四畳半東雲蚊帳の内

<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

提督の決断・誰だお前は

諸提督方の記録を参考に、現時点の我が艦隊の状況をメモメモ。

◇戦艦

陸奥改36
金剛改38 比叡改29 霧島改29
(頼むぜ榛名……)

◇航空戦艦

扶桑改30 山城改35
伊勢改29 日向改29

◇正規空母

赤城改44 加賀改31
蒼龍25
瑞鶴改50

◇軽空母

鳳翔改29
龍驤改44
隼鷹改42 飛鷹改34
翔鳳改34 瑞鳳改29
千代田航29

◇水上機母艦

千歳甲29
(どうするんだ水上機母艦任務w)

◇航空巡洋艦

なし(笑

◇重巡洋艦

古鷹改29 加古改32 青葉改27 衣笠改27
最上39
妙高改27 那智改27 足柄改27 羽黒改27
高雄改27 愛宕改27 摩耶改27 鳥海改27
利根改27 筑摩改27
(レベリング最前線。重巡上げにくい……)

◇軽巡洋艦

天龍改28 龍田改28
川内改29 神通改29 那珂改30
球磨改29 多摩改29 木曽改28
長良改29 五十鈴改29 名取改29 由良改30 阿武隈改29
夕張改29
(改になると意外なほど化けはじめる艦種)

◇重雷装巡洋艦

北上改29 大井改29


◇駆逐艦

睦月改29 如月改29 弥生改29 皐月改28 文月改29 長月改29 菊月改30 三日月改28 望月改29
吹雪改29 白雪改29 初雪改28 深雪改28 叢雲改29 磯波改28
綾波改29 敷波改34 朧改29 曙改30 漣改30 潮改28
暁改38 響改28 雷改28 電改28
初春改29 子日改28 若葉改29 初霜改28
白露改28 時雨改29 村雨29 夕立改29 五月雨改29 涼風改29
朝潮改29 大潮改29 満潮改29 荒潮改29 霰改29 霞改28
陽炎改29 不知火改28 黒潮改29
島風改28

(注目は村雨さん。改じゃないのです。ちょっとあれこれ先送りにしていたら……)

◇潜水艦

伊168 22 伊58 31
(被害担当いつもありがとう!)


先月末から今月頭にかけ、加賀・蒼龍が来てくれた以来、報告するようなドロップはなし。うーむ。
けれど今は、先日開発に実装された「零戦62型」が一番欲しいかな。艦載機の種類が増えるのがなにより嬉しい。爆装して対空、という半端な感じも好みだし。
97艦攻とか天山とか、あのへんも使っていきたいんですよね。理想としては、すべての機体を一種ずつは空母のどこかのスロットに入れたい。多少弱体化したとしてもね。


アップデートといえば、

f0071389_18280687.jpg
キミはいったい誰なんだ。
「遠征から帰ってきたら別人でした」
なんて報告があったりして笑いました。ずいぶんお変わりになりましたなあ出雲マン。
思わずひな壇も買っちゃったぜい。家具職人がちょうど一人余っていたもので。
大和武蔵に川内姉妹もいいですが、ずらり並んだサブマリン戦隊が可愛いですわー。
そして赤城さんは安定のつまみ食い。


[PR]
by sarok | 2014-02-28 18:50 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・ごはんはおかず

f0071389_18060686.jpg
そんなわけで遠征していました。ずっと天気が悪かったけれど、後半晴れて撮影できた桜島。
この写真だと、まるで船で帰ったみたいだな。
上京してからは、年々好きになる山です。故郷なんてものは大概、そういうものなのでしょう。
まあ地元に住んでいれば、およそ無視できない「恩恵」を頭の上から振りかけてくれる山なので、ただ親しんでもおられませんが。
はるか昔、美術部やってた高校時代に、正面からこの山を描こうとして、「そんなむずかしいもの描くな」と顧問に言われたなあと、懐かしく思い出します。
納得ですよねえ、なんとなく。富士山とかスカイツリーとか、ああいうのもきっと「むずかしい」。何回も何十回もスケッチして、自分の中を十分通過させないと、色というものが出てこないんじゃないだろうか。




