四畳半東雲蚊帳の内

カテゴリ:艦これ( 299 )

提督の決断・サブマリンストリート

思えば、鎮守府秋刀魚祭りも今年で三回目。三度も続けば伝統ある祭りの風格もありやなしやですが、過去記事を読むに初回はあまりやる気がなかった模様。最初の大漁旗は、去年の秋刀魚祭りの選択報酬でもらったものですしね。
ていうか、15年秋は9月ごろ? もがみんとカッコカリして、そっちの関連任務に精を出していたようです。むしろ初カッコカリから二年も経っていることに驚きを禁じえないw
しかしまあ、艦これはじめて以来、よくもこんだけ日記書いてきてるなと。呆れるやら感心するやら、です。まとめれば分厚い本になるね! 自分で読んですら退屈だろうけどな!

そんなことはさておき、今年の漁はキツい。
前回の日記から、22尾まではまあ、そこそこのペースで集まったものの、週半ばから漁獲が目に見えて落ち、10回出て1尾、15回で1尾……くらいに状況が悪化します。
イベント並みに出撃をしているのですが、連合どころか、半分は1-1と1-5で軽い編成ですから、資源が減らないのは幸いなところ。




f0071389_12493238.jpg

一人でお買い物モードの鹿島さん。例によって、大人の都合で絶対破れない「ミツコシールド」を完備しています。
まあでも、見張り員・ソナー・探照灯に水偵を積んでの秋刀魚要員なんですけどね(笑
1-5の四人目に持ってこいなのです。





漁獲報告
[PR]
by sarok | 2017-10-15 14:00 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・あのこはだあれ

うーん……これは?








ブログ更新、今日はしない予定だったけれど。
これはひょっとして、ひょっとするのかな……?
ねえもずるさん(笑

ミッチー来たか? この発表だけだと朝雲、山雲の可能性もありますけれど、これまで朝潮型改ニを進めてきた流れとか、順番とか、絵師さんのこととか思えば、満潮濃厚かしら?
眠れる海底生物、ついに動くか! いやもずる兄は、リアルでは実に活き活きと活動されておりますけどネ。
ま、西村艦隊のくだりの後で(それはともかく)今月下旬~と続く可能性も捨て切れませんが(笑)。改行してないし、実際そんなことだったら運営意地悪すぎるけどな!



せっかく更新したので秋刀魚漁の経過でも。
現在13尾です。ペースとしてはまあまあ、という感じですけれど、感触としては実によろしくない。だって出撃ペースは去年より多いどころか、たぶん二倍くらい出ていってますからね。
とにかく鎮守府(正面)海域、1-1や1-5での釣果がゼロに近いのがキツすぎる。1-1は漁業装備満載の駆逐二人に軽巡or水母で周回、1-5も同じく装備満載の夕張さん+大鷹、ソナーのみの海防艦二人という編成ですが、これがサッパリ出ない。
ここまでの釣果は、ほぼ3-3でたまに3-5で稼いだものが9割を占めております。
適度に他の海域も挟んでいるんだがなァ。ヴェルはやっぱり、ワカサギを釣っているんだろうか。
ひとまず12尾での任務報酬はロケット砲に紫電改ニを選択しました。何かの改修で使うっぽい? 紫電改は。




f0071389_15562304.jpg
それでも、国後ちゃんが一人来てくれました。これは3-5ですね。
うれしいけれど、海防艦を使う改修もやはり複数投入した方がいいんだろうし、改にした方がいいんだろうし……ということで、少し手間がかかりそう。
よく調べていないけど、択捉型と占守型ではそれぞれどのパラメーターが上昇するのか、違いがあったような。正直ドロップしないと思ってたから、チェックしてなかったのよね。

ああしかし、上のアナウンスを引いてきたりする過程で今回の大漁旗、見ちゃったけれど、アレも可愛いな。俄然やる気が出てきましたね。
だから秋刀魚さん、どうかひとつたのんます。

[PR]
by sarok | 2017-10-08 16:07 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・フリーダム響

