四畳半東雲蚊帳の内

<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

提督の決断・いい最終回だった

かくしてその日も、2-4攻略戦がはじまったのです。
資材や準備の兼ね合いもあり、一日に挑戦できるのは3~4回。週にして20~30回。
記事を見返してみないと細かいところはわかりませんが、初の挑戦が去年の年の瀬だった記憶があるから、ここまで三週間強。
トータル挑戦回数はおそらく7~80回はいったかもしれませんね。

開始前、司令部レベルはたぶん40後半か50台。現在は65。
レベルが十台だった戦艦「陸奥」は、30を超えて改造済み。攻略レギュラー陣レベルトップは空母「瑞鶴」の44。艦隊の平均から図抜けています。
長い戦いです。
うむ、しかし。明けない夜はないのだ!
出撃……。
f0071389_12014260.jpg
まんまwikiの画像ですが。
A地点での羅針盤という運試し、Fへと針路をとればボス確定です。HとIのどっちがいいのか……的な議論はあるようですが。
我が艦隊の場合、これまで体感的には7割K地点。そのあとLで左へ向くこと、ここに限れば8割といってもいい。
挑戦回数にして、ボスとガチバトルしたのが2~3回という運のなさよ……。
しかしこの日、羅針盤はFをさします。その後Gを越えてIへ。ここまでスムーズに進行するのはほとんど奇跡。
戦闘も順調。I地点をクリアした段階でカスダメのみ。小破もいなかったんじゃないかな。
ボス戦です。

今回のメンバーは、
旗艦は龍驤改、レベル39。暁改35、加古改31、金剛改35、瑞鶴改44、赤城改37……という正空2戦1の航空編成。
(レベルは終了時)
連戦すると艦載機の数が減るので、それだけ打撃力が落ちます。
相手は戦艦4、駆逐2。旗艦は戦艦ル級フラグシップ、ル級エリートが2、通常ル級が1。駆逐はどちらもエリート。
細かいところは記録をとっていないのでなんともですが、開幕航空で駆逐を1隻葬ったような。その後の砲雷撃戦、これが膠着します。チマチマダメージを与えますが、決定的ではない。
「やはり昼戦では決めきれないか……」
空母は基本、夜戦に参加できません。夜戦に突入した段階で、戦力は三隻に減ずるといっていいのです。
昼戦ほぼ2周した段階で、敵は2隻撃沈、2隻中破。フラグシップとエリート戦艦1隻は小破かカスダメ。
こっちは旗艦龍驤が中破。残りも小破がチラホラ。
と、ここで敵戦艦の一撃が、ここまで回避していた瑞鶴をとらえて、中破!
空母は中破以上から攻撃手段を大きく損なわれるのです。
場合によっては判定勝利も……と思っていましたが、こちらの旗艦中破に加え、彼女がやられたことでほぼ絶望になりました。提督、決断のしどころです。
けれども瑞鶴は笑っていたのです。


――強烈な一閃であった。火柱があがり、瑞鶴の体が大きく揺らぐ。
「瑞鶴さん!」
叫んで、駆け寄ろうとした暁を折れた弓で制し、焼け焦げた甲板を支えに、五航戦の誇りは沈み行く夕陽に向かって踏みとどまる。
暁は見たのだ。
みだれ髪の下で不敵に、悪魔的にまでつりあがっていく口角を。
「やってくれたわね。……でも、私を狙ったのが命取り」
はるかな敵影のさらに彼方へ、瑞鶴は指をつきつけた。
「もう日が沈むわ! 私たちの勝ちね!」



まあ、こんな感じで。
もちろん、この時点で私は勝ちを確信していたわけでなく、祈るように「夜戦突入」を指示したのですが。
敵戦艦が相次いでカットイン攻撃を繰り出し、龍驤は大破、暁・加古も中破に追い込まれてもはや背水。一方こちらの夜戦攻撃は、暁は外しますが加古が三隻残った敵戦艦の1隻を撃沈。残りはフラグシップとすぐ下のエリートのみ。
これで終了ならどうだろう、判定勝ちかもしれないけれど微妙。せめてあと1隻沈められれば。しかし空母3隻は何もできない……。