帰京してすぐに「第二回てーとく会議」です。
前回同様、重要な任務であります。百戦錬磨の提督方とのギリギリの腹の探りあいに、一瞬の気の緩みも許されません。

f0071389_18063192.jpg
会食の模様。
……たこ焼きでメシ、そりゃ食えるけどさ。
「龍驤の」と名を冠したセットメニューになってますが、本人どう考えても真っ先に「いや、ホントありえへん」と片付けそうなキャラではあるんですがね。
金剛提督には「ふりかけ」装備をいただき助かりました。食欲+2といったところでしょうか。
「こういうの欲しかったんだよ、早くふりかけてぇなあー」
脳内フフ怖さんがそう申しておりましたです。


帰宅後、3-2挑戦。
……クリア(笑
f0071389_18054235.jpg
ボス攻略後のスクショです。
今回のルートは、直進うずしお→ボス前→ボス。
ボス前A勝利、が縛り的な条件でしたが……今回、ボス前・ボスともに夜戦突入、どちらも全滅させてS勝利。
フタをあけてみれば、という感じですかね……運もありましたが妙に強かった。
ことこのボス戦、写真のMVPは敷波ちゃんですが、中破の暁がですね、カットインでもなんでもない魚雷の一発でフラグシップ軽巡を吹っ飛ばしたのには瞑目いたしました。
イケますねえ駆逐艦。これなら、睦月型4隻でいくキス島攻略「第三十駆逐隊」任務も希望がもてるかもしれない。

[PR]
by sarok | 2014-02-24 18:53 | 艦これ | Trackback | Comments(6)

提督の決断・提督怒りの洗濯

タイトルは誤字にあらず、です。洗濯機が轟沈しました。
洗剤いれてぐりんぐりん回ったところで突然の別れと相成ったもので、提督は涙を流す暇もなく、すすぎから脱水を自分の手でやる羽目に。
手袋使わなきゃアカンだろと思っていましたが、案の定両手の皮がボロボロになりました。
困ったものです。コインランドリーはあるけれど、徒歩20分。
ちょいと帰省するところなのですが、戻ってきたら新しい子をドロップするクエストを優先的にやらにゃいけませんね。
艦これみたいに自分のところで「建造」できればいいのに……。いや、洗濯機を造るつもりがうっかり食器洗い機とか扇風機が完成するかもしれないのか、その場合。
「掃除機のアイドル! ル〇バちゃんだよー!」
「お前じゃない」カーンカーン……
うむ、まあちょっと楽しくなってきたぞ。擬人化っていいな。



先日のアップデートから、イラストサイトも動画サイトも「ケッコンしました」報告であふれ返っておりまして、艦これ。
ケッコンカッコカリ。システムとしてはレベルキャップ解放なわけです。
それはまあいいけれど、同時に配信したバレンタイン……イベントと呼ぶにはささやかな、チョコ(資源化できる)と家具の追加が行われたんですが、注目はすっかりケッコン~に奪われちゃった感じ。
なので、本来独男として背中を向けてぶっちぎるべきバレンタインを、ささやかに支援してみる古鷹加古。
どうでもいいですが加古×古鷹って、カップリングを略称すると「加古」になりますよねって本当にどうでもいいな。

f0071389_04142233.jpg
「うん、ウマイじゃんか。これなら大丈夫だよ」
「……そう。よかった」
「ねえねえ、誰に食わせるつもりなのさー」
「……」
「わざわざ、あたしに試食させてさ。慎重だよねえ、古鷹なら大丈夫なのに。教えてよ、本命は誰なのさー?」
「もう、いいの」
「え?」
「もういいのよ」




この二人の、どっちが姉かわからん感じが好き。加古の靴下は紺のライン入りじゃありませんが、なんとなくね。

なおケッコンですが、レベル最高が49のウチの艦隊には当分関係ない模様。99までの必要経験値としては、八十幾つで折り返し、というおそるべきデータもありますしね。
システムそれ自体に思うところがないわけではありませんが、ぼちぼちと演習で他提督の嫁艦に出会うと、ちょっと楽しくはなります。睦月ちゃん107とか、鳳翔さん110とか、遭遇してます。これが、明らかに経験値が美味しい。その意味でこのシステム、ちょっと恩恵にあずかっています。