土曜はアキバでてーとく会議。その前にもずる兄、一真さんと、公開中の『ダンケルク』を新宿にて観てまいりました。
鑑賞の感想ですが……うーむ。面白い面白くないで判ずれば、わりと面白かった。
現実でも創作でもキッツいのが苦手な私は、戦争映画というものをほとんど観た事がありません。そういう意味では自分の中に物差しがない。
ま、しかし事前に聞いていた、サスペンス映画じゃね? という評判はあながち間違いでもなさそうでした。いや、むしろパニックムービーかも。銃撃といえば銃声がとどろくだけ、スツーカもメッサーもパイロットは写らないし、ドイツ側はおよそ人格というものが描写されないので、襲い来る事故や天災からひたすら逃げ惑っている人々にも見えてくるのですな。
オムニバス的に三つの時間軸が動いていくのですが、それぞれ登場する人物たちの生き様は鮮烈ではあるけれど、そこまでじっくりねちっこくまとわりつかない。
ところどころ、キレイな海と空にボケっと見入っておりました。なんかそういう余裕のあるつくりでしたね。
まあ、船が沈む~、巻き込まれる~なんて場面となれば、やっぱ海怖いなと思っちゃうのですけれど。
イギリス駆逐艦が二隻ばかり出てきたかな。アナウンスされているイギリス駆逐艦娘がコレなのか、あるいは別なのかーとか考えていたのは言うまでもありません。もっとも撮影に使われたのはフランスの駆逐艦らしいけれど、あれは何を「演じて」いたのだろう?

てーとく会議はアキバの小さなお店にて。夏イベの結果を報告したりアレコレと。
もずる兄は甲の呪いにとり憑かれておるなあ……。いや、難関に挑んでクリアできず、艦娘もゲットできないというプレイも、それはそれで大いにアリだとは思うのですけどね。
ただ大艦巨砲主義も、甲難易度へのこだわりも、たぶんこんなふうに遊ぶんだろうな、とあらかじめ想像していたもずる兄のイメージとは違うなあ(笑)。プレイスタイルって面白いね。
団長にはもがみんポスターをいただきました。なんとか貼れないものかと。いややもめ暮らしだし、別に問題ないんだけどね。

「提督、昔はラムちゃんとか貼ってたよね」
「石器時代の話やな。ていうか時間軸を飛び越えて人の過去を振り返るんじゃない」
「アニメつながりで某女優さんのカレンダーとかさ。ぶら下げてたよね」
「ヤメロぉ! 若いうちはいろいろあるんです、いろいろ」
「いろいろ、ねえ」
「貼ってやる。キミのポスターを貼って、朝晩話しかけてやるぞ」
「こんな問答やってるだけで今更じゃん」



絵を持ち運ぶ筒を買って、それに入れて抱き枕にすればいいんじゃないかと。
鴨提督にアイデアをいただきました。ありがとう! 採用はしないけどな!






f0071389_20481131.jpg

某所サムネ用。どうみてもパクリ。
しかしイラストなんて久々に描いたなー。



秋刀魚は現在9尾。
1-1はキラ付け程度に出張り、1-5は爆雷をはずした海防艦でローテです。
やはりメインの漁場は3-3。3-5もようやくゲージをひとつ削りましたが、秋刀魚は出ず。
で、あまり同じ海域に行くのはよろしくないので、ここに6-1を加えてたまに周るようにしました。大鯨旗艦に由良さん、潜水4人ですがこちらはまず勝てない。さっきようやくボスAをとりましたが、やっぱり秋刀魚は出ず。
これまで二回の秋刀魚漁と比べ、今回はかなり熱心に出撃しているのですが、その割に伸びない漁獲に少し焦れているところです。まあ、スパ子さんやアー子のレベリングは捗りますけどね。


そんな艦隊の現況を見かね、彼女はついに改装を決断したのだった……。









f0071389_20475767.jpg

「司令官、その、私を改ニにするかは迷っていたんじゃないのかい?」
「限定グラがかわいいから改ニにしました」
「そんな理由でいいの!?」
「いいと思ってる」
「……そうか。そうだね。スパスィーバ」