「全砲門、fire!!」

うん、君がいたね金剛。
連撃でフラグシップを一撃粉砕。
旗艦を倒し、計5隻沈めたことでA判定勝利!
長い戦いは終わったのです。



後から考えると、昼戦の最後に敵が瑞鶴を狙ったのが非常に大きかったといわざるを得ません。あれが金剛やら加古、暁という砲雷撃チームだったらと思うと。
運ですねえ。
しかしあれこれ積み上げた上でサイコロを振るのが楽しいわけで、そこが楽しいのがいいゲームというものなわけで。
勝ててよかった。

f0071389_11404238.jpg
今回参加できなかった他のレギュラー陣、遠征で資源・燃料回収に大回転していた他メンバーにも感謝。
攻略したその日はちょいと演習をやってのち、遠征にも出さず、全員お休みということにしました。
まあ提督はリアルマネーのために出撃せにゃならなかったわけですが(笑
きっと提督抜きで、打ち上げとか、盛り上がったに違いない。

さてしばらくは、消耗した資材・バケツを貯めつつ、のんびり新マップでも覗いていきましょうか。
最終回? あれは嘘だっ。
ひとまずは残る金剛姉妹「榛名」と、三隻目の正規空母が目標……かなあ。
[PR]
by sarok | 2014-01-28 13:03 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・オンリーユー

ちくしょうめ。提督も戦いに参加するから、流星一機貸してくれ!
エスコンACEクリア程度の腕でいいなら、敵艦に一矢ぐらい報いてみせようぞ。

……まあ、いまだ停滞中なわけですな。
しかし2-4、たまに空母主体(正規2、軽1)の布陣で行くと、4戦して帰還した時点の艦載機の損耗が50機を超えてます。
まあ、三隻合計でだいたい200機積んでるはずだから、四分の三弱は残っているはずなんですが。そういう問題じゃないのです。私の可愛い烈風、彗星たちが……(ヒコーキオタ
というかカード絵では艦載機などの装備、妖精さんが担当していたりするけれど、一緒に出撃してるんかいな。飛んでいく艦載機を見る限り、誰も乗ってないようではあるけれど。妖精さんだから大丈夫なんでしょうが、ちゃんと脱出して帰艦するんやで……と妙なところが気になっていたりします。


f0071389_01073103.jpg
2-4攻略メンバー、わが駆逐艦「暁」の勇姿。雷装、装甲はカンスト。
敵エリート駆逐程度なら「やぁ!」の可愛い一言で粉砕してくれる程度の火力はあります。
火力と雷装が合わさる夜戦こそが真骨頂ですが、それは最終ボス戦のみなので、なかなか機会がありません。がしかし、もはや足を引っ張る要素でないのは間違いない。




f0071389_01074376.jpg
そして私の屈折した愛情の犠牲者、重巡もがみん。
台詞が変わるのが嫌、という理由で、本来10レベルで可能になる改への手形を差し押さえられているのです。
……一応他にも理由はありますよ? 三連主砲が二連になるのが残念とか、飛行甲板でお腹が隠れちゃうから、とか。
どーしょーもない提督だな(笑
こちらは対空以外カンスト。初期値の戦艦ぐらいの火力はありますが、やはり彼女もその真髄は夜戦ですね。

かくのごとく強化を施すと、2-4のような力押し必須のステージでも結構な活躍をしてくれるわけで。もはや縛りはその体をなしていないといってもいいのかもしれない。
つまりは羅針盤、テメーが最大の敵だ!
「らしんばんをまわしてね!」
他の難しい用語にもルビがないくせに、なんでそこだけ小馬鹿にしたような平仮名オンリーやねん!
と、八つ当たりするくらいには煮詰まっております。

[PR]
by sarok | 2014-01-25 02:06 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・暗黒舞踏編

