四畳半東雲蚊帳の内

<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

提督の決断・居酒屋鳳翔

いやあ連日サツジン的暑さですね! こういう場合、いっそスパイスのきいたものでも食べてさらに汗でもかいた方がよさげ。
鴨艦隊の山城さんが時雨を押し倒した理由もその辺にあるのかもしれませんげふんげふん。
が、しかしとてもいい刺激をうけたので、私も負けじと描いてみました!




f0071389_09422224.jpg
深海棲艦・軽巡ホ級を。

いやすみません、最近ちょっとしたホ級ブームなのです。
しかしホ級ブームは以前から、多くの艦娘の間で盛り上がっているのですよ。
提督の皆様も聞いたことがあるはず。

「ホキュウか……。ありがと」
「ホキュウはマジでうれしいなあ!」
「ホキュウ、おそーい!」(?)

てな感じで、このブームに終わりはみえません。
……まあその、先人も多数おられるようですが、補給がホ級に聞こえる病にちょいと取り付かれているのですよ。
でも、こんなことでもないとホ級の細かいところなんて見なかったでしょうから、意義あるものと思っています。棲艦のデザイン、なにげに面白い。

↑の絵だとそのまんまなので、少し自分なりに描き直してみたところ、



f0071389_09423688.jpg
こんな感じに。
お、ちょっとかわいくね? ホ級ちゃんはブラックコーヒーがお好き。
ちなみに、個人的ホ級(補給)ボイスナンバーワンはいまのところ五月雨さんであります。
「やったー! ホキュウ!」
そんなに好きなんかい、とツッコミたくなる歓喜ぶり。ホ級の嫌いな艦娘などいないのです。ただ、行き違っているだけなのです。




半月ばかり延々と羅針盤に嫌われていた3-4北方海域全域、突破しました。
がしかし、当然のごとく飛龍には会えず。めぼしいところのドロップもなし。ついでに、4-4がまだなので次エリアへ道が開ける演出もなし、ないない尽くしの寂しいクリアになりました。
4-4カスガダマにも一度出撃。対潜要員浦風さんと、航標的に同じく対潜装備を積んだ大井さんの活躍でけっこうすんなり進みましたが、ボス前で撤退。こっちはまあ攻略記事など見て、これからですかね。


さて折り畳んだ先はSSになります。
『居酒屋兆治』を以前読んだとき、なんかこう、この感じで「居酒屋鳳翔」をやれんものか、と思いまして。
他のSS同様渋に上げたのですが、なんとなくこれはここでも公開してみようかと。こういうシチュの話を私が書けたのは、ひとえに日ごろお付き合いくださる提督、ソ連の皆様のおかげですゆえ……。
まあお時間と興味がありましたら、ということでひとつ。



「鳳翔」
[PR]
by sarok | 2014-07-26 10:30 | 艦これ | Trackback | Comments(8)

提督の決断・ビーチガールズ

先日またアプデがありましたが、今度の改二は蒼龍! やったぜ蒼龍なら居てはりますわ!
そうだぜ頼むよ飛龍、相方は先に改二になっちまいますぜ……。

このところデイリー・ウィークリーの消化はほぼ2-3、(艦これ的)世間ではオリョクルは潜水艦が行くものですがガッツリ通常の編成で周回し、余裕があれば3-4北方海域全域へ重量打線を送り……と。
2-5や1-5もボチボチ出撃していますが、とにもかくにも最重要ドロップ目的は飛龍、キミに決めた! 作戦を全力で展開しています。
だってねえ。赤城さんも限定ボイスでつぶやいてますが、いよいよミッドウェーですからね。一航戦二航戦がそろわないと、なんとも格好がつかない、落ち着かない。気合も入らないってものです。金剛提督が加賀さんを求めるのと同様、なんとかイベント開始前に……とあがいているところなのです。
ま、このタイミングで獲得したところで、5~60台に到達している空母勢のレベルに持っていけるとは思えませんけれども……。




f0071389_12153468.jpg
さて、航巡くまのん、ついに登場ですわ。
MVPは今時のレディーのたしなみだってさ、暁!
この出撃では一緒ではありませんが、しばしば最上が姉として付き添い、サポートしておりました。