向かって右手に見えますは、氷に穴をあけるドリルっぽーい。ワカサギ釣りの準備は万端でありますな。フリーダムな子やで。
改ニにしたのには他にも理由はあります。ガンちゃんとコンビを組ませたいというのもありますが、一番は単純に、駆逐艦娘の層をもっともっと厚くしておきたかったから。
夏イベの反省はいろいろありますが、攻略中何度か、「もうあと2,3人、駆逐艦とケッコンしておくべきだった」と感じたことがありました。
カッコカリによる先制対潜の可能性、耐久や運の上昇……これは大きいですが、スロット増設による強化も含め、要はもっと戦力として「信頼できる」駆逐艦を増やす必要性を痛感したわけですね。
とはいえ今は秋刀魚漁。ヴェルちゃんもまた秋刀魚装備をごっそり積み、同じ装備の卯月と一緒に1-1をまわったりしています。
他の限定グラの画像も貼りたいけれど、今回はこれまで。

[PR]
by sarok | 2017-10-04 22:13 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・秋刀魚漁スタート

夜が涼しくなってくると、夏も終わりだなあと思うわけで。毎度、その最中では夏も冬も、まるで永劫に続くかのように思えるものですけれど、かならず終わりはやってくるものですねえ。
昔からよくさまざまの人の意見、エッセイ、評論などで見かける「日本人の忘れっぽさ」というもの、私はそれを海外と比較する能力がありませんけれど、やはり四季の移ろいが醸成した特有の精神性、国民性というものはあるのかもしれませんね。あ、決して今の政治の話はしていませんからね(苦笑






f0071389_11430268.jpg

「モッテナイヨ」

今年もやってまいりました秋刀魚漁。一応、北の海の守り神たる彼女に挨拶にいきます。
秋刀魚は持ってないけどな!

話は前後しますけど前回の記事で話題にした2-5任務、一週間弱かかってやっとクリアしました。

 「第十九駆逐隊」敵主力に突入せよ!

ですね。綾波・敷波・磯波・浦波にプラス2で2-5クリアが条件。軽巡1・軽空母1を加えて道中二戦でいくのがポピュラーっぽい? ということで阿武隈(途中から由良)と千歳航改ニを入れて臨んだのですが、まあ道中ボコられる。
んで、ボス前まで行けばそこで逸れると。
忘れてました。いわゆる初心者の壁は2-4ですが、2-5は実装当初より、索敵値というものを考えるはじめのハードルとしての海域なのでした。
駆逐艦4人に電探を積んで……も逸れる。より高性能な電探に代え、彩雲をカロリンに代えて……も逸れる。
そしてまた撤退祭り。阿武隈を由良に代えて、そちらにも水偵を積み、何度か試行してようやくクリアできました。
この、地味にミニイベントとでもいうべき抵抗感がちょうどいい。なかなか面白くなってまいりました、任務消化。
と思っていたところで秋刀魚ですよ。提督も帽子をとってねじり鉢巻にしめ直しです。






f0071389_11424752.jpg

だがキミは気合が入りすぎだ。
ウチの卯月ではなく、上掲の3-5か何かでちょうどドロップしたのでパチリ。
新グラはうれしいけれどその秋刀魚、何をする気やねんw

釣竿やらフィッシングベストやらで装備を固めたガチ漁民たちに加え、まるで波止場で漁師の夫を待つがごとき若妻スタイルの狭霧ちゃんやらもいれば、三越スタイルでおしゃれな鹿島さん、ただのシャレオツお姉さんと化した私服リシュ子、んでもってISO波にURA波のカメ子勢、それに夏~秋祭りの浴衣を着たままの子たちもいっしょくたで、艦隊はこれまでにないカオス状態となっております。
去年も話題になっていたけれど、この秋刀魚漁限定グラのときに着任した新人提督って混乱するんだよな(笑)。海戦ゲームをはじめたはず、なのに釣竿持ってるんだもんなあ。



f0071389_11423533.jpg

昨夜、ラ〇ュタをぼけっと見ながら1-1、1-5、3-3、3-5とあちこち周りましたが、二尾がやっとでした。うーむ渋い。やっぱ艦これ世界でも秋刀魚は不漁か。
でもいいレベリングになるし、海防艦ドロップも限定実装されてるし、頑張るしかないな。夏イベでカツカツになるまで頑張らなかったおかげで、余力はありますしね。




f0071389_11431819.jpg

ただのシャレオツお姉さんも貼っておくか。あ、大漁旗を掲げないと!