なんつーか、「男塾」みたいなタイトルだな。

さて。
2-4が主要ドロップ海域と聞いていたので、そのうち出るものか……とは思っていましたが。

f0071389_16400669.jpg
出ました新参ホイホイさん。
話題の「オッ!」という台詞はどっちかというと「ウッ!」と聞こえる。

まああれだけ周回してればね……。
ドロップしたのは定番とされる2-4-1ではなく、左下のフラグシップ空母出没ポイント、通称「またのお越しをお待ちしております」地点。
ていうか、そこ行き過ぎやねん。体感7割、実質6割はそこから放り出されているのではあるまいか。
何がすごいって、たぶんもう3~40回は余裕で挑戦していると思われるのに、ボスまで到達したのがほとんど一回きりだということであります。
半数以上は羅針盤、あとは不運な一撃中大破での撤退。
さすがにやきもきしますねえ。
ちなみに、その一度の対戦では純粋に力負けしました。夜戦でもうちょいダメージを出せればなあ。

まあ、島風さんは来てくれて嬉しい。さすがにその寒そうなカッコはおっさん、心配になるけどな!
2-4攻略の面子はほぼ固定化してきました。ただ最近は軽空母枠を「隼鷹」でなく「龍驤」に任せています。彩雲を積みT字不利回避を狙うとともに、24機搭載の第二スロットに流星を乗せての一発狙い。
龍驤ちゃんは最初に来てくれた軽空母なんで愛着もひとしおなのです。空母って強いんだな、と思わせてくれた彼女の力を信じたい。ヒャッハーさんも好きですがね。
なけなしの資源で開発した13号電探、五十鈴ではなく阿武隈を改にしたら持ってきた21号電探、これを金剛、陸奥の両戦艦に装備。阿武隈さんには代わりにソナーを渡しておきました。
この戦艦二隻でいくか、赤城さんを入れて空母二隻でいくか。
大体この辺の試行錯誤の繰り返しですね。感触は悪くないんだ……ボスにさえ行かせてくれれば!
なんだかんだと楽しんではおります。


f0071389_16402344.jpg
ほぼうろ覚えでラクガキってみる重巡「古鷹」さん。
つーか全身描いてなかったなあ、最近。
古鷹と加古、古鷹型重巡のこの二人が好きなんですわ。寝ぼすけ加古としっかり者の古鷹の組み合わせが。
アンシンメトリーな艤装も好み。

提督にも優しい古鷹さんですが、立ち絵だと左肩の砲台はぴったりとこちらに照準を合わせています。下手なお触りをしたらどうなるものか。
そして存外に台詞が思わせぶりである。
「提督あわてないで、大丈夫ですから」
二人きりの執務室で提督は何を慌てているのか……という疑問はさておき、男子たるものこういうこと言われるとなんともほっこりするよなあ、とニヨニヨする男子の成れの果てなのであります。

[PR]
by sarok | 2014-01-22 17:15 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・焦燥編

2-4攻略中……。

一応、縛りは継続中。
まずは駆逐艦、人気者の第六駆逐隊長姉の「暁」と、当艦隊におけるドロップ数トップをひた走ることから「押しかけ女房」キャラが定着しつつある「敷波」、この二隻に絞って育成、改修を進めます。
重巡はボクっ娘「最上」、それから眠りのこごr……「加古」。
軽空母はRJこと「龍驤」、ヒャッハー「隼鷹」、出雲丸こと「飛鷹」あたりをボチボチと。
これらの艦娘たちから艦種ごとに1隻、計三隻。
そこに正規空母の「赤城」「瑞鶴」、戦艦は「陸奥」「金剛」、航空戦艦「山城」「伊勢」あたりから三隻、加えて出撃となります。

まあ結論から申せば失敗続きなのですが、半数以上の理由は羅針盤に嫌われたことによります。ひたすら左下の隅っこに追い出されるんだよなあ。そこは、ヲ級フラグシップが頻出する海域でして、連戦に疲労した艦隊はしばしばドック送りにされる羽目に。
遠征部隊もフル回転ですが、大破した空母や戦艦がごっそり消費する鋼材ばかりはどうにも追いつきません。
駆逐艦二人は……だいたい旗艦にするせいか、存外ダメージは貰いません。一撃中破で撤退やむなし、となるのはだいたい軽空母の役目(?)。
たまに羅針盤がデレてくれても、おおむね三戦が限界ですね。しかしまだレベルも25~30くらいだから、もう少し頑張ってみよう。
ただ結局、陸奥にも頼っているし、レベルをがんがん上げれば重軽巡メインでもクリアできるだろうとわかっているわけだから、つまるところこれはただの力押しなんですよね。縛りとか言いながらも。
でも駆逐の雷装を鍛えつつ、2-4最終ボスとの戦いを想定するのはロマンがあります。夜戦にまで持ち込んで、カットイン魚雷攻撃でボスを粉砕して勝利! というのが理想なのですが、果たしてそう上手くいくものか、どうか。
うむ。信じましょう。




