四畳半東雲蚊帳の内

提督の決断・サブマリンストリート

思えば、鎮守府秋刀魚祭りも今年で三回目。三度も続けば伝統ある祭りの風格もありやなしやですが、過去記事を読むに初回はあまりやる気がなかった模様。最初の大漁旗は、去年の秋刀魚祭りの選択報酬でもらったものですしね。
ていうか、15年秋は9月ごろ? もがみんとカッコカリして、そっちの関連任務に精を出していたようです。むしろ初カッコカリから二年も経っていることに驚きを禁じえないw
しかしまあ、艦これはじめて以来、よくもこんだけ日記書いてきてるなと。呆れるやら感心するやら、です。まとめれば分厚い本になるね! 自分で読んですら退屈だろうけどな!

そんなことはさておき、今年の漁はキツい。
前回の日記から、22尾まではまあ、そこそこのペースで集まったものの、週半ばから漁獲が目に見えて落ち、10回出て1尾、15回で1尾……くらいに状況が悪化します。
イベント並みに出撃をしているのですが、連合どころか、半分は1-1と1-5で軽い編成ですから、資源が減らないのは幸いなところ。




f0071389_12493238.jpg

一人でお買い物モードの鹿島さん。例によって、大人の都合で絶対破れない「ミツコシールド」を完備しています。
まあでも、見張り員・ソナー・探照灯に水偵を積んでの秋刀魚要員なんですけどね(笑
1-5の四人目に持ってこいなのです。





漁獲報告
[PR]
# by sarok | 2017-10-15 14:00 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・あのこはだあれ

うーん……これは?








ブログ更新、今日はしない予定だったけれど。
これはひょっとして、ひょっとするのかな……?
ねえもずるさん(笑

ミッチー来たか? この発表だけだと朝雲、山雲の可能性もありますけれど、これまで朝潮型改ニを進めてきた流れとか、順番とか、絵師さんのこととか思えば、満潮濃厚かしら?
眠れる海底生物、ついに動くか! いやもずる兄は、リアルでは実に活き活きと活動されておりますけどネ。
ま、西村艦隊のくだりの後で(それはともかく)今月下旬~と続く可能性も捨て切れませんが(笑)。改行してないし、実際そんなことだったら運営意地悪すぎるけどな!



せっかく更新したので秋刀魚漁の経過でも。
現在13尾です。ペースとしてはまあまあ、という感じですけれど、感触としては実によろしくない。だって出撃ペースは去年より多いどころか、たぶん二倍くらい出ていってますからね。
とにかく鎮守府(正面)海域、1-1や1-5での釣果がゼロに近いのがキツすぎる。1-1は漁業装備満載の駆逐二人に軽巡or水母で周回、1-5も同じく装備満載の夕張さん+大鷹、ソナーのみの海防艦二人という編成ですが、これがサッパリ出ない。
ここまでの釣果は、ほぼ3-3でたまに3-5で稼いだものが9割を占めております。
適度に他の海域も挟んでいるんだがなァ。ヴェルはやっぱり、ワカサギを釣っているんだろうか。
ひとまず12尾での任務報酬はロケット砲に紫電改ニを選択しました。何かの改修で使うっぽい? 紫電改は。




f0071389_15562304.jpg
それでも、国後ちゃんが一人来てくれました。これは3-5ですね。
うれしいけれど、海防艦を使う改修もやはり複数投入した方がいいんだろうし、改にした方がいいんだろうし……ということで、少し手間がかかりそう。
よく調べていないけど、択捉型と占守型ではそれぞれどのパラメーターが上昇するのか、違いがあったような。正直ドロップしないと思ってたから、チェックしてなかったのよね。

ああしかし、上のアナウンスを引いてきたりする過程で今回の大漁旗、見ちゃったけれど、アレも可愛いな。俄然やる気が出てきましたね。
だから秋刀魚さん、どうかひとつたのんます。

[PR]
# by sarok | 2017-10-08 16:07 | 艦これ | Trackback | Comments(2)