[PR]
by sarok | 2017-09-30 12:14 | 艦これ | Trackback | Comments(0)

提督の決断・4波

気がつかないうちに、セ・パ共にプロ野球、リーグ優勝決まっていたんだなあと。
なんか報道薄くね? そりゃこのところくだらないのもややこしいのも含めていろいろニュースはあったけどサ。
ま、広島は連覇だしな……なんかずっと強かったね。
織名青年は喜んでいるのだろうか。去年の優勝は、折からラヴ茶12周年オフの最中にその報がもたらされたので印象に残っています。狂喜乱舞のお祝いになるかと思いきや、青年の目にも涙が(おかしくない)……と、ファンにとっては長く待ち望んだ栄冠だったのだなあと感じ入ったものであります。
てゆーかあれからもう一年かと思うと、少し戦慄しているただ今なのですが(汗
この一年で己がちったぁ成長できた点があるとすれば……そう、そうだ、この前ひっさしぶりに身長を計る機会があったのだけれど、昔計った数字から二センチ伸びてた! 具体的には175!
……まあそれより前に176の数字が出たこともあったけどナ(笑
誤差の範囲内ですねえ。夏場のアスファルトみたいに間延びしていたのでしょう。
艦隊に強いるように、提督も堅実なレベリングというやつが必要ですね。体重とか体脂肪とかの数字は増えなくっていいけどな!





「うーん……」
「提督、何飲んでるの? ボクにも――」
「もがみん印のコーヒーはうまいな!」
「ちょ、なんでいまさらボクのマグカップ使ってるのさ! イベント中にも引っ張り出さなかったくせに!」



だって丙提督にゃし……ゲン担ぎや気合の入れなおしが必要になる前にクリアしちゃったしな。
そして、もう秋刀魚漁のアナウンスがきましたね。このところ不漁続きで、艦これが続いていけばいずれゲームの中でしか会えない魚になったりして、なんて危惧もいたしますが、さておき楽しみですね。海防艦特効があるみたいだし!
そう、先の話ばかりですが、先だってのイベ終了時のメンテで、浴衣を中心にまた、初秋の装いに身を包んだ艦娘たちの限定グラが新規実装、もしくは再実装されたわけで、さっそくここで紹介していこうじゃないか。








f0071389_12325357.jpg
そしてこの磯波である。
巷ではISO波とか言われてますが、なんというカメラの存在感。
いや違うねん、このグラは先週の観艦式絡みらしいけどさ、秋グラでまずこの子を紹介したのはワケがありましてな。
イベ明けからこのところ、新入りたちのレベリングを、それぞれ適していそうな海域を回しながらこなしていましたが、今週中ほどからは放置状態の任務消化にも取り組みはじめたのです。
本来、任務の内容や難度、出撃海域から、進行中のデイリーウィークリー、マンスリーなどとも照らし合わせ、並行できるものは並行するなど、効率よく片付けていくべきところですが、そんなお行儀のいいことを考えているとまた後回しにしがちなので、もう並びの上から順に挑戦していくことにします。
まずはこれ。

 精鋭「八駆第一小隊」対潜哨戒!

朝潮改ニ(丁)・大潮改ニにプラス二名で1-5、S勝利二回が条件。
そもそも対潜が大得意な朝潮ちゃんですし、海防艦に大鷹をつけて難なくクリア。
報酬は四式ソナーです。四式足りない足りないって、改修も先延ばししていてコレですもの。チェックが甘いですねえ。
続いて。

 「第十九駆逐隊」出撃せよ!

