四畳半東雲蚊帳の内

提督の決断・千歳の世界

やりました。



f0071389_14124250.jpg
うれしくてあっという間に空母のレベルまで上げてしまった。

「ああ……千歳お姉ステキ。もう世界中みんな千歳お姉だったらいいのに」
「『世界が千歳100人の村だったら』?」
「それじゃ、千代田が入る余地がないじゃない! 私一人にお姉99人でいいよ」
「どっちにしても、世界から酒が枯渇するな」


21型を持ってきてくれたのも好ポイントである。って、廃棄して機種転換する任務はあったかな? あったと思うんだが。同様の任務が多すぎてワカリマセン。
友永任務の確認のためwikiを見ていたら、なんだかもう頭が痛くなってきましたヨ。

その、飛龍旗艦で行う友永任務をこなすべく、蒼龍と組んでの5-2珊瑚海へ部隊を送り出しましたが、大破者が出たので撤退。しばしの足踏み。
まあ飛龍の方もまだ、改修で上げきっていませんからねえ。



ぼちぼち艦これをはじめて二年となるので、ちょっと加古じゃない過去の日記を読むと、13年の11月22日に「艦カフェ」に行ったという日記が上がっています。
ま、もちろんここから着任を争う地獄のレースがはじまるわけで、提督になるまでにはまだ間があるのですが……いや思い出したくねえ(笑)。正直、これまで体験したイベントよりも、あの着任争いの方がキツかったかも。
でもあんときの熱意はスゴかったな! 私は昔っから淡白というか、情熱が薄いというか浅いというか、これが欲しいここに行きたい! と盛り上がることがあまりなく、どー考えてもそれが人間的パラメーターを押し下げているんですが、ごくまれに妙なとこでスイッチが入って、半ば義務感のようにこれしなきゃアレしなきゃ、と火がつくことがあります。一度見た映画を翌日また見に行ったりとか、夜行に乗って(翌日)とんぼ返りの旅をしてみたりとか。
艦これのときもそんな感じだったナア。なんか憑かれたようではあったね、始めるんだ! てな感じで。
自覚はないけれど実はけっこう騙されやすいタイプかもしれない。人間、自分の信じたことは正しいと思っちゃいますからねえ。


「……なんだか、騙されて提督になったみたいな物言いだね」
「もがみんの女性的魅力に篭絡されたと言ってほしい」
「提督になる前は、ボクのことなんて視界に入ってなかったでしょ?」
「艦カフェにいって下がってるのぼりとか見ていたとき、最初に印象に残ったのは北上さんだったような記憶がある、かも」
「へー。そうなんだ」
「まあ、しばふ顔だよね」
「しばふ顔だね」


Q:世界がしばふ顔百人の村だったら?
A:芋が枯渇します。







f0071389_14103955.jpg
少々時間がかかりましたが、雲龍も改に到達。
すんごいお胸になりました……って元からスゴいか。

紙でできた式神っぽいのが鳥居をくぐって艦載機になる、このギミックは格好いいね。むしろこういうのはアニメで見たいかも。
しかし、彼女の改造で設計図を使ったため、ついに勲章が残り一桁に。いいかげん毎月キチンとEO海域攻略を果たしていかないとヤバいですね。これからの主要どころの改、改二への改造には、デフォルトで要求されそうな雰囲気ですもんねえ。

[PR]
by sarok | 2015-11-10 14:49 | 艦これ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sarok.exblog.jp/tb/24658433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まさやん at 2015-11-10 22:40 x
千歳ドロップおめでとうございま~す。

で、そのまま小沢艦隊編成任務に行かずに友永隊任務へ行く。と!
友永隊獲得にも軽空母千歳必要なんでしたっけ???

そしてもうじき着任2周年ですか。
あっという間だったような、長かったような。



Commented by 鎖六 at 2015-11-12 16:31 x
>団長

友永任務には、もちろん千歳は関係ありません……が、同行はさせております。ルート固定要員ですね。レベル的に5-2は非常に危険でしたが、二度目の出撃で無事クリアしました。
小沢艦隊任務はまだ出ておりません。もろもろ編成やら済ませたあとかな?
しかしややこしいですね。現在任務ページには「機種転換」が三つぐらい並んでいますよw

艦これに関して、振り返るとあっという間にですねえ。同じゲームを二年も続けることはまれなので、なんか新鮮ですけれど、でもゲームやってるって感じでもないですよね。同じ趣味のコミュニティで交流している感じ。直接のつながりはないのに、不思議ですねえ。