しかしここで重大な落とし穴が。キラキラ6隻を表示するととたんにPCが悲鳴を上げるっ! ただでさえこのイベント中はなんかいろいろ重いというのに。おかげで、このイベント海域への一連の出撃手順での、少なくとも手の動きに関しては、友人提督にけっして負けてはいないと豪語できます。見なくてもいい画面はとにかく速攻閉じる!


「ね、ねえ提督」


さて、当艦隊の現在の戦況ですが……。


「提督ってば!」
「うぉっと。なんだい最上、びっくりするじゃないか。大声を出されると咄嗟に謝ってしまう体質なのだぞ、我輩」
「少しも威張れない体質だねえ」
「まあね」
「それでさ」
「うん?」
「うん? じゃなくってさ。せっかくの一大作戦なんだけど……。ボク、何かやることない?」


ソワソワ。ワクワク。


「あー。君はあれか。運動会や学芸会を前にすると、別に自分に役割がなくても、お祭り状態で盛り上がるタイプか」
「そうそう……って、なにげに戦力外っていわれてる気がする!?」
「提督目下の悩みは、一隻しかいない航巡をどこで投入すべきかというところで」
「それわざわざボクに言うの!? 酷い!」


――ピンポーン。
『ふははは! 艦隊帰投である!』


「……提督の帰投ボイス、ださいよね」
「面目ない」
「(窓から見て)……うっわー。みんなボロボロだ。今回も夜戦を突破できなかったのかな」
「だろ? あれに加わりたいと思うか?」
「うーん」
「もがみん、まあアレよ。最低限のデイリー消化のため、オリョールやバシーに出かける作戦だって、イベント攻略に勝るとも劣らない価値ある仕事だと思うわけよ」
「いや、むしろ喜んでやらせてもらうけどね。そっちも出番がなかったからさ」
「練度高いからなあ。まあすぐ出番があるさ」
「ならいいよ。出撃できずにじれている赤城たちを見てると、せめて支えたくてね」
「……赤城さん、そんなに?」
「さっき炊飯器二台目に突入したよ」
「内憂外患とはこのことか」


まあ最上さんには、成果を上げられず帰ってくるAl艦隊を、ありあまるお膝の魅力で癒すという重要な役目がありますので。
「衝突的な意味で?」
「膝蹴りしてどーする」




なげー茶番ですが、現状はというと、もちろんAl1の真っ最中ナリ。
さまざまの情報を鑑み、大破率の高い軽空母を一隻にして、比叡を戻してみるアイデア。
さらに対潜番長、出番です。


 由良改49(爆雷、三式ソナー)
 筑摩改52(弾着カットイン、零観)
 古鷹改53(同、電探)
 扶桑改57(瑞雲2)
 比叡改56(弾着連撃、三式)
 龍驤改57(彩雲)


軽空は祥鳳(二式偵)とどっちだったか。スクショをとってないのでちょっとうろ覚え。
これに支援艦隊(駆逐2、戦2、重2)を出して出撃。旗艦をキラ付けした方が支援率が上がると聞いたので、キラキラ状態の潮ちゃん先導。


最初の潜水艦マスを輪形で、夜戦はなんとなく梯形。つづく軽空母マスは複縦。支援はちゃんと二回きまして、計三隻を沈めてくれました。小破混じりでボス突入、もち単縦。
夜戦を待たず撃破!
二回目の削りに成功しました。



ひとまず、戦艦二隻(航戦)で、索敵値は下がっているはずですが、これでも到達できることが判明したのは大きな意義アリ。戦艦でも大破するときはしますがね。
あと、由良さん単装砲のくせに案外砲撃が強い。
対潜装備は正直、ソナーだけでもいいかもしれません。倒したいんで両方積みますが。
三式弾は、続くAl2まで使わなくてもいいかと思いますが、対空性能が悪いわけではないので、まだ試行中。 


うーんしかしこのペースでどこまでいけるのか。アリューシャン方面がクリアできれば万々歳だなあ、正直。赤城さんには申し訳ないですが……。
おっと忘れていた、二回目の削りでのドロップ。






f0071389_10221810.jpg

きました。長波さん! 割と男前キャラだったのね。田中さんについての言及多し、全国の田中提督はより楽しめるかも。
この子が今回のイベント唯一の成果となる可能性も否定できませんが(笑)。……いやいや弱気はアカン、頑張っていきましょう。


