四畳半東雲蚊帳の内

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

グレイズ

めっきりさっぱり秋ですね。少し前まで、夏に忘れ去られた蝉がひっそり鳴いたりしていたんですが、なんだか静かになりましたね。あの蝉は仲間を見つけられたのか……。
衣替えの支度も済まないままに朝夕が冷え込むので、ちょっと大変。もっともわが四畳半では、冬物といってもしっかりまとめてあるというわけではなく、どこぞに転がっているのを引っ張り出すばかりなのですが。
そしてやたらと眠い。よく寝ていても眠い。さしてくたびれていなくとも、横になって何かしていると、いつのまにか鉛の重しみたいな眠気にぐぐっと引っ張られる。
食べる量も増えます。だいたい何を食ってもうまい。気が付けば明らかに消費<蓄積のカロリー摂取と相成っております。これじゃイカン余計な肉がつく、というわけでむやみに歩き回ったりするわけですが、涼しくなっているのはこの場合ありがたいですな。
私のはるか祖先は冬眠をしていた系の生き物だったのやもしれん、などとアホなことを思います。冬眠しなかった系の祖先の人たちもいるんだから、同じ仕事をしていてもこっちの効率が落ちても許してね! とか。
そんな理屈が通るかっちゅーの。

そんなわけで先日も、夜の入り口ごろにうろうろと歩きまわっておりまして。
ところで、東方界隈にてよく聞く言葉に「グレイズする」というのがあります。厳密には東方発祥の言い回しではないようですが、シューティング東方にては敵弾をギリギリで回避することで得点が入るシステムがあり、そこから転じて物事のボーダーラインに抵触するかどうかギリギリを「掠る」ことを指すことも。
東方のゲームをやっていると、グレイズのエフェクトは明確に確認、視認できます。「カリカリ」音がしたり火花のようなのが散ったり。
で、話を戻しますが、リアルで車との「グレイズ」を体験しました。
信号のない横断歩道で、大通りから入る横道、私は直進する側だったんですが、躊躇なく入ってきたところを見るに、おそらく直前の歩道でこちらの姿を確認できていなかったんでしょう。私の格好が全身黒づくめで、唯一目印になりそうな帽子は脱いで手に持っていたから、視認できなくとも仕方ないかと、後になれば思います。
いやしかし、ほんとに「掠り」ましたね。小型トラックのようでしたが、フロント部分が目の前を通過する時点でほとんど密着するような隙間しかなく、内輪差の関係で「巻き込まれる」と咄嗟に思い、無理やりに体を反らせましたが、右手の鞄はトラックの荷台にこすれて音を立てておりました。今思えば、足元の靴先とタイヤの距離はさらに近かったかもしれませんネ。踏まれなかったのがラッキーです。
車は少しスピードを落としましたけど、そのまま走り去り、私もそのまま歩いて駅へ向かいました。
正直なところそんなに驚かなかったし、腹も立たなかったんですが、だんだんと状況を振り返るたびにけっこうな「グレイズ」だったなあと思うことしきり。
そもそも歩道にいる私に気づいていなかったのなら、こちらがあとちょっと早く横断歩道に侵入していたらぶつかっていたのは想像に難くなく、これはやはり幸運であったとしておくべきでしょうね。
しかし、気をつけようとは思いました。むしろ自分が運転するときに、くれぐれもこんなことにならんように、と。
やはりああいうときって思考がスローモーションと化すのは本当ですねえ。トラックに再接近した瞬間の記憶は脳内再生してみてもゆっくりしていて、まるで映画の「マトリックス」の有名なシーンのようです。その中でしきりに鳴っておるのです、「カリカリ」「カリカリ」と。



中公の『毒の話』(山崎幹夫著)をしばらくぶりに読む。
以前、毒をネタにオリジナルの話をやろうとしていて、そのため読んだ一冊でした。他にもいくつか類似の本を読んだので、アフラトキシンだのアコ二チンだの、そういう名前は妙に覚えているのです。
わざわざほぼ絶版で手に入らなかった「ラパシー二の娘」を図書館で申請して読んだり、そういうことまでしていたくせに、肝心のネタがどういうものだったのか思い出せない始末(笑
しかし毒っていいよね。ロープレなんかで毒攻撃がメインになったりすることはあんまりないけど、なんだか好きです。
モンハン2ndgをやっていたときは毒属性武器が好物で、ひたすらモンスターを「グレープ」状態にして(そういうエフェクトが出る)遊んでおりました。3rdになって毒、麻痺武器が全般弱体化したのは残念でしたねえ。
さて上記の本はけっこう旧いもので、今は上書きされた情報もあるのだろうと思いますが、実に面白い一冊です。毒そのものよりそれが生み出す神や悪魔、またはそのような存在になったかのように振舞う人間について、あれこれ考えさせられます。
[PR]
by sarok | 2011-10-30 14:30 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

