四畳半東雲蚊帳の内

<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

風呂とビール

五月の日記、二回くらいになりそうだなア。
それはもはや日記とはうんぬん。


鶴田健二『さすらいエマノン』を買って電車の中で開く。
……のっけから肌色が多すぎる(笑
気前よく見せすぎですがな。
まあ、落ち着いて家で読めって話ですな。
けれど先日のマリみて新刊も半分くらいは電車で読んだし。ちょこちょこ書いたりしたものの手直しなぞも、通勤のさなかにやっていたり。
一言でいえば、集中力がないんでしょうな。
でも、適当に空いた電車の車内。足りないアタマを使うには、実にいい場所なんですよね。
老後は電車の車両でも買って、改造してそこに住むべきかもしれん。
……そうすればそこが単なる「我が家」になるだけでしょうけど、ね。



『テルマエ・ロマエ』を見ました。いつものラヴ茶面子にて。
原作を読まずに行ったのは、今回のメンバーでは私だけだったと思いますが……これが意外なほど面白かった。
阿部寛の顔がずるい。
というのはさておき、話にきけばけっこう原作にない要素をいれて、一編の映画にまとめあげているとのこと。
その、細部の工夫がね。笑いをとれるところでは些細なところでも取りに行くし、辻褄が合いそうなら力技でストーリーを縫い合わせる。
貪欲なんです。そして柔軟だ。
映画一本槍というより、テレビとかほかの畑の人が混じっているためじゃないか……と思いました。スタッフを確認していないから、わかりませんけれど。
手法として、いかにも近頃の日本映画らしいんですけれど、それも味付けというか、調理法なんだなと。
いや、愉快なひと時でした。

映画のあとは日比谷に繰り出して、オクトーバーフェストなるものを体験してきました。
すごくビール。すごく肉。
ソーセージにジャガイモ。
しかし、大した人出でした。土曜の日比谷にあんなに人がいるなんてねえ。もちろん、あちこちから来ているわけですけれど。
ほんま都会は膨大、甚大であります。
[PR]
by sarok | 2012-05-24 12:39 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

五月の花束

竜巻で、北関東で被害が出た日には、当四畳半の存する地域も雹など降りまして。
なかなか苛烈なスタートの五月ですが、それでもここ一両日ばかり、海の満ち干きみたいな音をたてて風がそよいで、「ちょうどいい」心地よさが戻っております。
暑さ寒さのどちらにも偏らない季節って、短いんですよね。
それでも今年の春は、花粉症の症状が軽くて助かりましたー。
飛散量が少なかったのか、私の器官が鈍ってきているだけなのか。







『フェアウェル ブーケ』読みました。
マリみての、と前置かないのがここのしきたり(笑
大好きな鹿取センセがお嫁にいってしまい……私はなんだか、にまにまと気持ち悪い笑みを浮かべて喜んでおります。
以前、彼女にタバコを吸わせるSSを書いたなあ、などと思い出したもので、冒頭のど飴を「手放せない」などという場面に、若干間違った記憶を連結しそうになりました。
スーッとする、ハーブつながりなわけね。
ご結婚、おめでたかぁ。
『バラエティギフト』を思い出した人は幸いである。「降誕祭の奇跡」をめくって、リリアン生時代のあどけない先生と、美嘉さんのイラストに出会って、目頭を熱くするとよろしい。
私は、そうしました。
今野先生のあとがきじゃあありませんが、なにもかも皆なつかしい……。


どうでもいい突っ込みですが、帯に「退職」ってありますけど、鹿取先生は休職されるだけですよね?
しかし、先生の話か。
もちろんこれがリリアン時空なのは承知ですけれど、(女性の)先生と生徒の距離感ってのは、こういう感じでもあるのかな? とちょっと思った次第。
生き方の多様性が叫ばれる時代ながら、先を生きる大人として、未来に投影された自分の姿として、生徒は先生に自分を投入するわけで。「つまらない女」から至上のあこがれまで、振れ幅は広く、容易に変化しうる。
大人、としてただ生徒の前に立っているだけでも大変なことなのだな、と改めて思います。そしてやはり、女性同士の方がより直列的であるのかもしれない。
スールと違う、縦のつながりを見せられたようであります。うーむ。



さておき。自分がつくづく足りていないと、「プライベートTeacher」を読んで思いました。正確には、その後書きで触れたところ。
「古めかしい」雰囲気を出すために「徳利セーター」「襟巻き」を狙って書きました、ということですが、さっぱり気づきませんでした。
まったく私は、名探偵にもプレイボーイにも、当然薔薇さまにもなれそうもありませんナ。
[PR]
by sarok | 2012-05-13 13:57 | 雑記 | Trackback | Comments(0)