[PR]
by sarok | 2014-08-12 10:32 | 艦これ | Trackback | Comments(10)

提督の決断・陽動は本気で

常ならばイベント(には限りませんが)海域の攻略状況など、諸提督のブログの動きが伝えてくれるものですが、今回については、現時点であまり更新されていないことそのものが、進捗の具合を如実にあらわしているような気がしてなりません。
というより、もしも順調であるなら、妬むよりもエールを送りたい……!
正直な気持ちです。
これまさにAl/Mi作戦。

不確定・あやふやながら攻略情報を含むと思われるので、ご留意のほど。







f0071389_13045585.jpg
wikiからそのまんま。イベント1マップにあたる、Al1のマップです。

いろいろあって、攻略は土曜からチラホラと。
団長や一真さんが上げてくれた史実のメンバーと、事前の運営告知を参考に、まずはそれ以上の情報をいれず、あらかじめ選抜していたメンバーで出撃。

旗艦 龍驤改57(最大スロ烈風、彩雲積み)
   古鷹改53(電探)
   長良改49(弾着連撃)
   比叡改56(弾着連撃、三式)
   筑摩改51(弾着カットイン、三式)
   飛鷹改56

……あんまり史実とは関係ない感じですが(笑
が、すでにご存知かと思われますがAマスは潜水艦が出ます。しかも単縦。
ウチの司令部レベルだとエリートですが、さておき初撃は仕方ないとしても二発目の雷撃は封じねばなりません。

古鷹を引っ込め浦風改46(爆雷・三式ソナー)を投入。
長良の代わりに大井改二56(爆雷・ソナー・甲標的)に。

これで陣形は複縦。今度はあっさり倒せましたが、標的を吸われやすいのと、他の敵編成が妙に固いためにA勝利がやっと。
針路は南、Hマスへ。……ん? この背景色の違いは……。
ジャーンジャーン!
げぇっ!? 夜戦!?




f0071389_13050934.jpg
すんごく間をはしょりますが、今のところメインの攻略陣はこういった感じになっております。
最初の潜水艦は阿武隈一隻でなんとかなるので、対潜要員は彼女だけに留めました。この夜戦マスをなんとか乗り切るために航戦のカードを切り、扶桑姉様を召還。
さてしかしこの夜戦の敵編成、何かおかしいとお気づきでしょうか。いや、ここを読んでいる提督方はとっくに……でしょうが。
これまでのパターンだと「ひい!? ル級フラグシップだ!」と最大警戒は一番上の彼女となるわけで、事実脅威ではあるんですが……このスクショの直後だったか、比叡がワンパン中破を食らった相手は、その下に並ぶ駆逐艦のどれか。
エリートでもフラでもないただの駆逐艦です。……なんか足が生えてるけどね。
アニメPVに出ていたアイツですね。「後期型」という新型の棲艦が、1マス目から今作戦、投入されているのです。
なんか硬い、避けられると思ったら……ということですね。


事前の告知にあったとおり、Al作戦に出した艦娘にはマークがついて、Miには参加できなくなります。まとめサイトや方々の書き込みなど見るに、いっそ思い切って全主力をAlに投入するのもアリか……と、決断に迷う提督が続出しているようです。   
無理もありません。今のところウチの艦隊、おそらく10回程度出撃していますが、一度もボスに到達できておりません。およそ2000の弾薬、相当量の資材に、バケツを2~30ばかり溶かして、成果なし。現在はまだ正規空母たちを温存しておりますが、このままずっと攻めあぐねるのなら、Miを断念するのも作戦のひとつだろうなと思うのです。
しかしそれは存分に打てる手は打ってから。まずは支援艦隊を送り込みはじめ、若干状況がマシになってきました。そちらに主力をつぎ込むためにトータルの弾薬消費がエラいことになっていますが……っていうか遠征に出て行く陸奥ってはじめてかも(笑
それからキラ付け。面倒ですが、Al海域でケチョンケチョンにやられた後で1-1を回るのは、若干八つ当たり的に爽快ではある。

まあ、お仕事とか休みになるわけじゃなし、いつもどおりのノンビリ攻略で、行けるとこまで、ですな。
しかし……現在の最大の懸案はですね。一度だけボス前、上のマップのIマスを突破したんですよ。
その後、Jに逸れた(汗
索敵が足りてないのか、戦艦が二隻はマズいのか……。さらに電探を積むかメンバーをいじるか、悩み中。

