四畳半東雲蚊帳の内

提督の決断・ヤマテラス

イベント終了メンテ後、ホワイトデーアプデが即座に入り、運営さんも忙しいなあと同情したものですが、おかげでひな祭り限定ボイスにいたってはわずか数日しか聞けず、聞き逃した提督も多かったのでは。限定立ち絵は継続だから、コマちゃんなんていまだに菱餅くわえてキョトンとなさっていますがね。
で、また期間限定任務ってやつが実装されたはずですが、今のところウチでは一つも出てきておりません。これはアレか、ザラ改二の任務が含まれるから持ってない提督はお呼びではないということか。もしくは、イベント後は14ちゃん旗艦でバシーあたりを軽く周回するのみでひたすら備蓄ばかりだから、当たり前にクリアしているはずの定期任務すら放置で、それがキーになって出現していないのか。
どう考えても後者でしょうなあ。







f0071389_15352028.jpg

いいもん! ウチにはこの子がいるもんね!
改レベルにはとうに達していたものの、ボイスの雰囲気が大きく変わるために先延ばしにしておりました。この機に改造。
官女スタイルですね。誰がつけたかヤマテラス。足元まで見ると若干ぶかぶかでカワイイ。
実装間もないというのに限定絵、ボイスには恵まれた子です。秋に登場して以来、どちらかの追加要素は皆勤賞なんじゃないかな? 実質三日しか聞けなかったひな祭りボイスも、ホワイトデーのボイスもちゃんと来ています。甘やかしたくなる感じの子なのよねえ。




三月入っての金曜、夕刻からひさびさのてーとく会議。というよりも皆もろもろ多忙らしく集まらず、メンバーが提督のみになってしまったワケです。
限定メニューがあるという鴨提督情報により、集合は神田の「まつや」さん。ここは、私がはじめてソ(バ)連という言葉を知ったお店です。杉浦さんの著書もここで見せられたという記憶。
でも、5~6年前かと当日、団長たちに話しましたが、それならばもっと昔になりますよねえ。ラヴ茶ソバ連の集いとしてお誘いいただいての遍歴は、5年程度のものじゃないはずですから。あの震災の直後だって、織名さんの送別会でソバをたぐっておりましたしねえ。
さておき、この日の限定メニューは蓬を練りこんだ「くさきり」なる緑のお蕎麦です。端午の節句のころと二度出している模様。喉を通り抜けるときにかすかな苦味と、草の香りがいたします。いや、春ですねえ。
我々も多少並んだし、入ってからも外には行列ができていたから、焼き鳥で軽く呑んですぐにくさきりを味わい、ちゃっちゃと出ました。一人だろうがグループだろうが、だいたいのお客さんは同じように心得ている印象。
ちょっと見ていると、鴨提督の近くにいたご老体、まずくさきりの大盛りをかきこみ、すぐにまた今度はとろろか何かの熱い蕎麦を一杯平らげておりました。
ソバ連に参加してから感じるのは、関東でのソバってのは自由な食い物だなあということです。人生の半分は西で過ごしてきた人間にとって、ソバってのはウドンと同じ、端的にいって「メシ」でして、それで酒を飲もうとか呑みのシメにしようとか、このご老体みたいな食べ方とか、あまり思いつかない、と思う。
でも食いたければ別に、夕方からソバ連荘でもいいわけですよね。そしてご老体はやたらと食べるのが早かった。まこと江戸っ子の集まる店であります。
我々はそのあとアキバに移動。肉とポテトとワインで飲みなおしです。そういうのもアリですやね。この日の私の胃腸はいつになく健啖、食べ物もワインも妙に旨かったなあ。もちろん、くさきりもね。
鴨提督には新刊をいただき、てーとく会議らしい情報交換。だらりと楽しく過ごさせていただきました。








f0071389_15344226.jpg
イベントが終わったのでひさしぶりの艦これ無双(そんなゲームは無い
画像は「響」ちゃん。さっぱり似ていませんがそこは雰囲気重視で。ポニテにしてるって設定なのさ。
私の脳内では相当の姉スキーの響、今回のプレイもまず先に作っておいた「暁」と出会うところから始まります。
難易度は「難しい」にして、ルールとしてまず暁を見つけて「義兄弟」の契りを結んでから攻略を始める、ということに決めたわけですが……これがもう、とんでもなく波乱万丈。
列記しましょう。