f0071389_21132088.jpg
大井っち。来てました。
なにげに金背景なんですねえ。
台詞が怖いです。すぐに提督に魚雷を打ち込もうとします。
でも改になって、入渠時の悪態もなんだかちょっと愛らしく感じるようになりました。
まあ提督がどう思おうが、彼女は北上さんのことしか考えてませんが。
……話には聞いていたけれど、ここまでガチな人だったとは(笑


一貫教育ならぬ一艦育成の当艦隊では、2隻目はたとえどんなレア艦だろうと平等に改修にまわされます。
先日、二人目の北上さんが出たのですが、ちょうどそれは大井さんが改になったタイミングでして。
ええ、まあ、「食べさせ」ましたよ。……目が怖いんだもん、大井っち。

f0071389_21132802.jpg
そしてその近代化改修直後(笑
なにをどんなふうにしてお食べになったんでしょうかねえ……。


[PR]
by sarok | 2014-01-17 21:28 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

重力の井戸

いつも以上に朗らかに健やかに羽目を外した感のあるラヴ茶新年会(ありゃオケのせいか……)、その翌日。
一真さん、もずる兄と映画『ゼロ・グラビティ』を見に行きました。

宇宙を舞台にしたヒューマン・サスペンス、とかなんとか。そういう触れ込みを事前に見ていましたが、これってよく意味がわかりませんよね(笑
でも実際、それしか称しようがない感じ。ほかになんて言えばいいんだ。
パニック・ムービーのカテゴリでもいいと思う。サスペンスというと、なんかドロドロした人間同士の思惑が交錯するようなイメージですから。しかしパニックと呼ぶにしても、登場人物が少なすぎる。ちょっと見落としたけど、スタッフロールのキャスティングの欄、一瞬で終わっちゃったんじゃないかなあ。
それも一つの片鱗として、ひどく純で朴訥でひたむきな、なにか新しい衝動に基づいた映画だ、と思いました。
ひょっとするとこの映画は、その受精卵の段階では、宇宙だなんだというあらゆる具象とかかわりなく、人の直面する絶対的圧倒的な状況、魂にダイレクトにかかる孤独という原初のみが垂れ込めていたのではないか。
ひとつ非常に印象的なシーンがあり、それはまさに、考えうるかぎりにおいて究極的な「お一人様」状況なのですが、このシーンを核に細胞分裂を繰り返したゆえの純粋さ、簡潔さが胸に届くのではないか、と。
そんなことを、映画が終わってから巨大オムレツを供しつつお二人とも話していたのです。非常に映画なんだけど映画じゃない気もする。水面が澄みすぎてそこに水があるのがわからない、みたいに余計なものが含まれない90分あまりなのです。
まあそれがゆえに、(個人的には)ジョージ・クルーニーやサンドラ・ブロックというよく見知った顔が出てくると、「ああこれは映画だ、宇宙じゃない」と妙に引き戻される感覚があって、演技力や存在感をまるで無視したらこれはマイナス要素といっていいのかもしれない……と不思議な感想を抱いたのですがね。
そういうリアリティなのです。支えているのはCGを駆使したであろう映像技術なのでしょうけれど、それだけじゃなくて、設定とその状況が感覚に直結した迫真を生んでいる。解釈とやりようによってはもっと低予算でも、あるいは劇場の舞台などでもやれることなのかもしれない。
だからこそ、こういう映画がウチの国でも出来ればなあ、と非常に残念に思います。できないんだろうなあと諦観しつつも。
さておき、ひとついえることは、宇宙は厳しいね。
環境に適応するのが生命の常ながら、宇宙って自然環境じゃないんだよね、と改めて思う次第です。それでも出ていくべきなのか、出て行かざるを得なくなるんでしょうけどね、いずれ。