3-2攻略中。駆逐艦でルート固定といっても羅針盤はあるわけで、渦潮からはじかれて上に向かうと、資源マスを越えて空母のいる敵編成と戦わされる羽目となります。
攻略と関係ないんだから、ここは単横陣で被害を最小にとどめて出直す、というのが提督として正しい采配だと思うのです。けれど羅針盤の不運にイラっとして、ついつい単縦で夜戦までして、中大破を続出させて勝利をもぎとり、
「やったぜ」
と喜んでいるのは提督ばかり、ということをしてしまいます。目先の小事にこだわり目的を見失う、しかも感情的理由なんだから、ホント駄目上司の典型ですなあ。
3-2を突破する能力は、すでにあると思います。ボス一つ手前の最強部隊に、昼戦だけで4隻沈めてA勝利、というのもやってくれましたので。ただしその後の羅針盤で敗北したのですがね。
といっても2-4もなあ。クリアできる、と感じてから長かったんだよなあ(苦笑

さて、私提督は自ら遠征し数日泊地を離れる模様。
艦娘一同「やったーこれで羽がのばせるわ」
提督「さて、40時間遠征に出すメンバーは、と……」
80時間ってのもあったよなあ(ゲス顔

[PR]
by sarok | 2014-02-18 05:10 | 艦これ | Trackback | Comments(5)

提督の決断・ほんのりブラック鎮守府

いやごってりとした雪でしたなあ。昼まではさらさらの粉雪でしたから、これなら降る先から融けるだろうから積もるめえ、と高をくくっていましたが、予想に反してじゃんじゃん嵩が上がる。
関東以西、以南を移り住んできましたが雪は別にめずらしくない。でも積もる場合は大粒のボタ雪と決めてかかっていたので、こういうのは新鮮でした。気温が低い、地面が冷たいってことなんですかねえ。
受験で上京したはるか昔、けっこう積雪がありまして、その記憶を塗り替えるほどの降雪はお目にかかっていませんでしたが、先週末は間違いなく記録更新でしたね。ちょっと裏道に入るだけで膝下まで潜るから、大変。
もっとも一番怖いのは、雪に不慣れなドライバーが行き交う大通り周辺ですけれど。チェーンを巻かずにスピード出してる人とか、恐ろしい。こちとら横断歩道がどこかもわからない状況だというのに。




ーーーーー
さて提督業であります。現在司令部レベル72。

駆逐艦のみのチャレンジ3-2は進行中ながら、同じく3-2はレベル上げにも適しております。基本経験値が高い上に、駆逐艦以外を入れさえすれば絶対にボスに行かない、ということを利用して一戦だけして帰る、いわゆる3-2-1レベリング。
さらに、外れルートの最初の敵は軽巡、雷巡、駆逐しか出ないことから、潜水艦を1隻入れて被害を受け持ってもらい、ダメージコントロールすることで効率が上がります。
潜水艦は修理が早く、資材も消費が少ないので、他海域の攻略の合間にこの出撃を挟むと入渠ドックが混みあうことも防げてイイ感じ、なのですな。
しかし当然、被害担当の潜水艦には苦労をかけるわけで。ゴーヤちゃんの水着が毎度破れるのを鼻の下を伸ばし……もとい心を痛めて迎えておりました。

ところで、出撃任務の中に「西村艦隊出撃せよ」というやつがありまして。面子はそろっていましたが、しばらく手をつけずにいたものです。
西村艦隊……興味のある方は調べてほしいのですが、辛く悲しい敗北の史実であります。
任務として必要なメンバーは、戦艦山城・扶桑。重巡最上、駆逐艦時雨。

f0071389_12033328.jpg

あとの2隻は自由ということで、史実で艦隊メンバーだった満潮と、つづいて突入した志摩艦隊から、最上と衝突事故を起こした重巡、那智を加えて構成してみました。
任務はこれで2-3のボスを倒さねばなりません。
とはいえ、レベル的には十分。最上以外は改だし、最上はほぼいっぱいまで改修済み。
さくさく進んで、一回の出撃であっさりボス到達します。
史実では五隻のうちただ1隻生き残って帰ってきた時雨が、夜戦で敵にとどめをさす、という熱い展開で幕切れ。
ガッツポーズをしているとドロップです。別にこの任務の特定ドロップではないので、さして期待はしておりませんでした、が。



f0071389_11425829.jpg
きてくれました、2隻目の潜水艦!
ゴーヤちゃんの負担をどうにかしたいな、と思っていた矢先でしたので、イムヤこと伊168ちゃんのここでのドロップはとても嬉しかったですよ。
ええ、思わず暖炉を買っちゃうくらいに。魚雷を火に向けてるようでして、ちょっとヒヤヒヤするけどな!