磯波・浦波・綾波・敷波の4人で、これまた1-5です。A勝利でオッケーですが、これが意外なほどに手こずりました。
まずもって、この4人で一番レベルの高いのが綾波改ニの86です。四式を積んでも先制対潜はちょっとムリ。
いやあ久しぶりに一マス目単艦カ級の恐怖を味わうこととなりました。二、三マス目でも基本先制されるので中大破が出てしまう。
そしてもちろん、駆逐艦4ではルート固定ができません。ひたすらに雷巡のいるマスにはじき出されて敗北の繰り返し。
「ボス到達に索敵値が関係したっけ……?」
などと、普段海防艦で行っているくせに妙なことを考え始めたあたりで、ようやく突破。
報酬は伊良湖さんでしたか。
どうでもいいけれど、綾波敷波の二人はローソンクリアファイルの浴衣継続。磯波ちゃんは上掲のカメ子さん。浦波だけ通常グラですから、

「お祭り行きましょう、敷波ちゃん!」
「しょ、しょうがないなー」
「じゃあ私が写真撮りますね!」
「……おいちょっとカメラ止めろ」

てな具合に見えなくもない(笑
で、これをクリアしたらば、同じ4人プラス2名で2-5という任務が出てきまして。
現在二度ほど出撃しましたが道中で追い返されています。うーむ、ゲージ割ったあとだから余計にしんどいかも?
そんなわけで、ここ数日ウチの執務室では磯波ちゃんがカメラを構えてお待ちかねなのです。
ぬぼっとした表情がクセになる……かも? スカートの丈とか、ソックスの長さとか、しばふお父様の並々ならぬ、そして表に出ないこだわりを感じなくもありません、この新グラは。








f0071389_12324353.jpg

この前実装された内じゃあ、やっぱこのお方が一番かしら。
改までは去年の浴衣かな。あの縞もよかったけれど、この由良さんはねえ~。お目目きらきらさせてお出迎えなんですから、提督破産するまで通い倒しちゃうこと請け合いです(何の店だ
しかしなんだろうね……この和装の良さというのは。着物ならではの、脇や袖のところでできる服の皺とかが、たまらなく好きなんです。指の先まで、ホント綺麗やなあ。


そういやあこの前、所用でアキバに出た足で、ひさしぶりに神田明神にお参りしてきたのですけれど、境内に入って一瞬ドキリ。なんだ、この立ち並ぶ謎の萌えキャラのぼりの数々は。前からこういうの、あったっけ?
アキバが近いという土地柄を思えばむべなるかなですし、そもそも艦これ提督にだけは言われたくないところでしょうが(笑)、ちょっとぎょっとしましたね。

「んなこと言いながら、次のイベントのドロップとか祈願してきたんじゃないの?」
「そ、そんなことあるわけもござらん!」



神社でお参りするときって、むしろなるべく何も考えないようにしているんですが、雑念がもやもやして、大概うまくいきませんネ。
しかし昨今のソシャゲー、スマホゲーの氾濫の影響により、カミサマもまた、よくわからんお願いの殺到に困惑しているのかも。
「〇連ガチャでナントカちゃんを引きたいんです! お願いします!」
艦これ提督にしたって大型とか、ガチで祈願に行く向きも少なからずいそうだしな! かく言う私だって去年の夏イベのときは近所の神社に足を運んだし。
……いや、賭け事やギャンブルのお願いに来る人は昔っからいるわけだし、移ろう人々の有り様なんざ、カミサマは最初っからお見通しなのかもしれませんけどね。

[PR]
by sarok | 2017-09-23 14:05 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・艦これ潮流

えーと、昨日が「観艦式」だったのかな? ちらっとそこらへんの記事を読みましたが、艦これ界隈的にはそこそこ激震モノの発表があった模様デスね。
前々から噂され、一応告知もあったところのflashからの脱却および第二期への移行が行われるとかなんとか。両者が同じことを意味しているのか、それぞれ別のタイミングで行われるのかはわかりませんが、少なくともしばらくはサービスを畳むつもりはなさそうということで、提督方は安堵しているとか。
あとは友軍艦隊実装ですか。よく見れば自分とこの母港画面でも、うっすら「第二期実装」って書いてあったりしますね。一時は立ち消えたかに見えたこの要素、果たしてどういうものになるのか? ネガティブな予想もあるようですが、概要が出ないうちから心配して悲観的になるなんてねえ、まったく無意味ですわ。