さりげなく赤城さんとか、また台詞が追加されてましたね。相当の気合! ですが、陽動作戦が頓挫中なので空回り。まあここはひとつ、ドンブリ飯でも食べていてくださいな。


<追記>

上記夜戦画像の編成から、比叡をはずし、軽空を入れ替え、

阿武隈改49(対潜)
筑摩改51
古鷹改53
扶桑改57(46、41、瑞雲二)
龍驤改57(彩雲)
祥鳳改56(二式艦偵)

支援(駆逐2、戦艦4)アリ。これでボス到達、一回削りました。
さて、面白くなってきた。

[PR]
by sarok | 2014-08-10 13:58 | 艦これ | Trackback | Comments(8)

提督の決断・イベント直前

うーむまさか、団長まで捕鯨推進国だったとは、ガッデム!
ウラーやましい話ですなあ。私はこのところ、デイリー兼飛龍目当てのオリョールでは金背景連発。
日向伊勢伊勢金剛日向伊勢伊勢! たまに加賀さん、といった感じ。
実に心なごみます(ギリギリ
2-5のゲージも半分まで削りましたが、そこではゴーヤちゃんドロップ。
いやあ、物欲センサーの神様ってのはいるもんだなあ。
そりゃまあ、ここで飛龍を引いたところで、イベントにはもうどうにも間に合いませんけども。


腹立ちまぎれに格納庫執務室をいじるのであります。



f0071389_06384740.jpg
「お疲れ様です。お茶でもいかがですか?」
いや白雪、ありがたいけど西瓜食うからいいわ。
夜だと影の方向がとってもシュールだぞ!


そういやアニメのPVが公開されたようで。来年一月から放送だっけか。
水上スキーめいた動きが一部話題となっていたようですが、仁王立ちでぶっ放す金剛、私はけっこう好きですが。
絵面のシュールさならともかく、水上をすべっていくこと自体で盛り上がっている向きもあるようで、艦これ周辺の温度差というか、浸透度の違いは面白いもんだなあと感じます。
だって、艦これ二次創作においては、いわゆるアルペジオ方式でないかぎり――艦娘が艤装背負って棲艦と直接殴りあうなら、その方式はずっと前から「水上スキー」でしたもの。
有名な動画に薄い本、渋などで活動するアノ人やソノ人。巨大艦娘で有名なとある方の戦闘シーンだって、洋上を滑って移動するのです(燃料切れると歩くらしいですが)。
まあもちろん、重要なのは見せ方であるというのが本質なのです。サイズの問題もしかり。人間サイズのものが撃ちあうわけですから、大きな軍艦の戦いのような迫力は期待できない。
……SSなどで艦娘の戦闘シーンを考えていると、先行の書き手たち、もしくはこういうアニメのスタッフなどの苦労にしみじみ思い至ります。移動方式はもちろん、その速度は実艦に準ずるのか? 敵と撃ちあう距離は、射程は? 互いに見えないほど遠くちゃ迫力が出ないのでは? とか。人間サイズですから頻繁に頭から波をかぶるだろうし、ろくに視界もとれないんじゃないか? とか。
すべては見せ方ひとつなのです。少年漫画のバトルシーンだって、いくら本人たちが必死でもカメラがひいてしまえば「何やってんだ」ということになりかねない。
今回のPV、あくまで「艦娘」の戦闘、ということに正面から取り組んでのさんざんの試行錯誤の結果なのだろうと、おこがましいですが共感めいたものを覚えます。本放送、楽しみですね。





さて。
「出たら出る」は艦これ格言ですが、装備の上でも適用されるようで。



f0071389_06382830.jpg
二つ目が出るまでずいぶんかかったのに、三つ目がすぐ出ちゃったじゃないの。
鼻歌まじりに明石さんが作ってくれました。工作艦パねえ。
弾着観測のある今、そこまで火力が重要とも思いませんが……今回の砲は、ウチでながらく戦艦勢トップを維持している陸奥にプレゼント。150に迫る火力となります。
「ホントねえ。長門姉がすぐ来てくれると思ってたけど……」
けど、気さくなお姉さんキャラの陸奥がトップというのは、雰囲気的にはよさそう。
たまに一発大破しますが、高難度海域では彼女の力は欠かせません。



折り畳み先はひさびさの艦娘定点観測であります。



More
[PR]
by sarok | 2014-08-07 07:34 | 艦これ | Trackback | Comments(6)

提督の決断・今日は何の日

夏ってのはこんなに暑いもんでしたっけ。キーボードの隙間から熱気が上がるっ! タッチパッドが熱いっ!
ためしに、キーボード脇の特に熱くなるスペースに、冷蔵庫から出したあっためるだけのレトルトハンバーグを置いてみる私提督であります。む、ほどよく常温に戻っていくぞ、やったぜ。

「なにしてるの?」

うわあもがみん! このタイミングで話し掛けるとは、メタネタを怖れないやつめ!