[PR]
by sarok | 2014-02-12 12:22 | 艦これ | Trackback | Comments(7)

提督の決断・雪の行軍

いやなんというか白い東京ですね。
写真でも撮ろうかと思いましたが、北九州くらいからみっちり雪ですもんね。東京的にはこういうの、久しぶりですが。
せいぜい転ばないようにしないと、うーむ。


f0071389_09530821.jpg
さてきました正規空母四隻目。
南雲機動部隊もあと一歩だ。
軽空母7隻とあわせて充実の航空戦力ですが、肝心の艦載機開発がこれでは間に合わん。まだまだ烈風が欲しいところ。
楚々とした顔立ちながら台詞が意味深な蒼龍さん。「揺らすな」「艦爆がはみ出る」、なんだか常時私がセクハラしてるみたいじゃありませんの。


現在司令部レベルは70に到達。
3-1および4-1はなんとなくクリア。2-4余波をかればけっこう進めると聞いていましたが、そのとおりですね。
でもって次なる難関、駆逐艦のみでクリアすべし! の3-2「キス島撤退作戦」。
挑戦チームがだいたい絞れてきました。
f0071389_09525209.jpg
まずは初期艦娘の「漣」、特型後期というカテゴリでいいのかな。
2-4攻略組から「暁」、そして「敷波」。
第八駆逐からは「満潮」。
睦月型から「菊月」、陽炎型から「黒潮」。
いろんなタイプから特にお気に入りの駆逐娘を選んだ結果ですな。
控えもおりますが、基本これでいこうかなと。
装備の面でも個性を出すべく、
漣は主砲三門ガン積み。
暁、黒潮は魚雷優先のカットイン狙い。
敷波は主砲・魚雷・高角砲のバランス型。
満潮は艦隊唯一の噴進砲装備で対空特化。3-2メインルート攻略に対空はいらないはずですが(笑
そして菊月はタービン装備で回避狙い。
こんな感じで分けています。
早速挑戦してきましたが、一戦目からして小中破続出、まあこれも運ですね。

縛りというほどではありませんが、今回の目標は、3-2ボスまでの三戦(羅針盤によっては二戦)をA勝利(旗艦撃沈、もしくは4隻以上撃沈)すること。
S判定(敵全滅)といわないところがヘタレですが、現段階の感触ではさすがに厳しそうなので……。
実質これはボスの一つ前のマスに出てくる敵艦隊についての挑戦になります。そこが圧倒的に強いはずなので。
で、ラストはしょうがないとしても、そこまででB判定勝利だったらどうするのか?
……撤退します(キリッ
ま、2-4ほど時間をかけたくないので、無理そうならこだわるつもりはないですけれど。被害を出さずに撤退、が史実的にも正しいですからね。

[PR]
by sarok | 2014-02-08 10:33 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・春遠からじ

f0071389_15041632.jpg
サイト十周年を記念してやってきてくれた加賀さん。
「ここは譲りません」
のお言葉通り、参戦よりほぼ一度もMVPの座を明け渡さず、めきめきレベルを上げています。さすがは空母最強といわれるだけはある。

先週末は「てーとく会議」でした。
持参した資料を熟読ののち、重要な案件について意見を交換するきわめて厳粛なもの。
私も襟を正して行ってまいりました。
「赤加賀もいいけど瑞加賀もね!」
そんな会話など一切しておりませんとも。ええ。