「提督の日常じゃん」
「悪かったな心配性で」



とはいえこれについてはあんまり心配はしとりません。今更そんな強いソーシャル性を付与するのは無理な気がするしねえ。
それはともかく、観艦式の様子ですが、朝早くから並んだり、物販の競争がキツかったり、ステージの椅子が硬かったり(笑)と、またスタミナと根性、若さを補強増設していかないと厳しい感じだったような。前二つは無理だけど、若さはもっと無理だからナ。そうでなくとも先日の瑞雲祭りしかり、艦これイベントは体と若さが資本みたいなものばっかりだもんねえ。同人イベント含めて。当たり前だし仕方ないんだろうけど、やっぱ年寄りにゃあどうにも手が出しにくいわなあ。
……ま、そこらへん配慮されたイベントだったとして、出不精がわざわざ出張っていくかといえば我ながら疑問ですけどね……。
思えば、鴨提督のお誘いではじめに参加したのが艦カフェ、あれも寒空に早朝から屋外に並ぶというデビューでしたし、そこらへんはもうこのジャンルの宿命と思うしかないネ。







f0071389_14445838.jpg
ひさびさに掲載。本日、2017年9月17日現在のウチの艦隊出撃累計。
明日は敬老の日だしな(関係ない
13年末からはじめてこの数字、甲勲章は3つだからね。確かにエンジョイ勢ですわ。
4年やって2万越えかー。出撃数じゃなくて勝数だけど、目安にはなります。ここらあたりの数字、たとえば団長と比べたら、下手すれば半分以下かもしれませんね。
艦隊のレベル自体はそんなに差はないような印象(80平均と90平均ではこのゲーム、天と地ほどの経験値上の差がありますが)ですけれど、実際やりこみ度では大きく水を開けられているんですよねー。
……デイリーの南西任務とかクリアしたことないもんな(笑)。さすがにイベント中は「ろ号」クリアまでもいきまして、その後の「見たことのない」追加任務まで消化することができましたが。
ま、ここからしばらくは、溜まりに溜まった追加任務をこなすべく、備蓄は二の次でやろうかなと。今回思ったよりも消費しなかったし、バケツにいたっては次のイベント告知が来てから貯めても十分間に合いそうだしね。
改修もいつも行き当たりばったりだし、ぼちぼちジェットはじめ装備の充実を図っていかねばなりますまい。
ひとまず週の後半はマンスリー進めてました。が……勲章とったあとも思わず周ってしまう1-5。海防艦レベリングが楽しいぞ。
松輪ちゃんの中破はほんとにヤバいぞ!






f0071389_14452971.jpg

そういえば、先日のイベント終了にあわせて実装された追加要素のひとつ、これが新しく空母の繰り出すカットイン攻撃です。
航空カットイン? 空母カットイン? 名称含めて、今頃有志がさまざまの検証を進めていることでしょう。
これは艦爆・艦爆(爆戦)・艦攻ですが、艦戦・艦爆・艦攻や、艦爆・艦戦の二つでも発動を確認。艦攻のみだと発動しない模様?
詳細はまだぜんぜん調べておりません。今のところ、「おーかっこいいやん」と飛行機と空母艦娘のいつもは見えないおみ足のグラを堪能しています。
んで、効力のほど、ですが……正直わからん(笑)。もっぱらレベリング中のアーちゃんばっかり発動する上、ソードフィッシュ積みの趣味装備の彼女ですから、大きな効果は表れないのかもしれない。でもはっきりいって、あまり強くない……? 艦攻2スロ積みのサラ姉さんの方がはるかにいい数字を出すようにも見える。水上艦の主副カットインみたいに、命中重視なのかしら。
そのサラトガは改ニから本格夜戦ができるようになるとかなったとか。アーちゃんやグラーフの夜戦とはまったく違うようですが、その改ニと装甲空母の改ニ「黒」の選択で、また諸提督は頭を悩ませているようですね。
秋イベでの涼月実装も告知されたようだし、エンジョイもガチ勢も、提督は、絶えざる変化についていかねばならないところは一緒ですかねえ。