 ・開始直後、名族・袁紹の呼びかけで悪逆董卓の誅滅戦イベント発生。初期武器・初期ステで奮戦、猛将・華雄を破るもその後負傷、敗走。
 ・マップ右上から順繰りに、暁を探して放浪の旅に。たまの「襲撃」戦でお金を稼ぎ、また拡大する董卓勢力にささやかな嫌がらせをしつつ。
 ・一年以上の放浪ののち、ついにマップ右下あたりで暁を発見。しかし厳白虎勢力の臣下となっていたため、自分も仕官。内政そっちのけで姉との交流を図る。
 ・義兄弟になるには、好感度を上げたのちに一度同じ戦場に立たねばならない。でも君主でも軍師でもないので、侵攻命令を出す権限がない。雌伏。
 ・CPU君主の常で、およそ勝ち目のない侵攻を起こしてくれました。暁と一緒に出撃するもやはり力及ばず敗退。しかしここで、暁が敵に捕縛されるというアクシンデント発生。捕まってしまうと最悪、「処断」されていなくなってしまう可能性も……。
 ・さいわい無事でした。でも解放された姉は在野の身となっております。迷わず自分も下野し、姉を誘って、ここでついにスールの契りを結ぶ。
 ・放浪軍としての体裁を整えつつ、旗揚げの機会を待つ。すでに開始数年が過ぎ、ある程度勢力が固まってきているので隙を見出すのが難しい。
 ・かろうじて一国で生き延びていた名族のお膝元で董卓軍が攻め寄せてくるのを待ち、来たところで参戦、撃退。返す刀で攻め寄せてきた董卓の領地へ移動、即座に旗揚げ、厳しい戦闘ながら勝利して、ようやく自らの国を持つにいたる。
 ・でもそうやって独立してみれば隣は洛陽。すでに広大な領地を得ている董卓の本拠地、もちろん呂布もいる(笑)。
さて響ちゃんの明日はどっちだ!?


実際のプレイに要した時間はさほどではありませんが、これだけでも本一冊書けそうなドラマティックさであります。暁が捕まったときは背筋が凍ったなあ……。
ゲーム内で起きたことを脳内でつなぐと勝手にストーリーが出来上がるってのが面白いですね。イベント前にやった「烈級」ちゃんプレイも相当の波乱万丈でしたが、そっちはまた別の機会にでもメモさせてもらいましょう。
なお、この後響ちゃんはすったもんだのあげくに洛陽を奪い、南の孫堅と並び「三国」状態に持ち込んでいます。そこまで進めればそうそう負けはしません。なぜか董卓配下で軍師にまで上った加賀さんがひたすら攻め込んできますが、なんとかお引取り願っております。
でもここまでやって思うのは、自分が一番上、君主になってプレイするよりは、どこかの勢力で仕官して戦うほうが面白いなということです。君主と違ってなんでも自由にできるわけじゃないけれど、不自由さが面白い。ま、プレイヤーはどうしたって戦果を上げるので、そのうち軍師や将軍に任命されて、なんだか窮屈になってしまうのですが、それはそれで妙にリアルでもあるw

[PR]
by sarok | 2017-03-08 17:24 | 艦これ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sarok.exblog.jp/tb/27621854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まさやん at 2017-03-10 10:33 x
ソ連お疲れさまでした。
いかにもお江戸のファーストフードな古き良き風情のお蕎麦屋さんですよね、まつや。
どちらかといえばお店に長っ尻、嫌がられるタイプな飲んべえのおいらには腰が落ち着かないタイプの店ではあるのですが。

そして、うぬぬぬヤマテラス・・・うらめしやあ(某棲姫ぎみに)
さっそく追加イラストが来るとは!ですね。
春イベにはドロップ設定されるんでしょうか・・・

響ちゃんのほうは呆然として読むしかありません。
義兄弟ならぬスール・・・すげえ大河ドラマだ・・・

Commented by 鎖六 at 2017-03-11 23:21 x
>団長

先週はお世話になりまして。
通例のラヴ茶の集いにはまったく向かないお店ですよね(笑)。してみると、何度か利用させていただいているお店というのはラヴ茶なりの条件付けというか、団長のチョイスが生きてるんだなあと改めて思います。

ザラ改二にヤケになって山風のグラを貼りましたが、主に団長へのあてつけにしかなっていないですよね(汗
絵師さんや中の人の都合もありますが、しばふ艦や一部重巡やら、限定グラ・ボイスが来てほしい子はたくさんいるんですけどねえ。平等に平均になんて望みはしませんが……。
山風にかぎらずイベントのドロップの充実には期待するものですが、なんというか、もうちょっとだけ掘りやすい場所に配してくれないかなあ、ってのはいつも思うところではありますよね。

響ちゃん三国志、現在はもう軌道にのった感じで安定していますが、序盤であんなに苦しんだのはちょっとないんじゃないかな。
何の勢力も配下もなく、ポツーンと虎牢関に放り出してしまったときはまっこと申し訳ない気持ちでした。そりゃアクションゲーですから、腕前如何でけっこうどうにかなるんですけどねw