他提督方のように、たまには艦娘の現レベルを記しておきましょうか。
大雑把に(笑

トップは瑞鶴の46。
赤城さんや加古、最上、暁に陸奥、金剛といったいわゆる2-4組が30~40の間に並びます。駆逐艦トップは暁、現在36。
その下に駆逐艦ゾーンが横たわります。一番下は24から、おおむね25、6に集中。演習と遠征で上げた子が多いですなあ。
ええ、積み上げたパフェみたいになっているのです。ちょっと前までは駆逐艦勢から一つ二つ下レベルで軽巡、さらに一つ下に重巡という感じで綺麗に層が分かれていましたが、重巡のレベルアップにつとめたおかげで、今はその二つがレベル23か24に混交している感じ。
これら大きなまとまりの合間に、北上大井、水母千歳が入ってきます。
でもって20~22あたりで戦艦比叡霧島、航戦の日向伊勢、扶桑姉さまといった後発の戦艦組が修行中。
そして新参の島風が16、加賀さんが15まで追い上げていたり。
近頃のレベリングは重軽巡の誰かを旗艦にし、戦艦1,2隻、潜水艦・雷巡等1隻、(軽)空母2隻といった編成が多いです。効率を考えすぎてレベル低めの編成で出し、中大破でかえって時間と資源を浪費するまでがセット。
大井さんに「作戦が悪い」となじられて反省することしきり。なんというか、基本がケチだからなあ。


ところで、本来今日はブログを更新しようと思っておりませなんだ。
この子が出てしまったので、つい。

f0071389_15043253.jpg
先日のアップデートで追加された、睦月型駆逐艦「弥生」さん。
オール30で出るとは聞いていたし、建造18分と見て意識しなかったわけではありませんが、やっぱり出るとテンション上がりますわ。
しかしいよいよ母港が手狭になってきたぞ……。

[PR]
by sarok | 2014-02-04 15:37 | 艦これ | Trackback | Comments(6)

たぶん10年。きっと10年。

このタイトルで中原中也を思い出すのは、筋少好きだけであろふ。
「スラッシュ禅問答」にある「さらに十年 そして十年」という歌詞は、前後に引用された中也の詩「サーカス」には存在しない一行のはず。
と、いうことにさっき気がつきました。
ゆあーんゆよーんゆやゆよん。

サイト開設して10年、過ぎたようなのです。どんどんパフパフ。
……この数年は、9割方閉鎖しているといっていい状態なので、10周年です! と誇らしく宣言できる要素は皆無なのですが。
でもこうやってくだくだと、日々の水泡を噛み砕く場所を持てているのは、とてもありがたいことだと思っています。

f0071389_11313821.jpg
お祝い祐巳さん。
なぜ寝そべっているのかは謎。

十年前の二月頭、URL的には別の場所ですが、「祐巳・わくわく」なる名前のついた一枚のイラストを上げたのがはじまり。
いやSS二本が先だったかな? ちょっとうろ覚えです。
「そりゃわくわくするっちゅーねん!」
そんなコメントを、当時あった掲示板にネット友人からもらったことを、今でも覚えています。
当時ですらすでに常識的になっていた「ネット」の世界、私はPCを組んで半年、ようやくそこに馴染んできていたところでした。インターネットにアップロードするという意味、それを他の人が見る・見られるということ。
仕組みも何もわかっていませんでしたね。まあそっちは今でも大差なく、原理を知らない魔法を行使しているにすぎませんが(笑

十年のうちには、このサイトを通じたくさんの出会いがありました。リアルでお会いした方もそうでない方もいますし、今でもお付き合いをさせて頂いている方々もいれば、私の不義理でご無沙汰している方も。
みんな元気でいてくれよ、と。強く願います。
単にマリみてが好きで、原作を読んでアニメを見てたまに同人誌とか手を出して……とやっているだけでなく、あのときの私はなぜか、どういう判断か一歩踏み出したわけで、それはつくづく私らしくもないわけですが、結果として獲得したこの四畳半と、出会った友人たちは、現在の私が私を説明する上でなくてはならないものとなっています。
それを説明する相手も、私なのですがね。
もしこの場がなかったらと思うと、怖いというより、不思議な虚無感みたいなものが湧き上がってきます。仮にこの先ここがどういう変化を遂げようと、もしくは失われたとしても、かりそめに浮かべた四畳半から発言するという有り様、これを忘れることはあるまいと思うのです。

お付き合いくださりありがとうございます。
……またぞろ艦これ日記となると思いますが(笑)。イベントが来るまで、あっちもそんなにネタが豊富とは参りませんけれども。

[PR]
by sarok | 2014-02-01 12:11 | 雑記 | Trackback | Comments(4)