「何言ってるかわかんないけど、はい、ダース・〇イダーっぽいボイスチェンジャーマスク」

シュコー、プルスキー……。「だいぶ落ち着いた」
「それはなにより」
「ときに最上。今日が何の日かご存知かい」
「パンツの日でしょ?」

艦娘とは宇宙なり。
鴨提督からの暗号通信によれば昨日8月1日がOPPAIの日だったらしいのですが、それなら今日はどうなるんだと、ちょっと調べたところ真っ先に突きつけられたこの現実なのです。

「まあ、カレーうどんの日でもあるらしいが」
「おいしそうだね」
「鴨提督のところでは昨日、潮ちゃんが自ら進んでサービスショットを披露したらしい。そこでだ最上、『パンツの日』と持ちかければウチの娘たちからも艦隊のイメージ向上に一役買ってくれる者が現れないだろうか?」
「イメージ……うーん、向上するのかなあ」
「まあ最上さんもあれだ、他の艦娘がどんな下着をつけてるのか、ちょっと興味はあるじゃろ」
「はは、なにいってんのさ提督、そんなわけあるよ、ちょっとぐらいは」

そんなわけで、これから執務室に訪れる三人をターゲットにしてみようと思うのです。
まずは一人目!





f0071389_15152485.jpg
「不知火に何か落ち度でも?」
イヤ、ソノ、ナンデモナイデース。

二人目!



f0071389_15153766.jpg
「あぁん!?」
はいすみません、ウザい提督デース。



「たのみますよ、最上さーん」
「えー。ボクだって怖いものは怖いっての」
「満潮と霞が遠征中だから、イケるかと思ったんだが」
「まあ最後の一人に期待しようよ」


三人目!



f0071389_15154773.jpg
「提督……? いいお天気ですね」
アカン、この方怖くないけどアカン。


「まあ、山城に知られたら……ね」
「それに、なんかすごい下着をつけてそうで、見たら見たで後悔しそうだ」
「提督はヘタレだなあ」
そんなわけで有耶無耶になるパンツの日、なのです。

さて先日やっと開発に成功した46cm三連装砲。これでようやく二つ目でして、開発に費やした資材は相当量にのぼります。一門目は金剛が積んでいますが、二つ目は「主砲の火力だけは自慢なの」と仰るこの扶桑姉さまに。
直後のアプデで「過重な砲を積みすぎとったらアカンよー」という修正が戦艦に加えられたらしいのですが、まあ一門ぐらいなら問題なかろうと、そのまま搭載しています。
46cmなんて大和型以外にはみな過大でしょうが、たぶんそのために艤装の強化とかしてるんでしょう。一応史実でも、扶桑型に41cmを積む計画はあったみたいだし、魔改造レベルのフレーム追加などされていて、それでも発射の際によろめいたりしてると格好いいかも。
しかしまあ扶桑姉さま、どこに積んでいるのだろう。左右の砲のどちらかを入れ替えではバランスが悪い気がするから、やっぱり後ろだろうか。



f0071389_15160037.jpg
こんな感じに。
そもそも飛行甲板をつけたから砲の数は減っているはずなんだけどナー。
瑞雲二機積んでも火力は金剛型に並び、なかなかいい感じではあります。伊勢・日向には負けないぞお姉ちゃん。


月が変わったので1-5および2-5がリセット。早速どちらも一目盛りずつ削ってきました。
まあ2-5のボス戦はこの扶桑姉さま以外がことごとく中大破に追い込まれ、ギリギリの一発で敵旗艦を粉砕、からくもB勝利という顛末でしたが……。
B勝利でドロップなんて、とふてくされていると、
「一人前のレディとして……」
お、暁。ドロップはちょっとめずらしい。
あと数日でイベント開始ですから、それまでにこの二つの海域のゲージ、削りきっておきたいというのが理想ですねえ。

[PR]
by sarok | 2014-08-02 16:23 | 艦これ | Trackback | Comments(6)