まみみな

せめてひと月に一回ぐらいはラクガキでも上げたいところですネ。
そんなわけでひさびさに新聞部。
二次創作が原作から飛躍して願望を充足させるものならば、この姉妹のもっとイチャイチャした姿というのは私にとってまさにソレにあたります。
まあでも、卒業後もなんやかやと長く関係が続きそうな二人ではありましたが。割と自然体でしたしねえ。

学園ドラマの場合、新聞部と生徒会、主にこの二つは実状ともっとも乖離し勝ちなものであるかと思います。
そんな権力ねーよ、とか、そんな暴走しねーよ、みたいに。
まあリリアンの場合、加えて武嶋蔦子さんという唯一無二の英雄が一角を占めるのですが(笑
生徒会はねえ。おそるべき例が枚挙に暇が無い。
学園を牛耳っていたり先生も言いなりだったり、生徒会長がとんでもない金持ちだったり、ヘリで通学していたり。
実は裏課業で魔物退治をしていたり、全員人間じゃなかったり、変身したり。おかしなアンドロイドに悩まされたり。
……多少想像で書きましたが、けっこう外れていないんじゃないでしょーか。
ロサなんたらという三人がまとめる山百合会は、その設定というか、なんというか門構えは他の勢力にひけをとりません。
三薔薇さまそれぞれが一つずつ所有するロザリオを、マリア像に隠された鍵穴に、三人がそろって突っ込めば、初代学園長が残せし全長200メートルの巨大ロボが発進する、なんつー展開でもおかしくはない感じ。
「お姉さま、あれをやるわ」
「ええ、よくってよ」
それは違う。


とゆーか、おびただしいマリみて二次の中にはそういうのもあった気もするなあ(笑)。ほんとにいろんな人が、いろんな物語を生み出しましたからねえ。
[PR]
by sarok | 2011-10-19 22:06 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

映画になった「はやぶさ」

そんなわけで映画『はやぶさ』を観てきたわけです。正式にはもうちょい長い副題つきだった気がするが気にしないっ。
というくらいに事前情報のないまま出かけていったのです。
志音さま、もずるさまにお誘いいただき。
正直とっても見たい! と思っていたわけではなく、ただお二人のチャレンジ・スピリットに刺激されたという一点に根ざして。
「流行りに乗っかっただけの粗製」「『はやぶさ』である必要のないオリジナルストーリーに申し訳程度に元ネタが挿入される」「というかただの恋愛モノじゃん?」
などなど、そういう地雷を踏まされる予感に、顔をあわせた我々は戦々恐々としていました。たぶん。
見てもいないものに随分な態度ですが、いかんせん古傷が痛むわけですよ。「油断するな」とね。

で、結論ですけど、存外によかった。
存外に、なんていらないですわな。いい映画でした、うん。
一言でいうなら「映画になった『はやぶさ』」だなあと。
当たり前じゃん、と言われそうですが、元ネタありきのこういう物語が、物語の体を成して完成を見ることの少なさを思うに、そう簡単なことではないのです。
主人公は一応オリジナルキャラで、彼女を軸とした縦糸は通っているものの、それは最低限です。「物語」として再構築した場合のはやぶさストーリーに、入り込みやすい視点を用意したものでしょう。
元になった探査機「はやぶさ」をめぐる事実、現実に起きたことに、そういったオリジナル要素を加えて、一編の見ごたえのある映画としてのストーリーに組み立てなおす。パズルを組みなおすようなそのやり方に、職人気質なものを感じます。見る側の「ツボ」を心得た上で、過度の思い入れや偏重のないつくり、専門的なやりとりはそのまま流すけれど判りづらい部分は字幕であっさり分からせる、という気取らなさ。
写真ではないのです。絵描きの中で煮詰められ、削られ強調された画なんですね。人の手を経由することできっちり磨かれているのです。
というか、これ堤幸彦作品なんですね。「トリック」や「SPEC」の。
そういうことも知らずに行ったのですが、いわゆるトリック的な「堤演出」は最低限にとどめ、漫画的ともいえる癖のあるキャラ立ても要所に絞り込んであるのも、個人的にいい印象を抱きました。
「はやぶさ」にまつわることで役者が動いたり喋ったりしているだけで嫌、という人には向かないでしょうし、見るまでは私もそういった感情に近いものはどこかに持っていたのですが、「はやぶさ」好きならいよいよ見て得があるなあ、とそういう映画だと思うわけです。
「はやぶさで感動している人を見たい」「感動を共有したい」
そういう体験ができる、とは志音さまの弁ですが、まさにそのとおりだと思います。