ーーーーー
艦これ的日常・司令部レベル52。

f0071389_10141575.jpg
イベント終了、結局E-2クリアはならず。霧の艦隊は帰っていきました。
ナノマテリアル製「霧(桐?)の箪笥」を残して。
瑞鶴さんの背後で見えませんが、それです。


デイリーをこなしつつ、2-4にちょくちょく部隊を送り始めました。
一応、この難関をクリアするにあたり自分なりの縛りを設けていまして、

・駆逐艦から1隻
・重巡or軽巡or雷巡あたりから1隻
・軽空母or水母から1隻

以上の三隻を加えるのがノルマ。残り三隻の枠を正規空母・戦艦等で分けて編成することになります。一応潜水艦も1隻いますが……攻撃をひきつける特性上、さすがに2-4の連戦で持つとは思えず、条件には考えていません。
さて、それでここまで戦った感触……キツイ(笑
ことに駆逐はねえ。限界まで改装した艦でないと、なんにもできないんじゃなかろうか。
ひとまずそれぞれの艦種から選抜をはじめています。突破はいつになることか。



でもって、年末イベント最大? の収穫。
f0071389_10142107.jpg
団長にあわせる顔がない(会ったばかりですが
軽空母瑞鳳ちゃん。99艦爆の固定脚がお気に入りらしい。
彼女以外にも前出のゴーヤ、それから戦艦「伊勢」を獲得しておりまして、クリアはできなかったものの、イベント海域の見返りは当艦隊的には十分すぎるものでありました。

[PR]
by sarok | 2014-01-12 06:45 | 雑記 | Trackback | Comments(4)

姉妹船

艦これには、スール姉妹制度が存在します。
それぞれの艦種において〇〇型、というほぼ同一の設計プランにて建造された船は、姉妹ということになります。だからまあ制度ではなく実の姉妹なのですが。先に竣工した方が基本的にはお姉ちゃん。例外もありますが。
姉妹艦の多くは、その台詞に自分の姉やら妹やらに向けた内容があったりして、こと二人姉妹だったりすると顕著。中でも代表格は、扶桑型戦艦姉妹の妹「山城」で、当艦隊においてもことあるごとに「扶桑姉さま!?」と、姉・扶桑の幻影を求めてよよと泣き崩れて(提督主観)おりました。
さて、艦隊初の戦艦は、建造でひょっこり出た「金剛」でして、こちらも金剛型戦艦の長女、比叡・榛名・霧島のお姉さん。
11月末にゲームをはじめて以来、割と早く出た金剛と山城以外に戦艦はドロップせず、長く(といっても半月くらいですが)この二艦だけの状況が続いておりました。戦力的にも厳しいですが、なにより山城に「扶桑姉さま……」と涙ながらに訴えかけられるのが辛い。
けれど、そこで金剛が救いの手を差し伸べたわけです。
(ここから妄想タイム)

「さあ! 私をグラン・スール(違)だと思って! この胸に飛び込んできなサーイ!」

まあ金剛的には、山城はお姉ちゃんが欲しい→自分は金剛型の姉である→つまりお姉ちゃんが務まるんじゃないか、というハッピー思想なわけで。
当然、大和撫子ドロドロウェットな山城には通じず、

「……え? なに? なんなのこの人」

とジト目を向けられ、手を広げた金剛と傍の提督は凍りつくわけです。

けれど、「モーっ! 山城はノリが悪いネ!」と、無理やり抱きしめられたり頭を撫でられたりして、決して本人には言わないけれど、山城もまたまんざらじゃなかったりして、(金剛ねえ、さま?)なんて胸中で呟いたりなんかしちゃったりしてああ甘酸っぺえなコンチクショウ! とかなんとか、私はもうなんだかそういう姉妹妄想で満足していたのであります。

ところが、その後。
戦艦「扶桑」がドロップ!
山城歓喜!
「山城、よかったデース」
金剛ちゃんはもちろん、祝福してあげるのです、が。
姉妹で共用する部屋に戻ると、はじめて自分が一人であることに気づいちゃったりするのです。
f0071389_08074794.jpg
砲弾縫いぐるみを抱いちゃったりして。

金剛さんは提督に好意を発露するLOVE勢として有名ですが、私としては妹思いのお姉ちゃんであってほしい。
ということで、今度は一人きりの金剛が居たたまれず……私提督と山城はオロオロして年を越したわけなのですが。
「後半へ続く!」