f0071389_14453851.jpg

大鷹さんようやく改に。
夏に大活躍するかと思えば、オンリーワンの性能すぎて逆に投入が難しかった模様。
でも1-5随伴として日々、圧倒的な力で海防艦たちを守っています。いきなり対潜が80ある軽空って、なかなかすげぇ。
夏イベのMVPは誰だろう……? 対潜から対空、PT対策と便利この上なかった朝潮ちゃん丁、いきなりの実戦投入でも十分すぎる活躍をみせたリシュ子さん、運改修もしてないのにカットイン飛ばしまくった足柄さん、E-7後半のボスラッシュに三桁ダメを連発した大鳳ちゃん……。
なにしろ、札のついた人数もこれまででたぶん最大だったからねえ。さすがに駆逐艦まではそうはいかないけど、皆どこかしらの海域に出たり、支援にまわったりしていた感じです。
次は秋刀魚か。秋刀魚漁か。
……艦これが秋刀魚祭りをはじめて以来、リアルには不漁がつづいている気はしますが、関係ないよね?(笑
先日の58っぽい潜水艦の発見とか、武蔵とか。
サービス開始以来、妙に接点のありそうなリアルが発生するのも、このゲームですねえ。

[PR]
by sarok | 2017-09-17 15:52 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・最終日は雨

西東京は朝から雨、遠くで雷もぐるぐる唸ってます。
これは、最後の掘りに勤しむ提督方の涙雨か!?
……およそ他人事ではないナ。




f0071389_11174653.jpg
ガングートが改に。イベント前に改レベルでしたが、改修その他を鑑み、結局E7突破後に改装と相成りました。
イベント参加はスポット的でしたが、その後の掘りにおいて、第二艦隊旗艦として存分に活躍してくれました。
しかし、Октябрьская революцияってコピペじゃないと絶対書けないぞ。
十月革命さん。wikiなどによれば、改名してずっとその名で、ガングートにはもどらなかったという話もあるとか。




天霧、ザラを目指して
[PR]
by sarok | 2017-09-12 12:26 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・オールド・レディ

やってまいりました最終海域。

思えばイベント開始前、欧州海域と発表があってからというもの、これはウォースパイトのドロップがあるのでは? と一人盛り上がり、はじまる前から算段をし、それでいて実装が確認されるまではヒヤヒヤ、ドキドキして、彼女を獲得できるか否かが提督としての大きなターニングポイントであるかのように信じ込み――とれなければ引退するとか考えたわけではありませんが――ちょっとばかり特別な思いで海域に乗り出していったのは間違いありません。
が、しかしその気負いは結果的にはよかった気もします。なんとなれば、イベント開始の時点で明確な目標と、それに向けた戦術、方針を定めていたことなど、過去にはまずなかったからです(笑)。といってもまあ、丙もやむなしでいくよ、程度のゆるーい作戦ですけどね。
とはいえ、実際E7を丙でと考えたところで迷いはありました。一年越しの宿願とはいえ、女王陛下の偉大な戦艦、かの気高き姫君を(思い入れすぎぃ)、なりふりかまわず丙でお迎えしようとしていいものか。たとえかなわぬとて甲を選び(今回の場合は選べませんが)、力を尽くしてのちにドアをノックすべきではないのか。
らしくもないことをウダウダ考えたそのとき、天啓のように降ってきたのは、7月にもずる兄宅で熱き薫陶をうけたガルパン、そのイギリス代表もといイギリスっぽい学園代表の田尻さん(17)のお言葉であります。
彼女はこう言いましたね。
「イギリス人は恋愛と戦争では手段を選ばない」
こうも言いました。
「”All is fair in love and war.”恋と闘いは、あらゆることが正当化されるのよ」
……なるほど!
去年の夏の敗北以来の私の執着は、いわば恋着であります。そしてこれは間違いなく戦争、つまり恋でもあり戦いなのです! そうだ、いらぬプライドなんざ撒き餌にして魚のエサにでもしてしまえ!