「お、これが飛行甲板かー。かっこいいね!」
「あ、あの。……最上、姉さま」
「最上さんでいいってば」
「どうして提督は、最上さんを」
「ああ熊野、気を使わないでいいからね?」
「でも……」
「提督には提督の考えがあるんだろうからさ。ボクを重巡にとどめているのには、ね」
「信頼されているのですね」
「いや、ぜんぜん」
「え?」
「何考えてるかわかんないもん、あの人。ただまあ、嫌われてるわけじゃなさそうだから、別にいいかなって」
「はあ」
「あんまり苛めるとまた『不完全な良心回路が!』とか叫んで引きこもって当番の秘書艦に迷惑をかけるから、熊野もほどほどにね?」
「面倒ですわねえ」
「さて、あらためて航巡、おめでとう」
「ありがとうございます」


最上型がやってくるたびこんな茶番をやるつもりなのか(自問
最上姉様、と普通に呼んでそうな気もするんですが、なんかね、イメージがね。
鈴熊と前二人はあまり絡んで描かれることも少ないですしね。



母港画面も若干変更されたようで、


f0071389_12145675.jpg
艦娘保有数とバケツの量がここでわかるようになったのは、正直ありがたい。

赤城さんに期間限定および放置ボイス等が追加されまして、これまで一面戦闘マシーンのように思われていた彼女もようやく打ち解けてくれた感。
ま、食いしん坊キャラを彷彿とさせる放置のボイスについて思うところのある提督もおられるようですが、少なくともウチの艦隊において、あのボイスはまこと自然というか当然のような気がするのですよ。



f0071389_12155149.jpg
だってどこまでもちゃぶ台ですから。後ろでホカホカ湯気が立ってりゃ、そりゃ気になるってものでさあ合点。

ということで発作的に家具「砂浜」を購入しました。昼と夜で? 砂遊びの造形物が変化します。上の赤城さんの画像にちらりと映ってますね。
さらさらした砂なら座ってメシを食うのもアリとは思うけれど、座布団がどうにも暑苦しいなあ。つーかお櫃の前で熱心に砂を固めてつみあげている艦娘ってのはどうなんだろう。
そしてこの部屋、いったい何をするところなんだろう。

[PR]
by sarok | 2014-07-20 13:24 | 艦これ | Trackback | Comments(10)

提督の決断・でちちよ

唐突にメールレスから。

>Happy Birthday ☆彡

お名前とかはありませんが、二年前のここの記事からして、義太夫さん? でしょうか。
まったくもっておそれいります。10年越しのこのサイト、しかも更新してるのはここだけだし、いまや艦これ一色ですし。
そして管理人が基本引き篭りだし。
煉歌ちゃんも毎年メッセージをくださいますが、ほんとに有難いことでして。すみません申し訳ない、とか口走りたくなりますが、そういうのは引っ込めて、ひとえに感謝するべきですね。
(そしておのれの誕生日については華麗にスルーを決め込むのである)





本格的に暑くなってきてPCがヤバい!
でも、本体にガンガン風をあてるのは存外有効のようで、やらないときとの差が歴然としています。ノートPCは全身で放熱を行っているのだなあと。まあ、こうして打っているキーボードが熱くなるもんね。
さて、団長もゲットした神戸生まれのおしゃれな重巡さんが35を超えたので、いよいよ当艦隊に航巡を召還する儀式をおっぱじめるか、と改装のページをポチポチ送っているとですね。
熊野の他にも、少し前にゴーヤちゃんがレベル50を過ぎて改造段階にきているのは知っていましたが、また別の子のところで改造ボタンが光っている……?
あ、千代田!