ここで経過でも。
司令部レベルは48。
ここにきて駆逐の皆さんが順調にレベル20に到達しつつあり。
「時雨」「霰」「朧」「満潮」「暁」「菊月」「潮」と、続々と改造をうけております。改になったお祝いにと、そのつど近代化改修をおごるわけですが、そっちの素材となる艦娘の供給やら、改造にかかる鋼材の調達やら、追いつかねー。
空母「瑞鶴」も25に達し改となり、史実でまとった決戦用迷彩にチェンジ。艦隊もいよいよ威容を増してきましたが、アルペジオイベントはもう終了するんですよねえ……。結局E-2のクリア、というかボス戦到達すら不可能っぽい。
タカオ達に加えて陸奥、航空戦艦に改造した山城も挑みますが、エリートやフラグシップの敵船は固いわ避けるわで始末が悪い。電探とか積極的に作っていくしかないのだろうか。
まあイベ終了まで3日? ゆっくりやりましょう。そのあとは2-4挑戦だなあ。




……で、年が明けて三日、なんとなく2-2を巡回しておりましたら。

f0071389_08082269.jpg
きてくれました。
金剛型戦艦二番艦「比叡」さん。
よかったね金剛ちゃん!

さすがはお姉ちゃん大好きっ子、真っ先にはせ参じてくれましたねー。
まあ金剛姉妹はクエスト的に重要で、残り二人をそろえるまではたぶん長い道のりだろうとは思いますが。
今はなんというか、金剛が一人でないというだけで、提督心底ほっこりしているのであります……。

てなこと言ってますが、姉妹艦の揃っていない――一人きり、ということになると瑞鶴もそうだし、陸奥だってそうだということになるんですけどね。
100名あまりの艦娘がそろってくると、目の届かない孤独や闇が逆に生まれてきて、そういうのをお互い気をつけてまめにつぶしあってくれていると嬉しいなあとか。また妄想してしまうのであります。
ていうかもう全寮制の女子高みたいな規模だな(笑
提督の仕事なんてホント、兵站管理しかありませんわなあ……。

[PR]
by sarok | 2014-01-05 09:33 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

おめでとうございます

久しぶりで雑記カテゴリで投稿。
あけましておめでとうございます!

f0071389_16361279.jpg
そんなことを言いつつ執務室の模様を貼り付ける業の深い提督である。
しかもスクール水着少女。正月からこれだ。
かつてはマリみてサイト的に「膝上を露出した絵などけしからん」などとのたまっていた紳士鎖六、今ではこの体たらくである。
高架線下の四畳半、明日はどっちだ!?


まああらためて、本年もよろしくお願いいたします。
皆々様健勝で……とか方々に挨拶しつつ、己は微不調だったりしますが、例によって不摂生によるものなので、自業自得としか。
年々健康のありがたみがわかりますねえ。ホント皆様も、体を大切にしてやってください。気分や精神も、結局体調に引っ張られるものですからねえ。
さて去年も似たようなことを書きましたが、今年こそ本サイトが十年目。
年単位で放置してますが、どうにかしたいところ。場合によっては一度消えるかもしれません。よろしければこちらに繋いでおいてくださると有難いところです。
ただ日記を垂れ流しているだけですけどね……。


ちなみに上の艦娘さんは潜水艦伊58。通称「ゴーヤ」さん。
ひょっこり、イベント海域でドロップしました。彼女曰く、スク水は提督指定の学園の戦闘服(違)らしいですな。
結局艦これの話題じゃあないか、ということで一真さんのやっていた艦これ診断というやつの結果を貼って年頭の挨拶といたしませう。

「モリアーティ提督には」
友人として…由良
 母として…敷波
 姉として…響
 妹として…羅針盤娘
 恋人として…飛鷹
 浮気相手として…まるゆ
秘書艦として…鬼怒

飛鷹もまるゆも鬼怒もいねえ! しかも後ろ二人は純然たるレアじゃないか!
そして「妹」羅針盤娘。
……人生、ままならぬものです。

[PR]
by sarok | 2014-01-02 16:55 | 雑記 | Trackback | Comments(2)