提督の決断・フリーダム響

土曜はアキバでてーとく会議。その前にもずる兄、一真さんと、公開中の『ダンケルク』を新宿にて観てまいりました。
鑑賞の感想ですが……うーむ。面白い面白くないで判ずれば、わりと面白かった。
現実でも創作でもキッツいのが苦手な私は、戦争映画というものをほとんど観た事がありません。そういう意味では自分の中に物差しがない。
ま、しかし事前に聞いていた、サスペンス映画じゃね? という評判はあながち間違いでもなさそうでした。いや、むしろパニックムービーかも。銃撃といえば銃声がとどろくだけ、スツーカもメッサーもパイロットは写らないし、ドイツ側はおよそ人格というものが描写されないので、襲い来る事故や天災からひたすら逃げ惑っている人々にも見えてくるのですな。
オムニバス的に三つの時間軸が動いていくのですが、それぞれ登場する人物たちの生き様は鮮烈ではあるけれど、そこまでじっくりねちっこくまとわりつかない。
ところどころ、キレイな海と空にボケっと見入っておりました。なんかそういう余裕のあるつくりでしたね。
まあ、船が沈む~、巻き込まれる~なんて場面となれば、やっぱ海怖いなと思っちゃうのですけれど。
イギリス駆逐艦が二隻ばかり出てきたかな。アナウンスされているイギリス駆逐艦娘がコレなのか、あるいは別なのかーとか考えていたのは言うまでもありません。もっとも撮影に使われたのはフランスの駆逐艦らしいけれど、あれは何を「演じて」いたのだろう?

てーとく会議はアキバの小さなお店にて。夏イベの結果を報告したりアレコレと。
もずる兄は甲の呪いにとり憑かれておるなあ……。いや、難関に挑んでクリアできず、艦娘もゲットできないというプレイも、それはそれで大いにアリだとは思うのですけどね。
ただ大艦巨砲主義も、甲難易度へのこだわりも、たぶんこんなふうに遊ぶんだろうな、とあらかじめ想像していたもずる兄のイメージとは違うなあ(笑)。プレイスタイルって面白いね。
団長にはもがみんポスターをいただきました。なんとか貼れないものかと。いややもめ暮らしだし、別に問題ないんだけどね。

「提督、昔はラムちゃんとか貼ってたよね」
「石器時代の話やな。ていうか時間軸を飛び越えて人の過去を振り返るんじゃない」
「アニメつながりで某女優さんのカレンダーとかさ。ぶら下げてたよね」
「ヤメロぉ! 若いうちはいろいろあるんです、いろいろ」
「いろいろ、ねえ」
「貼ってやる。キミのポスターを貼って、朝晩話しかけてやるぞ」
「こんな問答やってるだけで今更じゃん」



絵を持ち運ぶ筒を買って、それに入れて抱き枕にすればいいんじゃないかと。
鴨提督にアイデアをいただきました。ありがとう! 採用はしないけどな!






f0071389_20481131.jpg

某所サムネ用。どうみてもパクリ。
しかしイラストなんて久々に描いたなー。



秋刀魚は現在9尾。
1-1はキラ付け程度に出張り、1-5は爆雷をはずした海防艦でローテです。
やはりメインの漁場は3-3。3-5もようやくゲージをひとつ削りましたが、秋刀魚は出ず。
で、あまり同じ海域に行くのはよろしくないので、ここに6-1を加えてたまに周るようにしました。大鯨旗艦に由良さん、潜水4人ですがこちらはまず勝てない。さっきようやくボスAをとりましたが、やっぱり秋刀魚は出ず。
これまで二回の秋刀魚漁と比べ、今回はかなり熱心に出撃しているのですが、その割に伸びない漁獲に少し焦れているところです。まあ、スパ子さんやアー子のレベリングは捗りますけどね。


そんな艦隊の現況を見かね、彼女はついに改装を決断したのだった……。









f0071389_20475767.jpg

「司令官、その、私を改ニにするかは迷っていたんじゃないのかい?」
「限定グラがかわいいから改ニにしました」
「そんな理由でいいの!?」
「いいと思ってる」
「……そうか。そうだね。スパスィーバ」



向かって右手に見えますは、氷に穴をあけるドリルっぽーい。ワカサギ釣りの準備は万端でありますな。フリーダムな子やで。
改ニにしたのには他にも理由はあります。ガンちゃんとコンビを組ませたいというのもありますが、一番は単純に、駆逐艦娘の層をもっともっと厚くしておきたかったから。
夏イベの反省はいろいろありますが、攻略中何度か、「もうあと2,3人、駆逐艦とケッコンしておくべきだった」と感じたことがありました。
カッコカリによる先制対潜の可能性、耐久や運の上昇……これは大きいですが、スロット増設による強化も含め、要はもっと戦力として「信頼できる」駆逐艦を増やす必要性を痛感したわけですね。
とはいえ今は秋刀魚漁。ヴェルちゃんもまた秋刀魚装備をごっそり積み、同じ装備の卯月と一緒に1-1をまわったりしています。
他の限定グラの画像も貼りたいけれど、今回はこれまで。

[PR]
# by sarok | 2017-10-04 22:13 | 艦これ | Trackback | Comments(2)