「下品な戦いはいたしませんの、ともダージリンは言ってるよ?」
「もがみんシャラップ!」



ありがとうガルパン。ありがとうもずる兄。
……ご本人の進捗はどうなんだろう?



前置きがなっがーい! E7へ出撃です。
いきなりですが、ボスはこの方。


f0071389_18511874.jpg
欧州ちゃんと呼ぶか。
ばかなのしぬの? と辛らつですが、どことなくメイドさん風である。
ボスBGMがかっこいいんだまた。いわゆる「沈メタル」ですね。




女王陛下のE-7海域
[PR]
by sarok | 2017-09-06 21:32 | 艦これ | Trackback | Comments(12)

提督の決断・丙ならでは

あっという間に九月。早いもので、一日スタートの学生さんたちは、まず最初の週末で一息ついているところでしょうか。
しかし提督方の夏はまだまだ終わりません。夏休みが明けてから取り組む宿題のごとくしぶといのがイベントです。

「提督は毎年そのネタを口にするねえ」
「トラウマなんだよもがみん。察してくれよ」




早速ですがE6です。ここは丙。
期間が長いと自然と情報が漏れ聞こえてくるもので、自分で調べる前にあらかたわかっていたのは、まず輸送と戦力のダブルゲージであること、そしてその輸送ゲージが死ぬほど長いということであります。
その長さ、甲難易度ならなんとTP2000!
司令部レベルによって少々の増減はあるみたいですが、そこそこ提督歴の長い方ならばまずもって青ざめること請け合いの設定であります。
ただし海域の敵編成についてはさほど手強くはないとのこと。E5が乙でしたからどの難易度でも選べるんですが、ここは迷わないことに。とにかく時間を使いたくないのです。




E6攻略
[PR]
by sarok | 2017-09-02 19:07 | 艦これ | Trackback | Comments(4)

提督の決断・ぐいぐい欧羅巴

さてE4攻略のつづきです。空母夏鬼さんがボスをやってる戦力ゲージ一本目は機動部隊で臨みますが、二本目は水上部隊。そうでないと到達しない、という実にシンプルなルート設定。嫌いじゃないわ。





f0071389_14150309.jpg

陸地が大半を占めるマップというのは実にめずらしい。

さて、前回の日記にあるようにここの難易度は丙です。E3でぐったりきたのもありますが、その途中からすでに4の甲ボスはすごく硬いぞ、という発言をチラホラ見ていて、なおかつE4開始の時点でイベント期間が正式に発表されていなかったため、少しでも急ぎたかったというのがその理由です。
ルートは見てのとおりの一本道。各難易度、一定数の欧州艦を入れることで、集積地姫さんがバカンス中のLマスへ道草せずに済みます。
確か、丙だと一隻でいいはず。けれど一応旗艦のコマちゃん、プリンツ、そしてビスマルクと三人仕込んでおりました。
イタリアとドイツ駆逐あたりは次で使う予定だったのです。
丙ですから別に誰を出してもいいけれど、一応札なしのメンツでそろえました。雷巡は大井っち。



f0071389_14143962.jpg

ボスはこのお方。すでにラスダンバージョンですね。
壊とはいうけど、あんま壊れてないな。
この最終形態になると、丙でも装甲は217、甲ならば277だっけか。耐久は共通で730。
おそるべきタフさです。実際、昼の間に大破に近い中破までもっていって夜戦、彼女一人に第二艦隊6人がかかって倒しきれない、というのが二度ほどあった気がします。
プリンツの特効が噂されていて、実際メンバーに入れていたにもかかわらず、なぜか第一に配置していたマヌケな私なのであります……。
以降つづきから。


E-4&5
[PR]
by sarok | 2017-08-29 15:43 | 艦これ | Trackback | Comments(2)