f0071389_09222416.jpg
ごめんすっかり忘れてレベル52とかにしていたわ。改二があったんだよねー。
ちとちよ姉妹お得意のからくり航空甲板ですが、デカイでかい。こんなん引きずって泊地内をうろついてんのかいキミは。
お姉は私が守る! 的なさわやか台詞を笑顔で言い放ったので、ああなんか軽快になったなと安心していると、こういうのは二人の部屋で……と通常運行に戻ります。ブレねえな千代田。でも迷彩カッコイイぞ。



f0071389_09225455.jpg
戦績とか、いつ見るの!?
こういうのは他提督の上げたタイミングにあわせるのがよかろーってところです。
演習はそれなりにちゃんとやってますが、デイリーもウィークリーも任務がずたぼろであることが窺える結果となっておりますな。勝数でくらべて鴨提督に二千及ばず、団長にいたってはその差ダブルスコアを超えてます。
ナントカが出ない、あの子はどこじゃと日々垂れ流しておりますけれど、もっと出撃すりゃいいじゃん、と言われれば二の句が告げませんなあ。
おそらくは、あんまり出撃しないウチの泊地周辺の漁民とか、民間船の乗員とか、それぞれお手製の艤装モドキを背負って海の自警団をやってるに違いない。
その道ウン十年の漁師のじいさんが、
「そおれ鎧袖一触じゃあ!」
と、針と糸と長年の勘だけでヲ級ちゃんの帽子を釣り上げたり、
「時間と場所をわきまえんかぁ!」
と、たくましく日焼けしたおっさんが、陸にあがったときの趣味であるゴルフのクラブで駆逐イ級をすっとばしたり、とか。
そういう光景が、きっと日常茶飯事なのです。




f0071389_09230537.jpg
かくして、ゴーヤちゃんも改造。潜水空母となりました、でち。
まあ画像を貼ったとて、別に見た目が変わっているわけではありませんが。
幸運艦の名に恥じぬ運50、夜戦での戦力として大いに期待できるところです。
……潜水艦娘というのは艦これ内でもある意味もっとも「人間離れ」した存在なのかもしれません。もとの船の性能に準ずるなら、この格好で水深100メートルくらいまでは潜っちゃうはずですからねー。
深海にカメラを沈めて、めずらしい生物を撮ろうなんて企画がありますけど、光のとどかない漆黒から、いきなりぬうっとスク水少女が出現したら、パニックどころの騒ぎではありませんなあ(笑
つーか普通の人間の神経なら、音を頼りに闇の中を進むなんて怖くてしょうがないでしょうね。たとえ水圧とか平気だったとしてもね。それゆえか、潜水艦娘たちは基本感情表現がストレートな子が大井……多い気がしますね。なんか、暗示的であります。

[PR]
by sarok | 2014-07-15 10:41 | 艦これ | Trackback | Comments(8)

提督の決断・いい雨だが

ワールドカップ開催中なのです!(二度目
いやまあ、日本は負けちゃって、国内の報道もめっきりだけど、決勝トーナメント面白いよね、という。名だたる名選手たちのギリギリのせめぎあいには、自然とドラマが生まれるものだなあ。
しかしサッカーは基本、理屈がいらんのはいいですな。ウィンブルドンもやってるけど……一応元テニス部としてはそっちも楽しく見られるけど……でも、時として続く求道者みたいな打ち合いは、ちょっとなかなか万人向けな見せ物じゃないですよネ。ルールというか、ポイントの入り方も独特だしなあ。



などと時事ネタから入るくらいには、話題に不足している、かもしれない。
まあ昨日のアプデで武蔵さんが建造できるようになったとか、ニュースはありますが、ウチには当分縁がなさそうなお話。妙高さんの改二もまだ遠いしね。
しかしけれどもしかれども、新人さんは来てくれましたよ。





f0071389_16090230.jpg
包容系駆逐艦、夕雲さん。2-5でした。
ようやく巻雲さんの姉妹がきてくれたことになります。巻雲さん、と呼ぶみたいですな、このお姉ちゃん。
しかし今さら艦娘というものを驚いていても仕方ありませんが、舌をぺろりとのぞかせて二連装砲塔を突き出す美少女、って書いていて意味がわかりませんな。
飴とムチということか(違
アニメも遠くないですけど、主人公吹雪ちゃんは背中の煙突からもうもうと煙をあげるのか、そこんとこ気になっております。できれば出してほしい派。けむったくてしょうがないでしょうが、実際には。


さて、アプデではまた家具も追加に。家具コインは余っているくせにケチな私提督、ひとまず安価なところでコーディネートをはかります。
うん、七夕の季節やね!