ーーーーー
なんだか久しぶりにSSを追加しました。
祥子さまを書くとき、私はずっと抱いている抱負というか、それを書ききることで彼女を表現したいと思っていることがあるのですけれど、これまで上手くいったためしがありません。
今回もまた正直成功したとは思えませんで。
小説を書くのはやっぱ恥ずかしい。未熟なのがホントよく暴露されます。主に私自身に向けて。
でもひさびさにSSリンクを使えて嬉しかった。UP作業も含め、久しぶりすぎて手順がわからなくなっていたけれど。
[PR]
by sarok | 2011-10-15 16:17 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

風邪っぴき

風の次は風邪でした。
二年に一度くらいちゃんと? 熱を出すのです。あらかた回復しましたが、まだ喉やら頭痛やら、微妙に部分的なところで尾を引いています。
まあしかし、大病というものをいまだ経験していないところ、恵まれているのかなと思いますね。
風邪をひけば必ず、過去にひいた風邪のことを思い出します。これ、大概の人がそうなんじゃないかな。
一種のタイムマシンです。
今でもよく思い出すのは、香川に住んでいたころに、九州の実家へ里帰りする途中、当時現役だった宇高連絡船の上で熱を出したことですね。小学校何年生だったか、あれはしんどかったなあ。
もっとも、熱を出した息子を抱えて船に乗ったり、電車に乗ったりしなくちゃならなかった母親はもっと大変だったことでしょうけどね。
風邪をひいた「ぐらい」で病院に行ったり、薬を飲んだり、ということをあまり考えない家だったし、割とそういう風潮だったように思います。インフルエンザなんかも、当時から予防接種はあったように思いますが、危険度がきちんと浸透してきたのは、比較的最近ですよね。
そのかわり、漫画のごとくメロンを切ってもらえたとか、缶詰めの桃を出してもらったとか、そういう記憶もあんまりないですねえ(笑)。ひたすら寝て、粥か雑炊をすすり、使うのはせいぜい氷枕。
なんかそういう感じでしたな。

昔読んだ児童向けの小説で、タイトルも内容も忘れましたけど、風邪をひいた少年が、カレーとラーメンをいっぺんに食べて(確か、別の用途にもらった小遣いを勝手に使って)、そしたらけろりと治る、みたいな話がありまして。
『カレーとラーメンなんて一度に食べていいんだ! すごい! いいな!』
とかなんとか。子供心にそんなことを思った覚えがあります。たぶんそれが、書き手の期待する正しいリアクションだったのでしょう。
大好きなメニューが夜ご飯に出る。アイスやゼリーやプリンが冷蔵庫にある。
そういうことが非常に大きなウェイトを占めていた時代って、確かにあったなあ……と。
それはさておき、かつての子供向けの物語では、そういう食べ物の描写が印象的な一場面を形成していることが多かったですよね。
それは例えば、ばあちゃん家に行って山ほど素麺を食べたとか、近所で開催された餅つき大会でできたての柔らかい餅をたらふく食べたとか。
別の小説で、魔女の館に忍び込んだ少年が吊るしてあるソーセージを盗み食いする場面、それがやたらと美味しそうに感じたことを覚えています。
今は飽食の時代とか言われますが、果たしてああいう食べ物が放つ求心力は、物語の中でまだまだ発揮されているのかな、とふと思ったり。
その点は大丈夫かなあ。子供ってけっこう、いっつも腹ペコなんですよね。ちゃんと三度ご飯を食べていても、好き嫌いが非常に多くても。

さてしかし、今の私はといえば、食い意地だけは残存しているものの、カレーとラーメンをいっぺんに食べるには、少々いろいろとキツくなってきたようで。
ゴローちゃんのように「大盛りでね!」とも言えなくなってきております。そこはかとなく、うら寂しい。
秋ですねえ。
[PR]
by sarok | 2011-10-04 16:19 | 雑記 | Trackback | Comments(0)