f0071389_16091662.jpg
なんかもう、色の氾濫ですが。
誰を配置するか迷ったあげく、近頃の雨続きを記念して(?)時雨さん。わが司令部レベル帯だとわりと貴重な改二未満スタイルです。

「いい雨だね……」

まあそうなんですが洗濯物が乾きません。しかしこう重なると、ちょうど時雨さん、浮き輪抱えて遊びにいきそうなところに見えるな。
後ろの七夕飾りはコインゼロの配布物ですが、よく目をこらすとちゃんと誰の短冊かわかるくらいには凝っております(この画像だとつぶれてますが)。輝く「夜戦主義」。つーか「なのです!」はいったい何のお願いやねん。

「七夕、だね。提督……」
『ふははは! そう、わが宿敵ホームズ君とわしがそろって滝つぼに落ちたことを記念する日なのだ!』
「ふーん、そうなんだ」
『その後天上にあがって星座となったわれわれは、天の川をはさんで今も対峙しておるのだよ!』
「へえ。……ところでさ、提督、時雨汁って」
『まことに申し訳ございませんでした』


七夕になんかのクエストが配信されたりして、クリアするとその一日かぎり、ヲ級ちゃんが仲間になったりしないかな(笑

[PR]
by sarok | 2014-07-05 19:30 | 艦これ | Trackback | Comments(8)

提督の決断・時雨の

時雨汁!




f0071389_11170107.jpg
……失礼、「艦娘冷却水」でした、正式名称。

先日のてーとく会議でお土産に頂いて以来、絶賛常温保存中でしたが、今回わけあって屋外撮影に連れ出した次第であります。
ええまあ、取るに足らぬにせよ、理由はあったのです。そうでなければ、平日の朝からこんなもの持って公園を徘徊している私は何者だってことに。
いや今思ったけど、理由あってもダメだなこりゃ。
けれども公園に着くまでは、我ながらアホなことやっとるわい、と軽快な自嘲が私の心の主成分だったのです。万が一通行人に見られたりしたら苦笑いで誤魔化すしかあるまい、とそんな程度で。
しかし、草むらに時雨汁(仮)を配置して……とアングルを想定していた我が脳味噌が、伝言ゲーム的に情報伝達に失敗するまで早かったですねー。
「草むらに時雨を押し倒して、しどけなく横たわる、その」




f0071389_11171309.jpg
いい加減にしたまえよピンクの脳髄。
なんでしょう、この犯罪臭。

一度そんなふうに思ってしまったらもうアカン。湧き上がる罪悪感と羞恥心で居ても立っても居られません。ホラ、ジョギングのおねえさん来てるし! すみやかに時雨汁(仮)をかばんにしまいこみます。苦笑いとかしてる場合じゃない。おねえさん、なんか向こうで体操始めちゃったなー。早くどっか行ってくれないかなー。

そんなこんなでそそくさと撤収しました。
いやあ提督のお仕事って、なかなか一筋縄ではいきませんねー(棒




f0071389_11172292.jpg
「いいちこ」風(無茶いうな






不審行動も提督の職務ですが、本来の艦隊勤務はというと。
不覚にも勲章任務に失敗いたしました。
先月半ばに日記で触れた1-5ですね。まあよゆーよゆーと3-4攻略なぞかまけていて、残り二回分のゲージ破壊に取り掛かったのは数日前。
それでも大丈夫だろうと高をくくっていたら、ボス撃沈にひたすら失敗しまくり、結局一回分も削れないまま時間切れと相成ってしまいました。
ウチはビス子も大鯨もいないし、とねちくも改二まで遠いですから、勲章とひきかえに手に入れる設計図が必要になるのは先のことですが、ひとえに私のだらしなさが原因ですので、なんとも情けないかぎり。
三式系対潜装備の開発も不十分ですね。どちらにせよ、これは提督の失敗であります。
「このクソ提督!」
まあ曙さんはMVPをとって上機嫌でしたが。クソ提督、今月はもっと頑張りたいところ。PCの機嫌もとりながら。

[PR]
by sarok | 2014-07-01 12:12 | 艦これ | Trackback | Comments(10)